My Photo

岐阜、世田谷・・広がれ! ブラック校則廃止

 憲法や子どもの権利条約などに反し、人権を侵害する「規則」、多様性を認めず人権を棄損する「規則」。

見直しが動きがもっと広がってほしい。

高知でも・・と常々気にはなっている。

 そして、企業でもメガネ禁止とかヒール義務付けとか… そんな人権を無視する経営をしているのだと、企業価値が下がる、という価値観の広がりが一緒につくっていきたい。

【ブラック校則、県立高の9割以上に 岐阜で廃止の動き 朝日11/6

【下着の色・男女別の髪形指定 ?な校則一斉廃止 世田谷区立中、来年度 東京11/28

Continue reading "岐阜、世田谷・・広がれ! ブラック校則廃止" »

パソコン配置より、先生増、ブラック化した渇仰現場の改善を ~若者が避ける職業から憧れる職業へ 

 小中学生に、パソコンかタブレット型端末を児童・生徒が1台ずつ使えるよう無償で配置する方針を固めたと。

予算は4000億円以上とのこと。騙し騙し10年持たすとして年400億円。これにベネッセへの全国学テの採点委託料が年62億円。

 これら教育産業に金をおとすだけで、教員の負担をふやし、教育の質の低下を招くもの。そんな無駄金はやめ、教員増による働く環境の改善に使うべき。

462億円あれば、何人教員をふやすことができるだろう。ざくと平均650万円(社会保険料の事業主負担込み。30代だとこれより100万円、20代だと250万円ほど少ないい、ようだ)として、7000人以上。平均500万なら9000人以上となる。

 都道府県の教委をいっているだけでも、独自の少人数学級の担当も病休。産休の代替教員がいない事例が1241件もある。配置の不足はしてない場合も、現状はブラック化している(下段に「声」を紹介)

なりたい職業に「教員」が選ばれるような環境の改善をしないと、公教育制度が崩壊しかねない。

「体がもたない」教育実習で体験した長時間労働 若者が教員を避ける要因に 沖縄タイムス11/25

【公立小中、先生が足りない 全国で1241件「未配置」 朝日8/5】

なお、こういう指摘もある。

【ジョブズは自分の子どもにiPadiPhoneも触らせなかった 現代イミダス2014/10/9

Continue reading "パソコン配置より、先生増、ブラック化した渇仰現場の改善を ~若者が避ける職業から憧れる職業へ " »

日本の技術革新停滞~目先の利益第一 自民政治による当然の結果(メモ)

「日本の長期停滞と技術革新」 藤田実・桜美林大学教授 経済2019.11 より

まとめの部分から

“・90年代からの日本の長期停滞の大きな要因である技術革新の停滞の要因
①重層的下請け構造からくるスタートアップ企業の少なさ
②企業の研究者における博士号取得者の少なさ
・20年以上前から問題視されてきたが、未だ解決されていない。今後もより深刻な形で現れてくる。”

 教育をベネッセなどの儲け口にしたり、加計学園などお友達優遇や大学を企業利益に奉仕させたり・・・まったくその人や社会のことを考えていない政治の結果。大企業もすぐ金にならない研究はやらず博士号の採用は後ろ向き。大学は交付金削減で、博士課程にすすんでも、非常勤がせきのやま・・・

 IPS細胞の山中教授でさえ、研究所の大半は非常勤、資金集めにマラソンしなければならなかった・・

「日本すごい」キャンペーンは、イチジクの葉っぱ。

以下、論考のメモ

Continue reading "日本の技術革新停滞~目先の利益第一 自民政治による当然の結果(メモ)" »

保育士追い詰める~幼保無償化がもたらす矛盾

 実施前から、延長保育サービスの需要の増加、副食費徴収の事務負担増で、保育現場の負担をさらに増やし、保育士不足を深刻化させる。保育にかける予算の使い方の順序がちがう、と問題になっていが・・・

その実態を示したもの。「私、保育士辞めます」    無償化が保育士不足を加速させ、質の低下をもたらすことに。

教育と養護、医療・介護、被災者救援・・・ケアするものが大事にされなくては、継続した質の高いケアは維持できない。わかりきったことなのに・・・

【幼保無償化の波紋…「私、保育士辞めます」 NHK11/15

 あいつぐ大量退職も、そのあらわれだろう。

【保育士大量退職、全容見えず 網羅的調査・親へ情報提供ほぼなし 20191115日 朝刊】

 

Continue reading "保育士追い詰める~幼保無償化がもたらす矛盾" »

来春必修化 小学校プログラミング 対象学年・授業内容 未だ示されず

 もともと多忙な学校現場に、アクティブ・ラーニングだ、英語教育だ。プログラミング教育だ、とおしつけ。結局、対応できなくて、民間の教育産業が請負って、お金が流れるという仕掛けだろう。

大学入試と同じ・・全体をつらぬく哲学抜きに、あれこれ課題をつきつけ、民間活躍の場をひろげているだけ。その犠牲は、子ども、教職員、納税者・・・

それにしても、安倍首相の桜を見る会前夜祭での買収行為。アウトだな。

 【小学校プログラミング、戸惑う現場 来春必修化 モデル授業に学生協力 西日本新聞2019/11/11

Continue reading "来春必修化 小学校プログラミング 対象学年・授業内容 未だ示されず" »

日本の英語力低下…入試から外すべき

 日常英語を使う機会がないのだから…仕方がない。それに高校、大学の入試で、「ふるい分け」に使われているから、どうでもいいようなレアな使い方などに、どんどん入っていって、テストが終わると忘れる。面白くないので英語嫌いをつくる、という非生産的なことを繰り返していると思う。

 子どもが言葉をおぼえるように、まちがいながら(試験でつくられる「まちがってはいけない」という文化も問題)、どんどん交流して身につけていくものではないのか。と思う。ビートルズの歌詞、ブルース・リーのセリフを全部おぼえ、話せるようになっていった…趣味から近づいた人も少なくないと思う。

 それに、スマホの多言語自動翻訳機能が著しく進化しているし・・・ 

【日本の英語力、非英語圏で53位=世界ランク、前年から低下  時事11/9

Continue reading "日本の英語力低下…入試から外すべき" »

民間英検だけではない、新共通テストの大問題  50万人の記述回答の公平性担保は不可能

 民間英検試験の大学入試への利用という馬鹿げた「改革」が、いったん延期になった。白紙撤回はいたらなかったが、声をあげた高校生など「政治は動かすことができる」という体験は、大きな財産になる。それが唯一の成果。

 ところで、もう1つ問題がある。新共通テストの数学と国語の記述式問題・・・50万人もの受験生の回答を短期間に、どう公平性を担保して行えるのか。無理なのはあきらか。

 採点は、学テとおなじベネッセグループ、その儲け口の確保の意味しかない。

が、大学入試センターのFAQによれば、採点結果は受験者に返すとのこと。

 それを、あつめて比較すれば、「なぜこの回答のこの採点」「あの回答との差はなに」とか・・・人生を狂わされたと、訴訟が相次ぎ、大混乱となることは必至。それを避けるなら、記述問題といいながら、定型の回答しか出で来ない、実質、マークシートと変わらない問題になる。

 「改革」とが言いながら、やっぱり、税金を特定企業に流し込むだけのものだ。

Continue reading "民間英検だけではない、新共通テストの大問題  50万人の記述回答の公平性担保は不可能" »

日本の保育者は「評価低い」と感じている OECD調査

OECDの日本を含む世界9カ国で幼児教育の保育者(幼稚園教諭、保育士などに相当)を対象にした「国際幼児教育・保育従事者調査」(TALIS Starting Strong)の結果を公表。

その中で、日本の保育者は参加国の中でも高い学歴を有している一方、子供や保護者、社会から評価されていると感じている割合が最も低かった(教員の調査でも、日本は自己評価が低かったが・・・。特に、保育士の場合、低賃金が「評価低い」の現実的な土台となっている。)

なお、政府に支出増を求めている優先課題のトップは、一グループの幼児数の削減、教職員の給与の改善、特別支援が必要な幼児へのサポートとなっている。国連は「最初を力強く」と幼児教育の重要性を強調しているが、まだまだ相応しいものになっていないようだ。

TALIS 日本の保育者は「評価低い」と感じている  教育新聞2019/10/25

【幼児教育・保育の教員養成では、子供の学習、発展、幸福を育む実践を促進しなければならない OECD10/25

Continue reading "日本の保育者は「評価低い」と感じている OECD調査" »

副食費無償化 県内34市町村中、27自治体で実施検討

 副食費無償化をもとめた県議会質問で、①県が半分助成するとしたら、2.7億円必要、②県内34市町村中、27市町村で無償化検討、ということが明らかになった。

 また、高知市議会では、副食費の無償化には2.7億円必要(6月議会)だが、無償化により、保育料低減のために市単で負担していた費用が6億円軽減される(9月議会)ことを明らかにさせた。/高知市は第二子を独自に無償化の方針だが・・・

 軽減される財源で、副食費無償化したうえで、中学生の医療費無償化(2億円)も可能ではないのか。

Continue reading "副食費無償化 県内34市町村中、27自治体で実施検討" »

大学入学共通テストの英語民間試験 「延期」と「制度見直し」を要望 全国高校校長協会

 最も教育にふさわしくない萩生田文科相。、11日の大臣就任会見で、大学入学共通テストでの英語民間試験の活用について「不安に思っている受験者や校長がいることは承知している」とし「不安をとりのぞく」と述べた。

 それなら、全国高校校長協会など現場の声にもとづき、ただちに延期と制度見直しを決定すべき。

 そもそも、民間がそれぞれ特徴をもってやっている検定。その結果を補正して、統一基準にするなど、あまりにもバカげた仕組み。そうなつたのは、その制度を検討した委員会のメンバーと当該業者代表者たち。教育産業へ利益確保のための「制度改革」。

【2020年4月からの大学入試英語成績提供システムを活用した英語4技能検定の延期及び制度の見直しを求める要望書 全国高等学校長協会 2019910日】

Continue reading "大学入学共通テストの英語民間試験 「延期」と「制度見直し」を要望 全国高校校長協会" »

より以前の記事一覧

December 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ