My Photo

会計年度任用制度の悪用…非正規 期末手当新設で月給減(時短で)「生活できない」/ 正職員「仕事の負担増」

 会計年度任用職員は、処遇改善を目的としていめが、ひどい実態が横行している。月給を下げて、期末手当を含めて、とんとんか若干増える程度にするというもの。 

 会計年度任用職員には、フルとパートの二種類があり、フルは、退職手当もでる。よって8時間フルタイムの非常勤職員を、経験年数7年とかでは、日給もあがるのだが、仕事の内容を精査した結果、「6時間のパートで対応できる」とし、月の支払額を削減し、手当含めて、年間で若干引き上げる、という手法。

が、この手法は、減った二時間分のしわ寄せが正職員の負担となり、行政全体のパフォーマンスが低下するという別の大問題もある。

  昨日高知市の議案勉強会で、財務部、総務部の話では、対象は1200人。すべてフルで対応すると8億円いる。

・フルとパートの割合は… 「半々ぐらいではないか。いま職場で調整・議論中」「現状は、非常勤を募集してもなかなか集まらない状況があるが、すべてフルにすると8億円かかる」

・財政再建プランと前提、会計年度任用制度で見込み… 「財政計画では、3.5億円を見込んでいる。国からの情報では手当分は財源措置するので、8億円のうち4億円が手当分。満額なら5千万円足らない」

  一方、高知県は「原則、パート」で、ただでさえ多忙化な県庁のパフォーマンスの低下が心配される。

  政府は、財源確保について一般的な事しか言わず、形ばかりの「改善」に押し込もうとしている。が、高知市の例からいくと、全国の「改善」分はあまりにすくない(総額が変わらず、手当分を国が財源措置するなら、自治体の資金的余裕が拡大されるたけ) ?

 【非正規公務員に賞与 都道府県、人件費130億円増 来年度から 東京12/2

【「生活できなくなる」期末手当新設で月給減…非正規公務員の悲痛な声 西日本11/5

 

Continue reading "会計年度任用制度の悪用…非正規 期末手当新設で月給減(時短で)「生活できない」/ 正職員「仕事の負担増」" »

高知市政(県都・中核市)・・・問われる転換

 知事選と投票日が同じ高知市長選。県人口の4割以上が住み、中核市として、介護・保育、環境、まちづくりなどで県と同等の権限を持つ高知市。

 そのかじ取りは・・・・ これまで高知市政は、共産党以外はオール与党。

 この市政の一番の問題は、特定勢力に弱く行政を捻じ曲げる、その結果、情報を改ざん・隠蔽するところにある。政治的立場は違っても、市民の声を聞く、公正に運営する土台が崩れている。

 それを自民系、公明等オール与党で支え、その勢力で議会ポストもたらいまわしにしてきた。共産党は、反自民では、知事選も市長選も一貫している、と思っている・・

 高知県の県議5のうち4が高知市。なかなか住民に身近でない県議会で、地歩をしめている足場、市政をめぐるたたかい。

 生活にかかわる問題の直接にかかわるのは市町村政。

 暮らしをめぐる直接的なたたかいでの市民との共同、信頼関係・・それが党への信頼の基盤。

 そこで、どう高知市政がダメなのか…いくつか思いだすままに

Continue reading "高知市政(県都・中核市)・・・問われる転換" »

岡田やすし氏 高知市長選に出馬… 市議時代の活躍のスケッチ

72394587_2389982994575285_78995337303377  県労連、新婦人、共産党等で構成する「あたたかい民主高知市政をつくるみんなの会」(略称・民主市政の会)は、9日夕に役員会を開催し、11月17日告示、24日投開票の高知市長選挙に岡田泰司氏(69才)を擁立してたたかうことを決定。

 本日11日、出馬の記者会見を実施。岡田氏は無所属で共産党は推薦する予定。

  99年の市議選挙で当選して以来20年間の市議会での活動から、印象に残っている場面をいくつか紹介したい。

Continue reading "岡田やすし氏 高知市長選に出馬… 市議時代の活躍のスケッチ" »

公明市議候補のくだらない反共攻撃  高知市議選

 高知市議選で、公明候補が「共産党は、公報にウソを書いている。中学校給食の予算に反対しており実績ではない」と・・・

 例によって予算と議会の役割をねじまげた、くだらない攻撃だが、選挙を汚す行為であるので、きちっと反論しておく

Continue reading "公明市議候補のくだらない反共攻撃  高知市議選" »

高知市政を変える なくてはならない「共産党の7名」

◆下本ふみお

市議団長。庶民の苦しみに心を寄せ、同時に、14年に市の財政計画が「異常な改善」を暴露し、中学校給食など次々と要求実現を勝ち取る骨太の論戦で、市議会をリード。旧鏡村の出身で、中山間地の防災、生活水の確保など「すまね」〔すみっこ〕を大事にすることがモットーの熱血漢。

 

◆下元ひろし

 革新市政もと、福祉畑で28年の経験を持ち、「市民の心を心として」がモットー。親身かつ専門家としての生活相談の力は抜群。ホームレス支援するネットポップの立ち上げの中心。反貧困のリーダー。温和な人柄だが、不正に完全対峙。浦戸「道の駅」では連続6回、小松沼不法埋めたてでは連続7回の質問で徹底追求。正義の人

 

◆はた愛

 27歳で初当選、4期目。一貫して市民の目線で、高齢者、若者、子育て世代の要求をまっすぐに届ける。学校いじめ問題、パチンコ店の拡張問題、学童の増設、デイサービスの花見禁止の撤回、民間委託先の残業代も払い問題と、困った人の思いを届ける「熱」は超高い。地域を歩き、住民との距離感が近さはピカイチ。

 

◆さこ哲郎

 市議団一の政策マン。上水道値上げ計画を、その赤字予測のずさんさをつく質問でストップさせた。西敷地問題でも、情報公開請求で入手した資料を分析し、特定業者ありきの実態を浮き彫りにし、市議会の流れを変えてきた。地域要求の実現でも、その根拠を明確にし、公園・生活道整備、浸水対策など多くの実績を持つ。

 

◆細木りょう

 各種の研究・研修会に積極的に参加し、常に新しい情報をキャッチし発信。災害現場など直接足を運ぶ行動派、ラ・ラ・ラ音楽祭の立ち上げからかかわるなど、音楽、文化を生かしたまちづくりで幅広い行動・交流をもつ市民運動家。ビートルズフリークで「ポール細木」の名で、各種のイベント、福祉施設で、笑顔を拡散。

 

◆浜口かず子

 発達障害をもつ子どもの学校の非教育的対応。徹底追求で、開き直っていた教育委員会に反省と改善を約束させました。地域で、子育て活動や障害児の保育の保障をもとめて運動してきた母親としての強い思いがあります。地域の市住建替えでは、高齢者の保証人問題、避難施設としての整備など命を守る願いを届けてきました。

 

◆島﨑やすおみ

 岡田市議からのバトンタッチ。秦地域で生まれ育った子育て真っ最中の36歳。アルバイトしながら大学を卒業、家族の看護をしながら法律事務所で、庶民の苦しみと向き合ってきた。それが「政治を変える」思いの原点。17年総選挙では、自らの立候補を取り下げ広田一勝利を切り開いた新進気鋭、期待の新人。

西敷地関連予算 議会機能を自ら否定  高知市議会

 この議案は、小学校跡地の利用計画の賛否をとうものでなく、利用にあたる条件で、執行部にフリーハンドを与えるかどうか、議会はノータッチ済ますかどうか、の議案。  みずから議会の機能を否定した議員、会派は、以下のとおり ・・・

Continue reading "西敷地関連予算 議会機能を自ら否定  高知市議会" »

「人権尊重のまちづくり条例案」の読み方  高知市議会

 高知市議会に、タイトル名の条例案(あとで紹介)が提出されている。
個人の尊厳など、一見、当たり前のような言葉がならんでいる。

 そこで、行政論・政治論を踏まえて、吟味してみた。

Continue reading "「人権尊重のまちづくり条例案」の読み方  高知市議会" »

公正・正直な高知市政を 財政面から検証する 

 昨年末にむけ、高知民報に10回連載した高知市政と党議員団の活動についての拙稿。
行財政分析、政策づくりなどをする上での視点など… 「世代継承」も含めて学習的な内容を意識で書いたもの。

①突然「財政が急速に悪化」宣言
②1年間で22億円収支悪化の真相
③大局的な流れは「大きく改善」
④中学校給食の完全実施への足取り
⑤子どもの医療費無料化拡充
⑥水道料値上げストップ
⑦下水道値上げで大幅黒字
⑧高すぎる国保料
⑨行き過ぎた人員削減
⑩「○○ありき」は「暮らしの冷たさ」と同根

Continue reading "公正・正直な高知市政を 財政面から検証する " »

浦戸「道の駅」 「決裁文書」偽造 市長ら19人書類送検~背景に悪質さ

 浦戸「道の駅」の「根拠」としていた都市計画マスタープランが決済されておらず、約2年前の日付で当時の担当者に決裁印を押させ市議会に提出した問題で、県警が5日、市長、副市長、当時の建設部長など19人を書類送検したことが、地元紙で報道された。
市は「違法性はない」とか「虚偽の文書を作成したものではない」とか強弁しているが、単なる手続きミスではない。パブコメにかけたマスタープラン案と、完成品で内容が異なり、「道の駅」の必要性を示すものに書き換えられていた。パブコメの結果についても公表されておらず、マスタープラン案を策定した委員にも書き換えの報告はされていない。検討委員会では、そうした「必要性」の議論もまったくされていない。
こっそり書き換え、それをもとに特定業者の持つ土地を購入、32億円かけて事業(しかも、市の試算でもペイできない事業)をすすめようとし、実際、調査等で公金がつかわれた(議会内外のたたかいで、中止に追い込んだが・・・)という悪質な背景があってのことだろう。その後も、にたような事態が続いているが・・・
以下は、以前にまとめたもの。
【都市計画マスタープラン「改ざん」と「大きな声」2015/11】
【西敷地問題 特定の者優先は、市民軽視とメダルの裏表2018/10】

西敷地 借地可否議案 提出できない事態に追い込む 12月市議会

・12月5日定例市議会開会
・11/20会派説明会で、市長より提出議案の説明。その中に西敷地の「定期借地権設定議案」
・11/26会派代表者会議 提出予定の「定期借地権設定議案」を先送りを表明。理由は「業者との協定締結が間に合わない」

 ・・・と急な動きとなったが、議会内外のたたかいにより、公明党が現状では賛成できないとの意思表示せざるを得ない状況となり、市長を追い詰めた大きな成果である。

 同計画は、下記で示すような行政論にも無理筋な計画、担保もなきに等しい事業なのに、四銀・高銀が26億円も融資することが「何より不可解」である。別のストーリーがある???

Continue reading "西敷地 借地可否議案 提出できない事態に追い込む 12月市議会" »

より以前の記事一覧

December 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ