My Photo

森友問題 結果をみれば、籠池氏の要望に「満額回答」

 多くのマスメディアが、昭恵氏付きの政府職員への手紙と実際の結果をみれば「満額回答」という大門氏の質問をとりあげている。
 寄付金とか幼稚園侵入とかは、傍流の話。
金のない森友に財務局と大阪府が「了」と評価し、さらに15年10月の籠池氏の要望通りの結果となった、という事実がある。
菅官房長官は、FAXの返答は「ゼロ回答」と言い張っているが、では、その後、なぜ「満額回答」になったのか。調査すべきである。
【「森友」疑惑 籠池氏の要望に「満額回答」赤旗3/29】
【日本共産党はなぜ「森友問題」を追及できるのか  宮本たけし議員の3/25演説より】

Continue reading "森友問題 結果をみれば、籠池氏の要望に「満額回答」" »

森友問題 出発点は財務局~「財務の健全性」への太鼓判

 首相の寄付金など別に法律違反でもないし、検証不可能だし、あまり関心はない。籠池氏の証言も玉石混合だろう。
 自民党の西田議員が「はじめからお金がなかったということが問題の本質」として「追及」しているが、なぜ財務局は、財政計画を審査して国用地売却の前提である財務の健全性を「了」としたのか。なぜ「錯誤」を理由に関空に払い下げていた土地が再国有化され、そして見積もり合わせもせず、8億円もねびきされたのか。生活ゴミは本当にあったのか。そして、大阪府私学課に、「認可を出してもらわないと国有財産地方審議会に諮ることができない」「認可がでれば売却できる」と「親切」な働きかけをしたのか。そして、そんな財務状況の小学校建設に、府側が説得して私学審議会に条件付きの「認可妥当」を出せたのか。
そこが最大の問題で、ゆがみの出発点は政府〔財務局〕が森友の財務状況に太鼓判をおしたことにある。
 以下、審議であきらかになっていることを軸に整理してみた。
 
 以下は参考まで・・・
【森友学園問題で公明党が沈黙する理由 情報屋台 3/14】
【森友問題の謎を解くカギ・・・官邸内のメカニズムを知る必要 江田けんじネット3/25】

Continue reading "森友問題 出発点は財務局~「財務の健全性」への太鼓判" »

森友問題 藤井裕久元財務相・船田元衆院議員が行政・教育歪める安倍政権を批判

森友問題 藤井裕久元財務相・船田元衆院議員が行政・教育歪める安倍政権を批判
 証人喚問で、ますます巨悪の存在がうかびあがった森友問題。
毎日新聞が“自民党内からも船田元・衆院議員が批判の狼煙(のろし)を上げた。そして藤井裕久・元財務相は、自らの戦争体験と、財務官僚としての識見から「安倍首相は一日も早く辞めよ」と直言。”と配信。
 安倍政権は、従来の保守政治、自民党政治とも異質のもの。こういう発言がでる所に保守政治家の懐の深さを感じる。
安倍政権の支持基盤は強くなく、崩壊がはじまれば極めて脆い、と思う。

【崖っぷち「安倍政権」 藤井裕久元財務相・船田元衆院議員が「森友疑惑」の核心を糾す!3/19】

Continue reading "森友問題 藤井裕久元財務相・船田元衆院議員が行政・教育歪める安倍政権を批判" »

真珠湾攻撃とは何であったか~安倍演説の2つの欠落点(メモ)

2016年12月27日 安倍首相のハワイ訪問、「和解の力」と題した演説。「ここから始まった戦い」という表現には、歴史認識の上で二重の意味の欠落がある。
 日本の戦争は、中国からはじまった。また、12月8日においても真珠湾の70分前に、英領マレー半島への上陸作戦で通告なしではじまっている。として演説の問題点を視点する。

Continue reading "真珠湾攻撃とは何であったか~安倍演説の2つの欠落点(メモ)" »

北朝鮮政策 「悪循環」から脱却を~米中ロの発言と日本共産党の提案

 米政府が「核放棄しないがきり交渉に応じない」という「戦略的忍耐」の方針を「失敗」と評価し、政策の見直しに言及。中国、ロシアは軍事的な緊張の高まりを「深刻な懸念」「衝突の恐れ」とし、平和的解決策を示唆した。
 軍事的衝突となれば、どれだけの犠牲が出るか。また2千万人民、100万人民軍が難民化したら、中国、韓国、日本への影響も極めて大きい。
【朝鮮半島情勢に「深刻な懸念」=2プラス2で議論期待-ロシア次官書面インタビュー3/17】
【北朝鮮政策見直しへ連携=米国務長官「20年間失敗」-安倍首相らと会談 3/16】
【李克強首相、朝鮮半島に懸念「衝突の恐れ」NNN3/15】

 戦略の練り直しが必要。変化のきざきを捉えた日本共産党の提言はさすが(この提唱、HPの「政策」欄に出ていない。ミス?)。
【北朝鮮問題―「外交交渉のなかで非核化を迫れ」という提唱について 志位委員長が語る2/20】

Continue reading "北朝鮮政策 「悪循環」から脱却を~米中ロの発言と日本共産党の提案" »

「財政赤字減に消費増税は逆効果」「中間層の所得拡大による格差是正が必要」 スティグリッツ教授  経済財政諮問会議で

 経済財政諮問会議で、ノーベル経済学賞受賞者のスティグリッツ米コロンビア大教授が発言。経済成長には中間層の所得拡大による格差是正が必要とし、公的教育の充実や最低賃金の引き上げのほか、教育や医療、介護などの公的サービス分野の賃金を引き上げを提言。所得が低いほど負担が重くなる消費税の税率を「財政赤字を減らすために引き上げるのは逆効果だ」と指摘した。

【持続可能で共有された繁栄への移行  ジョセフ・E・スティグリッツ  3/14】
【「財政赤字減に消費増税は逆効果」 ノーベル経済学賞受賞の米教授指摘 東京3/15】
【ノーベル賞のスティグリッツ教授提言 教育機会の拡大で技術革新 SankeiBiz 3/15】

Continue reading "「財政赤字減に消費増税は逆効果」「中間層の所得拡大による格差是正が必要」 スティグリッツ教授  経済財政諮問会議で" »

森友、金額違う契約書3通~大阪府、国、関空 

 私学審議会で経営基盤が問題視された大阪府には一番小さい7.5憶円。補助金をもとめる国には24億円、関空エアポートに15億円の同じ日付の契約書を提出。
 学園側は「補助金を詐取しようとしたとの疑いは全くの誤解。工事費の上振れ分を見込んで申請した」というが、見積もりではない。契約書である。疑惑でなく、もはや犯罪であることは明白。
これでも自公は「犯罪ではない」と参考人招致に反対するのであろうか。
【森友、金額違う契約書3通 府関係者「どれが本当か…」朝日3/8】

Continue reading "森友、金額違う契約書3通~大阪府、国、関空 " »

アベ友疑獄 契約直前に再国有化。元は畑・住宅地で産廃「発覚」?!

 ダンプ4千台分の産廃を理由に、8億円以上の値引き。しかし、その産廃は確認されていない。元地主は、もともと畑で、その後住宅がたつたが、ヒ素・鉛、産廃など信じられないと告発しているとの報。
そして、この土地は、国から新関空会社に売却されていたのに、なぜん手続き上のミスとして、安倍政権発足後の13年1月10日に国に所有権をもどしている。そのもとで、国有地の一連の「異例」づくめの対応、値引き、校舎への補助金支給が行われている。
 子ども達、安倍政権のためにも、急いで掘って「ある」という産廃撤去をしたらよい。それではっきりする。
【森友学園問題 「錯誤」登記をめぐる謎 郷原信郎 2/27】
【森友学園が買収した国有地、元地主が大激怒!「ダマされた。市が公園にすると」「契約書もある」情報ドットコム 3/2】

Continue reading "アベ友疑獄 契約直前に再国有化。元は畑・住宅地で産廃「発覚」?!" »

17年度予算案~「アベノミクス」と「消費税頼み」の路線の行き詰まりと破綻(メモ)

 垣内亮 「議会と自治体」2017.3をベースにしたメモ。
 17年度予算案について、個々の項目ではなく、その財政構造を、「アベノミクス」と「消費税頼み」の路線の行き詰まりと破綻という角度から解剖したもの。

Continue reading "17年度予算案~「アベノミクス」と「消費税頼み」の路線の行き詰まりと破綻(メモ)" »

アベ友学園~「無関係」というなら徹底調査を

 直接的な政治家の支持はなかったかもしれない。学校法人側が、名誉校長を名を出して「なんとか開校したい」と持ちかければ、官僚組織が、それを首相の意志と忖度して、異例、不正な売却に応じた、というのが真相のような気がする。
 要は、戦後政治のルールとして否定された「教育勅語」を学ばせる学校の開設に、官僚組織が「便宜」を図ったことを見過せるのか。「歴史修正主義」で「ルールも無視」する国が「日本」という国際的評価になるが、それは「国益」に反するのではないか。
「無関係」というなら、そこは行政のトップに、毅然とした対応をとれ、徹底した調査を、行政への信頼を棄損する、と迫るまるのが、一番逃げにくいと思う。与党多数の国会では、「行政論」が特に大事に思う。
「自己保身」で、森友を切れば・・・自己否定に陥る、ということ。


Continue reading "アベ友学園~「無関係」というなら徹底調査を" »

より以前の記事一覧

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ