My Photo

当事者が参加して、認知症になっても安心して暮らせる地域を 提言

京都市で開かれていた第32回国際アルツハイマー病協会国際会議が閉幕した。78の国と地域から約4000人が参加。本人の視点を重視し、「ともに新しい時代へ」をテーマに掲げた会議は、認知症の方の参加は過去最多の200人を超えたとのこと。認知症は15年時点で日本に500万人超、世界では約4700万人と推計されている。
 この会議にさきだち「認知症の人と家族の会」で3月に提言を発表(下段に、「まとめ」部分掲載)している。まとめは最後に「当事者が参加して、認知症になっても安心して暮らせる地域を」と呼びかけるとともに、介護軽度者の市町村事業への移行(専門職でなくてもサービス提供可能)や生活援助、福祉用具貸与の原則全額自己負担など議論について「これらが実行された場合、認知症初期の人と家族の生活は大変な深刻な事態となります」と指摘し「要支援や要介護1・2 の人にこそ、専門職による柔軟な支援を願う」と主張している。

【認知症「当事者も参画しよう」 本人重視へ転換訴え 国際会議が京都で開幕 東京4/27】
【認知症初期の暮らしと必要な支援  提言 2017.3 認知症の人と家族の会】

Continue reading "当事者が参加して、認知症になっても安心して暮らせる地域を 提言" »

新図書館西敷地・考~熊本市・花畑広場の実験

Access_img02

 以前ふれたが高知市は、新図書館西敷地(小学校跡地)を民間に長期貸し出し高度利用させようとしている。当初は数回の検討会を形だけ行って、半年で結論を出そうとしていたが・・委員の中からも反対、慎重意見が出てスケジュールは伸びたが、住民説明会などの計画は「ない」と議会答弁している。まったく市民不在。すでに貸し出す民間企業はK建設との声も聞こえてくる。
 そこで、市議団ニュースに、チラッと載せた「熊本市・花畑広場」の取り組みが参考になる。
【熊本市・花畑広場HPより】
 商業地帯の再開発中の賑わいの維持、くつろぎの空間とし「まちなか広場」を整備したもので、将来の広場建設にむけた実験的な取り組みとして3年半共用し、市民の声、実際の体験を通じた意見を活かそうというもの。

Continue reading "新図書館西敷地・考~熊本市・花畑広場の実験" »

「都市格」と企業の「大阪離れ」

“大阪府内への本社機能の流出入が、2011年まで10年連続で転出超過。特に11年は、ほかの近畿府県がすべて、転入が転出を上回っており、大阪の「ひとり負け」”とのこと。
以前に、“関西で、京都、神戸は著名な企業が移転しないのに、大阪はどんどん離れていくのか”という問題で、「人格」ならぬ「都市格」という都市自体の持つ活力と魅力について上方芸能にくわしい木津川計氏の著書の備忘録を書いた。
  文化を粗末にし、国民内部に敵をつくりあげ、「うっぷん晴らし」を煽る・・都市の魅力は増加したか?
 読売は「1年」と表現しているが、府知事就任は08年1月。約5年が経過している。
【都市の品格 魅力あるまちづくりへ2008/10】
【橋下市政、劇薬の1年…続く不祥事・大阪離れ 読売12/20】

Continue reading "「都市格」と企業の「大阪離れ」" »

一戸250万の「住田型木造仮設住宅」と林業政策 

 大手ハウスメーカーの仮設住宅は450万円。地元材を使い、地元大工が作った一戸建の仮設住宅は250万円。 しかし、国庫補助の対象とならない理不尽さ。その木造仮設住宅を110戸提供した「森林・林業日本一のまちづくり」を掲げる岩手県気仙郡住田町のとりくみ(「自治と分権」鼎談、「住民と自治」寄稿文より)のメモ。
【住田町HP 「森林・林業日本一の町づくり」】

Continue reading "一戸250万の「住田型木造仮設住宅」と林業政策 " »

「鞆の浦」埋立て差止め判決  景観権を認定

20091001k0000e040021000p_size5
 「景観利益」を認めて開発事業にストップをかける画期的な判決となった。景観権については、国立市のマンション訴訟で、06年、最高裁で初めて認定されたもの。(写真は、毎日ウェブサイトより)
鞆の浦埋め立てを差し止め ポニョ舞台、広島地裁が初判断 共同10/1
鞆の浦景観訴訟:県に埋め立ての差し止め命じる 広島地裁 毎日10/1 
当ブログとしても景観と公共事業のあり方を問うものとして注目をしてきた。
ポニョの“舞台”の景観論争と地方分権 08/11

Continue reading "「鞆の浦」埋立て差止め判決  景観権を認定" »

高知県の建設業 /メモ

 建設政策研究所の
国土交通省「建設産業政策2007~大転換期の構造改革~」に対する見解」(07年8月)
機関誌「建設政策」09年9月号に掲載された7月の高知市の調査のレポート
5月の「建設産業フォーラム2009」の提言
を導きの糸に、高知県の状況にも触れながら、少し整理してみた。

Continue reading "高知県の建設業 /メモ" »

マンション劣化で、使用中止の勧告/沖縄

1000275
 景観とまちづくりの観点から、高層マンション建設反対に取り組んでいる市民グループの会が18日にあった。中心は、高知市の景観条例のことだが、今後、老朽マンションの問題は大きな課題となってくるだろう。
劣化廊下崩落 行政主導で危険度調査を 琉球新報9/5
市、支援策手探り 浦添・マンション廊下崩落から1週間 琉球新報9/9
浦添市、使用中止を勧告 マンション事故/3棟住民に文書送付 沖縄タイムス9/12 
(写真/プレーリードッグ/野市動物公園)

Continue reading "マンション劣化で、使用中止の勧告/沖縄" »

「買い物難民」増加  規制緩和の結末

 近くに買い物が出来る店舗がなくなり「買い物難民」が増加する懸念を共同が配信している。
消費不振で新規出店の減少率最大 「買い物難民」増加も 共同7/7 
 高知県も大きな問題となっている。中山間地もそうだが、高知市でも中心部での空洞化、周辺部を開発した「新興住宅」では、高齢化とともに、余裕のある人は中心部に出て行き、移転できない人は「孤島」のような状況に・・・ 

Continue reading "「買い物難民」増加  規制緩和の結末" »

高層マンションがある景観 

 低層住宅地帯に建つ高層マンション―― 遠くから見ると周りとまったく調和してない、と感じる。現状では、こうした事態を規制する方法がない。
 かつて市民運動と力をあわせ、公害企業に、法基準を上回る協定を結ばせた市政の姿はない。
 高知市の景観計画案へのパブコメに、高知市住環境と守る連絡会が意見を提出している。
 その要旨は・・・

Continue reading "高層マンションがある景観 " »

高知城・北曲輪 マンションのモデルルーム撤去

P1000256
 「お城の活かしたまちづくりを」・・・県民、市民の声により、県がマンション業者から用地を買い戻した高知市北曲輪地区。穴吹工務店のモデルルームが撤去された。
 07年に同じくマンション業者から用地を買いもどしたお城の西側の土地に続いて、16日には国史跡に指定された。
文化審答申:北曲輪地区の一部、史跡に追加指定--高知城跡北側 /毎日 5/16
北曲輪も国史跡 高知城跡追加指定へ 朝日5/16

Continue reading "高知城・北曲輪 マンションのモデルルーム撤去" »

より以前の記事一覧

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ