My Photo

会計年度任用制度の悪用…非正規 期末手当新設で月給減(時短で)「生活できない」/ 正職員「仕事の負担増」

 会計年度任用職員は、処遇改善を目的としていめが、ひどい実態が横行している。月給を下げて、期末手当を含めて、とんとんか若干増える程度にするというもの。 

 会計年度任用職員には、フルとパートの二種類があり、フルは、退職手当もでる。よって8時間フルタイムの非常勤職員を、経験年数7年とかでは、日給もあがるのだが、仕事の内容を精査した結果、「6時間のパートで対応できる」とし、月の支払額を削減し、手当含めて、年間で若干引き上げる、という手法。

が、この手法は、減った二時間分のしわ寄せが正職員の負担となり、行政全体のパフォーマンスが低下するという別の大問題もある。

  昨日高知市の議案勉強会で、財務部、総務部の話では、対象は1200人。すべてフルで対応すると8億円いる。

・フルとパートの割合は… 「半々ぐらいではないか。いま職場で調整・議論中」「現状は、非常勤を募集してもなかなか集まらない状況があるが、すべてフルにすると8億円かかる」

・財政再建プランと前提、会計年度任用制度で見込み… 「財政計画では、3.5億円を見込んでいる。国からの情報では手当分は財源措置するので、8億円のうち4億円が手当分。満額なら5千万円足らない」

  一方、高知県は「原則、パート」で、ただでさえ多忙化な県庁のパフォーマンスの低下が心配される。

  政府は、財源確保について一般的な事しか言わず、形ばかりの「改善」に押し込もうとしている。が、高知市の例からいくと、全国の「改善」分はあまりにすくない(総額が変わらず、手当分を国が財源措置するなら、自治体の資金的余裕が拡大されるたけ) ?

 【非正規公務員に賞与 都道府県、人件費130億円増 来年度から 東京12/2

【「生活できなくなる」期末手当新設で月給減…非正規公務員の悲痛な声 西日本11/5

 

Continue reading "会計年度任用制度の悪用…非正規 期末手当新設で月給減(時短で)「生活できない」/ 正職員「仕事の負担増」" »

高知県知事選が終わって マツケン お疲れ様、そして感謝!

候補者発表から、怒涛のような一カ月余だった。

 勝てなかった。松本けんじさんの訴えに、心を震わせ支持をひろげてくれた人。全国からの熱い期待と応援。わがこととしてたたかった市民と野党・保守との共同。それだけに残念であり、悔しく、申し訳がない。

 しかし、このたたかいはマツケンでなければなしえなかった。

 「若すぎる」「行政経験がない」と不安を煽られるのは、当初から、わかっていた。本人が一番感じていたかもしれない。しかし、市民や野党のみなさんから「ぜひ」と言われ、仲間を、県職員と県民の力を信じ決断してくれた。その覚悟と彼の人間性がここまで闘いに持ち込んだ。共産党籍がある候補を本気の共闘でたたかった。

この闘いで、国政レベルでの野党共闘は一段と深化したと思う。未来を拓く、確かな財産をつくった。

高知での共闘の深化はもちろんのこと、何より、数多く聞いてきた「取り残こさないで」と言う県民の声、特に先生からの深刻な実態の叫び。これは今後、県政、国政での取り組み、たたかいにしっかり活かしていきたい。

必ず次につながる闘い。マツケンお疲れ様、ありがとう。

選挙結果をうけて マツケン「真剣だけど、わくわくする選挙戦でした」「次からもばんばりますので、よろしくお願いします」

https://www.facebook.com/daiyu.suzuki.18/videos/10159067125103242/

 

Continue reading "高知県知事選が終わって マツケン お疲れ様、そして感謝!" »

「桜」追及で注目 田村智子・日本共産党副委員長の訴え(文字起こし) 11/23

Ekcksw4vuaeox4x_20191123163701 23日(土)、田村智子副委員長が来県(2度目)、5カ所で訴えました。訴え(要旨)を紹介します。

◆ついに首相が「高知で負けるな」と激をとばした

 安倍総理は昨日、官邸に自民党の下村博文・選対委員長をよびつけました。高知県知事選で自民党推薦候補を勝たせなければならない。国会の最終盤に影響を与える、と激をとばしたそうです。「桜を見る会」で怒りが広がっています。自身の後援会員をもてなし、選挙のために「桜を見る会」を利用した。こんな時に高知県知事選で負けたら大変なことになる。私を守るため、安倍総理を守るため、自民党推薦の候補を勝たせよ、という意味です。絶対に許すわけにまいりません。

◆子どもたちの笑顔を取り戻す選択を

 松本けんじさんの訴えで私が一番、心ゆさぶられたのは学校の問題です。テスト漬けで学校嫌いや不登校も増えてしまっている。高知を代表する代議士だった山原健二郎さん最後の国会質問があります。子どもにとって学校は劇場のようでなければならない。今日は何が起こるのだろ、ワクワクしながら学校に向かう、そういう場でなければならない。そういう内容です。いま、自民党政治は学力テストで県を競わせ、学校を競わせています。競争にさらされ多くの子どもが傷ついています。先生も平均点を気にして子どもに向き合えない。これを変えようというのが松本けんじさんです。先週も高知におじゃましましたが、若いお母さん、お父さんがいっぱい手をふってくれました。多くの子育て世代に訴えが待たれています。もう一回り、二回り、広げていきましょう。尾崎県政を応援してきた人にも声をかけましょう。ここで声をあげることが、子どもたちの笑顔を取り戻す選択につながります。1分、1秒を争って、広げぬきましょう。

◆国にモノ言える知事でこそ高知は元気になる

 松本けんじさんは、国の政治にしっかりモノを言ってこそ高知が元気になると訴えています。その通りです。自民党政治の大規模な市町村合併で、どれだけの町役場、村役場がつぶされたか。金融改革と称して大銀行を助け、地方銀行がどれだけつぶされたか。国鉄分割民営化で地方の鉄道もつぶしていった。学校統廃合、広域病院の統廃合をすすめたのも自民党政治です。若い人の働く場所を次々と奪ったに等しい。人口減少を生んだのも、自民党政治ではないでしょうか。松本けんじさんは、学校の先生を増やそう、社会保障の現場で働く皆さんの給料をあげよう、若い人が希望をもって働けるように高知県が力をつくそうと訴えています。

 合理化を重ね、東京への一極集中で経済競争に勝つというのがアベノミクスです。人もモノもカネも大都市へ集中させる。これを続けてどうして地方創成になるのか。全国の暮らしがよくなるというのか。求められているのは首相官邸直結の知事ではありません。暮らしに直結し、県民の皆さんの声に耳を傾け、どうしたら高知の産業が元気になるか、働き希望が持てるようになるか。そういう県知事こそ求められているのではなでしょうか。

◆腐った安倍政治とのパイプはいらない

 安倍政治とのパイプ、官邸との直結のパイプを誇る人を県知事にするわけにまいりません。「桜を見る会」の問題、私は予算委員会で首相に本当のことをつきつけました。安倍さんの後援会員を誘っていますよね、自民党の中で参加者を割り振っていすよね。全部、本当でした。しかし安倍さんは最初、認めなかったのです。それなのに「虚偽答弁じゃなかった」「ウソをついていなかった」と平然と述べています。参加者などの資料は内閣官房――官邸直結の省庁で、すべてシュレッダーにかけたというのです。しかも資料を要求したその日に、たまたまシュレッダーしたという。安倍政権の7年間は何だったか。政治をゆがめ、私物化し、首相につながる人たちを優遇。偽り、ごまかし、資料を捨てさる。安倍政権が政治を根っこから腐らせています。腐ったパイプを高知県に持ちこませるわけにまいりません。

「高知のことは高知で決める」「ここで一緒に生きよう」。この立場でがんばる松本けんじさん、私たち野党も、多くの市民の皆さんも、保守や無党派、様々な立場の違いをこえて応援しています。ご一緒に頑張りぬきましょう。松本けんじさんの勝利で、さわやかな風を高知から吹かせましょう。

 

浜田せいじ候補の実績と政治姿勢 《検証》

 浜田陣営が、行政経験・人脈、尾崎県政継承、国との関係・・で色々言っている。

 ガシノ誘致、国保値上げ、病院統廃合の実績、尾崎県政の「負」の部分の継承。国の枠内での県政運営論など

 検証し、整理したもの。下段に本文

 

 

Continue reading "浜田せいじ候補の実績と政治姿勢 《検証》" »

自民幹事長 「桜を見る会」 支持者の参加は当然~その思想の直系が浜田候補

否定できなくなり開き直り。

 この人、選挙で応援したところに予算配分を優遇するのは当然とも、少し前に語っていた。

 税金の私物化を問題とおもっていない。民主主義の破壊者である。

 その直系が尾崎知事、そして県知事候補の浜田候補・・・

 【自民・二階幹事長「桜を見る会」支持者の参加は当然 朝日2019/11/12

Continue reading "自民幹事長 「桜を見る会」 支持者の参加は当然~その思想の直系が浜田候補" »

新時代に求められる新しいリーダー像 マツケン

 高知県知事選。ゆきづまった既存の政治に対し、柔軟に新鮮に対応できる新しいリーダーがもとめられている。

日本では、自己責任論、格差容認政策のもと、研究開発力の低下、人口減と貧困の拡大、食料自給率低下、と日本社会の存続につながる深刻な行き詰まりにおちいっている。

世界を見れば、格差と貧困の拡大に加え、気象異常、水資源枯渇とそれによる食糧危機、化学物質・廃プラの環境汚染など、地球と人類の共存が問われる課題に直面している。

 もはや価値観の転換が必要。既存の価値観にそまった人物でなく、新しい時代に、柔軟に新鮮に対応する発想がもとめられている。

 その選挙が、高知知事選挙・・・ 疲弊がつづく従来の枠組みの継続なのか、打開を求めて県民が我が事として挑戦していく、その共同をつくるのか・・ そんな岐路にたつ選挙と思う。

 マツケンには、その柔軟さと人と人を結びつける天性とも言える魅力がある。

高知知事選 個人の尊厳は? 候補者に失礼では?

_rraif3n1 74408974_776208316160521_149894893783325

親子ではありません。同一人物。

右は公設ポスターのもの。

等身大で勝負したらいいのに・・・個人の尊厳とはないのか? 

と心配しています。

つぶされてたまるか高知 マツケンの決意

高知新聞の紙上討論。冒頭部分だけが、動画として配信されている。

今の政治の枠組みでは、高知県をはじめ地方はつぶされる。それを押し返す選挙 。

 「つぶされてたまるか 高知」・・・これが真のテーマと一人思っている。

  【立候補2氏の立候補の決意】

知事選に偽りの争点  尾崎知事の限界と劣化

 知事として県民の代表としての足場を離れ、自民党の国会議員をめざす立場になり、政治家としての限界、その劣化がひどくなったことを示したのが、昨日の記者会見の内容。

 尾崎県政の積極面は、与党だった国政野党陣営だけでなく、唯一の野党だった共産党も当初予算には賛成しているように評価しており、松本候補は継続・発展をかかげている(学テ偏重の「教育改革」は別)。

 それを継続か中断か、と偽りの争点づくり。党派を超えて取り組むべき「南海トラフ地震対策」まで「継続か、やめてしまうのか」とまで語るとは… 政治家としての薄っぺらさを露呈した。

 次に国政との関係の部分

Continue reading "知事選に偽りの争点  尾崎知事の限界と劣化" »

松本けんじ 事務所開き・あいさつ

松本けんじ渾身の訴え

75282267_2436070553276878_34942921311057

 「渾身の訴え」をクリックすると動画のページにとびます。

 (埋め込みコードがうまくいかない?!)

より以前の記事一覧

December 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ