My Photo

2018年9月高知市議会の特徴と党市議団の活動〔メモ〕

 県議会の報告は印刷して発行しているが、市議会のまとめは、私のメモとして作成は続けている。せっかくなのでブログに載せてみた。

【2018年9月高知市議会の特徴と党市議団の活動】

1.全体的特徴 
①中学校給食スタート、続いてエアコン設置へ、
②小松の沼、発達障害児対応、委託業者の賃金未払い・・是正の実現へ
③西敷地での暴走、幹部の「競馬旅行」・・・ゆがみと正面対決、

2.質問テーマ
・迫てつろう 財政運営、エアコン設置、会計年度職員
・下元ひろし 民生委員確保、小松沼違法埋立て、生活保護エアコン設置、LGBT
・はた愛  障害者雇用、発達障害児の進路、委託先の労務管理、少人数学級、アレルギー対策
・浜口かずこ 発達障害児対応、プール開放事業、市住立替、埋蔵文化財、戦争遺跡保護
・下本ふみお 災害対策本部、教育長辞任、中山間地のICT環境、地域交通
・細木りょう   西日本豪雨の教訓、西敷地、残骨灰処理、環境行政
・岡田やすし  西敷地

3.予算、条例  。
 ・補正に賛成、決算に反対
 ・市長の問責決議提出、与党会派の新未来こうちが賛成

4.意見書・請願 
  種子法、生活保護の熱中症対策、 党提案の意見書を議会は否決

5 団活動 西敷地問題で議会報告会

Continue reading "2018年9月高知市議会の特徴と党市議団の活動〔メモ〕" »

②西敷地問題 特定の者優先は、市民軽視とメダルの裏表

 高知市は、財政状況についてウソの情報発信で市民負担をおしつけてきた。一方、浦戸「道の駅」構想、仁井田産業団地構想〔この2つは中止に〕、そしてオーテピア西敷地の民間貸出など、理屈にあわない事業を推進しようと、行政ルールもゆがめた暴走をくりかえしている。
 行政論から言っても、許されない市民負担がどれだけあったか、少し検証する。

Continue reading "②西敷地問題 特定の者優先は、市民軽視とメダルの裏表" »

西敷地活用の闇① 高知大の賃料50年15億円 契約などの根拠なし

 西敷地を活用するとして高知市が公募型プロポーザルで優先交渉権者となったTW企業の提案。
上は移住者用の賃貸マンション、そして高知大のサテライトが入る・・・50年間の収支、収益69.2億円、収支で2億円の黒字となっている。が、そのうち高知大の賃貸料は全体の収益の2割以上を占める15億円。
 TW企業の提案と高知大とで、50年間賃貸と中途で解約した場合の違約金の契約がなされていないと、事業計画はなりたたないが、「なにもない」というのが市の答弁。驚くべき無責任さ。

Continue reading "西敷地活用の闇① 高知大の賃料50年15億円 契約などの根拠なし" »

潮江小プール事故 根底に監視員の資格…有償・無償で取扱に差

潮江小学校のプールで3年の女子児童が意識不明の重体になる事故が発生した。PTAの主催で、保護者10人が監視員をつとめていた。自責の念に追い詰められていると聞く。「子どもたちのため」と善意で引き受けたと思う。この事故をうけて、他の学校の保護者らにも「「事故があった時に責任が取れない」と動揺が広がっており、夏休み中のプール開放を取りやめる学校も出ているとのこと。

 そこには民間委託を推進してきた政府の責任逃れの対応がある。
 2011年泉南市でのプール死亡事故をうけ、プール監視業務は警備業務にあたる」と規定した。ただし「有償で委託」する場合だけで、ボランティアは除外された。きちんとするにはお金がかがるので、学校の行事でなく、PTAのとりくみ、保護者のボランティアへと・・さらに事態は悪化したのではないか。市場原理主義は、必要だが儲けらならない分野の対策としてボランティアは欲するのである。、
ところで、例の「競馬旅行」教育長は、きちんとした市教委の考えを公表することもしていない。
【プール監視基準あいまい...保護者ら困惑 高知市潮江小事故受け 高知新聞 7/25】
【学校プール開放の監視員 委託は資格必要。指定管理・PTAは無資格で可?! 2012/7】

Continue reading "潮江小プール事故 根底に監視員の資格…有償・無償で取扱に差" »

折角用意したのに・・教育長更迭の申し入れ〔案〕

 「競馬旅行」の高知市教育長が辞任・・・
 もたないと思いつつ、「道の駅」「西敷地」など行政を平然とゆがめてきた岡崎市政なので・・・安倍内閣なみに厚顔無恥な対応がかんがえられた・・
 そのため、申し入れの案文を考えていたのに、「幻」でおわってしまった。折角なのではりつけておきたい
なお、教育行政のトップの教育長と総務部長の責任の重さは違う。そのうえで総務部長もそれ相応の処分が必要。
(追記 4時からの記者会見で市長は「本人の辞意が固くやむを得ない、残念」と語った。教育長を擁護する発言である。そうでしょう! 市長が、あの状況で、幹部職員の「競馬旅行」を知らないなんてありえない。また与党会派・公明の議長が出してきた申し入れ案は、言葉は躍っているが、職務放棄、体制の一新を指摘しない、腰ぬけ)
 以下、幻の「申し入れ」〔案〕。

Continue reading "折角用意したのに・・教育長更迭の申し入れ〔案〕" »

西敷地ニーズ調査結果資料の「ねつ造」疑惑で記者会見  高知市議団

 「競馬旅行」で世間を騒がしている高知市だが、図書館西敷地の活用について県と県内4大学、高専におこなったニーズ調査のうち、県の「防災体験学習広場」として活用したい、との回答を隠蔽していたことが明らかになった。この調査結果は、10ヶ月も放置されたうえで、16年1月に発足した利活用検討委員会の第二回会議〔同年5月〕に、特定企業に有利となるとまとめにするためにねつ造されて提供されていた。
 この回答が利活用委員会の発足の前提として、議会に報告されていれば、もともとの計画の「賑わい広場」と整合性があり、「事業用定期借地権の想定」〔この条件も、事後に居住スペースが可能となる一般定期借地権にこっそり差し替えている〕、「高度利用」といった市の基本的考え方をしめすことは不可能だっただろう。
 「道の駅」構想にかかわる都市計画マスタープランの改ざんにつづく、市長による市政の私物化。そのゆがみが、災害対策本部設置中の「競馬旅行」のような緊張感のない対応をうみだすのだろう。現場でかんばっている職員も犠牲者である。

以下、団の記者会見での文書

Continue reading "西敷地ニーズ調査結果資料の「ねつ造」疑惑で記者会見  高知市議団" »

反教育的暴挙… 発達障害の生徒を「傷害」で警察へ 高知市教委

 パニック状態におちいった生徒を、やってはならない力づくの制止行動で状態を悪化させ、振りほどこうとした生徒によって教員がケガをしたと警察に被害届。
 届けを出す決断をした理由が、学校が治療費の支払を求めたことに、保護者が疑義を呈したことを反省してないと決め付けてのこと。
 障害の特性が共有できていな学校の落ち度、ルール無視の治療代の請求、心理カウンセラーなど専門家の関与もなしに警察に被害とどけ。結果、当該生徒が「もう死にたい」ともらすまでに追い詰めた。
 「重大な暴力には毅然と対応した」と強弁した教育長。西日本豪雨さなか、災害対策本部が設置されている中、教育次長、総務部長・同副部長らと函館市へ私的な競馬観戦の旅行〔7~9日〕に行っていたという「見識」の持ち主。

8月の母親大会の障害児教育の分科会で、ぜひ現地からのレポートとして発表をさせてもらったらよい、と思う。

Continue reading "反教育的暴挙… 発達障害の生徒を「傷害」で警察へ 高知市教委" »

行きどまりの旭駅前を16m道路に???

 JR旭駅から電車通りにかけての道路を拡幅する計画が進行しているとのこと。
もともとは昭和50年代の計画で、鏡川に橋をかけて、鴨部に抜ける計画の一部だったが・・その計画(当初の計画では20m道路。住民の声で、多少修正されたが・・・)はついえているのに・・・。北はJR旭で行きどまりになっており、交通量も極めて少なく、細い道だからこと、高齢者も行き来が容易、西側には青果店などがあるが、東側にうつると、西日が入り商売にならないと反対している。
 貴重な生活空間を破壊するだけで、さしたる目的もなく、莫大な税金を投入してなぜ工事するのか。
 
 また、特定勢力がらみ???

Continue reading "行きどまりの旭駅前を16m道路に???" »

西敷地 公認会計士の意見を「検証」???

本日、議会の常任委員会が開催されたが・・・さっぱり明らかにならない。
優先交渉権者の提案にたいし、職員だけでなる妥当性検討委員会では、手に負えないと、専門家である公認会計士の依頼し、診断してもらったのに、その内容は、委員会には報告されず、その意見をもつて事業者に問いかけをし、その内容を、職員が検証するという、まったく意味不明の行動をしている高知市。

 事業者は、市が選定過程を非公開にしたため、「出来レース」との声が広がり、信頼を棄損された、訴訟も辞さないといっているらしいので、ぜひ、そうしてもらって全貌を白日のもとに明らかにしてほしい。まずは、議会にきてもらって話をしてもらいたい。

Continue reading "西敷地 公認会計士の意見を「検証」???" »

西敷地 全経過の公表、現構想撤回、「広場」整備を 申し入れ 共産党市議団

 9日の地元紙が報じた優先交渉権者である2業者の代表と高知大関係者の発言にかかわって、党市議団が13日に申し入れをした。

 申し入れ文書では触れていないが、事業提案の当事者である高知大の経営協議会で、高知市の副市長が二代にわたって委員をつとめている(いずれも中央からの出向)。昨年3月で副市長を退いたあとも委員を継続している(後任の副市長は、内部登用だったからか?)。まさに「特定事業者による高度利用ありき」で市政が動いてきたことは明白。

 【新図書館西敷地の優先交渉者選定の全経過を明らかにするとともに、高層複合ビル提案を採用せず、市民の求める「広場」での整備を求める申し入れ】
(下記に続く)

Continue reading "西敷地 全経過の公表、現構想撤回、「広場」整備を 申し入れ 共産党市議団" »

より以前の記事一覧

November 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ