My Photo

東京医科大学の女性差別入試 日本社会を劣化させ経済も衰退させる

 子どもを産まないと「生産性がない」と言われ、子どもを産むので「生産性が低い」と働く場から排除する社会のゆがみ・・・これが負のメッセージとして若い世代を傷づけているか。
 現実社会で、、安心して子育てしながら働ける環境もなく、非婚や子どもを持たない圧力をかけておいて(政府が騒ぐ、少子化問題の最大の要因)、子どもを産まないことをバッシングするのだから・・・
 そこにこのブログ。さすが、井上伸さん。ただちにここまでデータなど提供できるのは、日頃からの努力の結果と感服。

 以前、紹介した内容等を添えて、メモ者の「資料箱」として、全文貼り付けさせてもらった。
【東京医科大学の女性差別入試は日本社会を劣化させ日本経済も衰退させるもの 国家公務員一般労働組合 8/2】
【女性の社会進出で、経済成長後押しを ―対日審査報告書を発表 労働政策研究研修機構 2013.5】
【経済発展に、男性の長時間労働の見直し必要  OECD担当局長2014/11】

Continue reading "東京医科大学の女性差別入試 日本社会を劣化させ経済も衰退させる" »

「日本の秘められた恥」  伊藤詩織氏のドキュメンタリー BBC日本語版サイト

BBC日本語版のウェブサイトより・・・ 「番組は、伊藤氏本人のほか、支援と批判の双方の意見を取り上げながら、日本の司法や警察、政府の対応などの問題に深く切り込んだ」もので、「強姦被害者が訴え出ると、男性警察官のみを前で、等身大の人形で事件を再現しなくてはならない」とか、被害者へのバッシングの様子など・・戦時性奴隷への無反省とも通じる『秘められた恥』が世界に発信された。
 この構造を変え、被害者が泣き寝入りしない社会をつくることが切実にもとめられている。
 【「日本の秘められた恥」  伊藤詩織氏のドキュメンタリーをBBCが放送 6/29】

Continue reading "「日本の秘められた恥」  伊藤詩織氏のドキュメンタリー BBC日本語版サイト" »

首相が出産・産休取る国、妊娠し職場に謝る国  根底にジェンダー問題

 ニュージーランドのアーダーン首相が第一子を出産(祝!)し、一か月半の休暇にはいったとのこと。一方、日本では、妊娠した保育士が職場に謝罪とか、「少子化」が「国難」と政権の宣伝文句につかわれながら、マタハラが横行している。
2018623

 その根底にはジェンダー問題があると思う。男は仕事、そして仕事とは家庭をかえりみないもの・・というの文化が…。それを前提としてさまざまな制度設計と・・・。
 ジェンダーギャップ指数で、NZは9位、日本は114位。

【NZ首相が女児出産=現職は故ブット・パキスタン元首相以来2例目 時事】
【保育士女性が妊娠し夫婦で謝罪、新聞投書が話題 園長に追い詰められ中絶した女性も nifty3/11】

【なぜ日本のジェンダーギャップ指数はこんなに低いのか。“男女平等”の社会は男性も生きやすい? ハフポスト3/8】


Continue reading "首相が出産・産休取る国、妊娠し職場に謝る国  根底にジェンダー問題" »

「全体の一部ならセクハラでない」 ジェンダーギャップ指数の低さを世界に証明〔怒〕

 福田次官は「(音声データは)一部しかとっていない。全体を見ればセクハラに該当しない」と否定・・
要は、発言を認めたことが重要。
次に、全体の中で、ちょっとだから「セクハラではない」という、とんでも主張、それを問題にしてない官邸も同罪。ジェンダーギャップ指数が、先進国最低を、見事に「見える化」した。
この分だと、質問主意書に対し、「○○しめたい」「○○さわっていい」とかは、セクハラにあたらないと閣議決定しそうなほど、犯罪的な感覚。
現状で、女性記者や朝日新聞の行動を、したり顔で問題視する輩は、本質はわかっていないか、権力のお友達。
【福田次官「セクハラ該当しない」=テレ朝発表を否定 時事4/19】
【日本のジェンダーギャップ指数、過去最低を更新 114位に ハフポスト2017/11】

「被害女性に名乗り出ろ」 安倍政権によるセカンドレイプ

 政府の対応に、小池書記局長「セクハラ対応の大原則は被害者保護だ。政府がやったこと自体がセカンドレイプになると思うし、はっきり言って恫喝だ。」「異常な対応だ」と本質的な批判。
 自己保身のためには、他人の人権や民主主義などとうでもよい、というこの政権の本質を示すもの。
【「被害女性に名乗り出ろとは」共産・小池氏が財務省批判 朝日4/16】

Continue reading "「被害女性に名乗り出ろ」 安倍政権によるセカンドレイプ" »

協力的問題解決 、女子の方が成績が良い OECD調査

 協力的問題解決においては、女子生徒の方が男子生徒よりも良い成績を上げていることが、OECDが初めて行った協力的問題解決能力の評価であきらかになったとのこと。 
 共同して物事に取り組むときの女性のパワーは常々実感していることだが・・・そはのパワーを社会的に排除しているシステムに未来があるのか・・・OECDですら指摘しているジェンダーギャップの問題。 

 このテスト結果では、社会的に恵まれた生徒と恵まれない生徒との間、または移民と移民でない生徒との間で成績に大きな差は見られなかったことから、社会的経済的な背景の影響は小さいと見られる。
 最近の脳科学では、女性の脳は、論理をつかさどる「左脳」と感情をつかさどる「右脳」の連携が非常に強く、表情から相手の気持ちを読み取り、深く理解しようとする。つまり「共感」する力が強いことが報告されている~出産、子育てを共同でのりきってきた人類の発達の歴史の表れだろうか。

 また、調査では、学級内で多様性を感じることが協調性スキルの向上と関係している可能性が指摘されているが、大空小学校のとりくみを想起させる。

【協力的問題解決では、女子の方が男子よりも成績が良いーOECD PISA世界教育調査より 11/21】
【NHKスペシャル 家族が非常事態!妻が夫にキレる本当のワケ 2017/6/11】
【すべての子どもに、居場所のある学校を。不登校ゼロの「みんなの学校」がめざす学びの姿】

Continue reading "協力的問題解決 、女子の方が成績が良い OECD調査" »

ジェンダーギャップ指数、過去最低を更新 114位

 「世界経済フォーラム」が発表した男女格差の度合いを示す「ジェンダーギャップ指数」の報告書(2017年版)。
日本は世界144カ国中114位となり、過去最低だった前年の111位からさらに後退した
 政治分野は123位(前年103位)、経済分野114位(同118位)、教育分野76位は高等教育の在学率101位の影響。高等教育の在学率と、政治、経済分野の格差は、男性の長時間労働を前提とした社会構造の問題としてリンクしている。
 
【男女平等度、日本は114位=女性の政治参加に遅れ-世界経済フォーラム 時事11/2】
【日本のジェンダーギャップ指数、過去最低を更新 114位に 「経済」分野が若干改善するも、「政治」が後退  ハフポスト 11/2】

Continue reading "ジェンダーギャップ指数、過去最低を更新 114位" »

「若者支援政策の拡充」で提言  学術会議

提言作成の背景説明で“若者の貧困、教育機会・労働市場・社会保障からの排除、離家や家族形成の自由の阻害、地域間の分断など、様々な面で厳しい状況に置かれている。政策や制度の不備、特に日本社会に強固に存在する自己責任論・家族責任論が若者支援政策の拡充を阻害してきたとし、少子高齢化が進む中、支援策の充実は、若者自身にとってのみならず、社会の維持存続にとっても喫緊の課題となっている。”と述べ、(1)セーフティネット、(2)教育・人材育成、(3)雇用・労働、(4)ジェンダー、(5)地域・地方、という5つの軸を設定し、“具体的な諸施策を洗い出し、提起”している。
【若者支援政策の拡充に向けて 提言 2017/7/4】

Continue reading "「若者支援政策の拡充」で提言  学術会議" »

「転勤」が今、制度疲労を起こしている~「活躍」できない妻たちの切実な声

 夫の転勤によって正規の職を辞めざるをえなかったり、非正規、パートしか選択できない。共働き世帯は専業主婦のいる世帯の1・6倍となっているもとで、「転勤」が制度疲労を起こしているとの記事。
これは“ILO 日本のジェンダー平等とディーセントワーク研究」で指摘された「専業で家事や育児を担っている妻がいるという前提で」長時間労働や「会社からの転勤などの命令にしたがう「無限定正社員」としての働き方を選択しない限り、企業の中核的業務や管理的業務に従事するために求められる教育・訓練や業務経験を積みがたい。このような、拘束性を前提とした職業キャリアの設計・運用のあり方が女性の活躍を阻んでいる。”との指摘した雇用制度のもうひとつの側面といえる。

【「転勤」が今、制度疲労を起こしている 「活躍」できない妻たちから切実な声 西日本新聞 11/4 】

【ILO 日本のジェンダー平等とディーセントワーク研究2016/6】

Continue reading "「転勤」が今、制度疲労を起こしている~「活躍」できない妻たちの切実な声" »

性犯罪・性暴力 ワンストップ支援センターで被害者救済を〔メモ〕

斉藤和子・衆議院議員  「議会と自治体2016.11」
「魂の殺人」といわれる性暴力~しかし、救済・支援の仕組みはきわめて遅れている。ようやく行政による総合的な取り組みが開始されてきている。「性犯罪・性暴力 ワンストップ支援センター」の役割、課題などについての論考のメモ

 性暴力救援センター大阪HPより
 「どんな形であってもあなたの同意なしに、性的に接触することは性暴力です。またたとえ接触がなくても、性的な言葉や行動であなたの存在をおびやかすような行為は、性暴力です。
 望まないキス・触ること(触らせること)・マッサージ・つかむこと・性交や、露出、盗撮、ポルノを見せたり、出演させることなどが含まれます。それは暴力行為であり、犯罪です。」 

Continue reading "性犯罪・性暴力 ワンストップ支援センターで被害者救済を〔メモ〕" »

より以前の記事一覧

August 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ