My Photo

2018年度 実質GDP成長率193カ国中171位…アベノミクスの成果

公共事業費の連続増など、過去最大を更新しつづけた政府予算で、GDPを盛ったにも関わらず、もはや誰も口にしなくなった「アベノミクス」のもとでの世界の中でも、先進国の中でも、その低成長ぶり。しっかれ報道すべき。経済の6割を占める消費の低迷、技術開発力の土台を支える大学の予算を一貫して削減。その「成果」がしっかりあらよれている。

◆実質GDP成長率ランキング IMF      

順位  成長率    G20内   世界平均成長率

2013年 137位 2.000  13位     3.4

2014年 169位 0.375  17位   3.6

2015年 144位 1.223  13位   3.4

2016年 164位 0.609  15位   3.2

2017年 138位 1.936  13位   3.6

2018年 170位 0.814  17位   3.7

191カ国中      

世界経済のネタ帳

 

【なぜ安倍首相は「韓国より低成長」を認めないか(和田 秀樹) プレジデント12/1

https://bunshun.jp/articles/-/17339

「日本の経済はいいのか、悪いのか。精神科医の和田秀樹氏は「2018年の日本の経済成長率は、実質GDPベースで0.81%。193カ国中171位できわめて悪い。経済がボロボロといわれる韓国でも113位で2.67%だった。この経済低迷は、首相やその周囲が『自分たちは絶対正しい』と思い込んでいるからだ」という——。」 

 韓国と比べたり、「思いこみ」など心理の問題は別にして・・・こんな記事もではじめた。

 なお、下段には、各国の名目成長率、名目時給の推移、実質賃金の推移のクラブをアップした。

Continue reading "2018年度 実質GDP成長率193カ国中171位…アベノミクスの成果" »

「小農の権利宣言」――世界規模での農政大転換 /逆走続ける、異常な日本の農政

「食料自給率が低ければ、(1)国民の健康と生命が守れなくなるリスクを負うばかりで無く、(2)持続的な海外への支出拡大とそれを通した日本のデフレ不況拡大の巨大リスクを負っていると同時に、(3)海外の食料供給国達に将来日本を脅すのに使えるかもしれない巨大な「外交カード」をタダで配り歩いていることになるのである。こうした理由から、食料自給率問題はあらゆる国家において、安全保障の根幹を成す問題と位置づけられているのである」(藤井聡・京大教授、元内閣官房参与)。それゆえ、単なる商品ではなく、各国は手厚く保護していきているが、日本の農政の貧困さ、安全保障意識の欠如ははなはだしい。

 しかも、気候異常、水資源枯渇、土壌劣化など・・・小農の役割がますます重要になっており、逆走している。与党の選挙対策と「高級」官僚の天下り先確保・・のために。

 【「小農の権利宣言」――世界規模での農政大転換― 2019.12.05 坂本進一郎  JA新聞】

【「日本農業は世界一保護されている」はフェイク? 鈴木宣弘さんに聞く 生活クラブ 2019/7/10

【聞いてびっくり! 各国は独自の助成制度で「農業保護」 鈴木宣弘さんに聞く 生活クラブ :2019/9/20

【「額ありき」農業対策費 「強化」掲げ、ばらまき 東京11/26

Continue reading "「小農の権利宣言」――世界規模での農政大転換 /逆走続ける、異常な日本の農政" »

調査鯨類法律…そもそも、IWC脱退しての捕鯨は国際法違反」の指摘

 参議院本会議で、鯨類の持続的確保に関する法律(議員立法)が可決、これから衆議院に送付される。商業捕鯨が31年ぶりに再開したことから、諸外国から南氷洋での捕獲を伴う調査捕鯨を引き続き行う方針であると誤解されないよう「捕鯨が科学的知見、条約等に基づき行われることを明記」したとのこと。

が、国際的な水産資源管理に詳しい真田康弘・早稲田大学准教授は「国連海洋法条約65条で鯨類に関し『保存、管理のため適当な国際機関を通じて活動しなければならない』と規定されており、故に国際法違反だとの批判を受けるだろうと元水産庁の小松正之さんも指摘されています」とツイートしている。

小松正之・東京財団政策研究所上席研究員の指摘とは「IWCから脱退した日本は『国際機関を通さず捕鯨している』と批判されるだろう。この論法で日本を国際裁判にかける国が現れ、国連海洋法だけでなく一時豪が提起したように生物多様性条約などに反するとして、国内の鯨類捕獲を違法扱いされうる」

この根本問題を抜きにして、どうなんだろうか。

 【国際捕鯨取締条約脱退と日本の進路(下) 東京財団政策研究所 小松正之 上席研究員 2019/1/19

【訴訟リスクの商業捕鯨 法的課題の対策急務 産経2019.6.16

Continue reading "調査鯨類法律…そもそも、IWC脱退しての捕鯨は国際法違反」の指摘" »

幸福度世界一の国が目指す社会保障 「だれ一人とりのこさない」 フィンランド

「だれ一人とりのこさない県政」の訴えが共感を呼んだ知事選。「この訴えが共感を呼んでいるのは嬉しい反面、そうでない現実がそこにあるから」と複雑な思いを勝った松本けんじ候補。

 全ての人」がカギというフィンランドの社会保障政策(教育も「公平性と平等」)について担当大臣の話。

 「みんなの介護」での北欧にもふれ、「この世に雑に扱われていい人はいない」という井手英策氏の「介護」の話

 【幸福度世界一の国が目指す社会保障とは 鍵は全ての人 フィンランド、ペコネン保健相インタビュー 全国新聞ネット 11/10】 

 ◆みんなの介護 賢人論  財政社会学者 井手英策氏 に聞く】

昨年上梓した『富山は日本のスウェーデン 変革する保守王国の謎を解く』(集英社新書)がベストセラーになり、一躍注目を浴びた井手英策氏は、民進党でブレーンを務めたこともある、リベラル派気鋭の論客だ。当時の民進党のキャッチフレーズ“All for All”も、実は井手氏が創案したもの。その井手氏は、日本における介護のあり方や実情をどう見ているのか。北欧型福祉との違いや個人の悲しい出来事、熱い思いとともに、舌鋒鋭く語ってもらった。取材・文/盛田栄一 撮影/岡 友香

 【北欧では、社会という「大きな家族」の中で介護を行います】

【社会のみんなが幸福になるためには、増税という選択肢もあります】

【「ケア」の本来の意味は「気にかけること」】

Continue reading "幸福度世界一の国が目指す社会保障 「だれ一人とりのこさない」 フィンランド" »

「MMT」 現代資本主義の行き詰まりから出た極論・謬論

 「日本がGDPの2倍もの借金をしているのに、やっていけてるじゃないか」という出発点の認識がまちがっている、

 これは、GDPの3倍ある国内金融資産に担保されている(国債購入に外資を頼っていない)からの話で…出勤がこの額を超えはじめ、外資で支えなくてはならない事態になれる事情はかわる。外資の変わりに日銀引き受けとなれば、 円の信用が崩壊し、円の価値が下がり、悪政インフレをもたらす。

 こんな当たり前のことを無視して「MMT」など、さぞ新しい理論がもてはやさせれるのは、資本主義のゆきつまりの表れでしかない。反緊縮ではなく、富の分配の問題・・・「令和」の代表の言動を心配する。

 なおアメリカは基軸通貨の特権を持つ国家。どんなに財政赤字が膨らんでも「大きすぎてつぶせない」という後ろだてがMMTを支えている、と思う。

 以下は、探した中では、まっとうと評価した解説。

MMTが間違った政策提言を導き出しているワケ 「インフレは昂進しない」という前提の危うさ ニッセイ基礎権 4/228

Continue reading "「MMT」 現代資本主義の行き詰まりから出た極論・謬論" »

19年(1-9月)出生数  過去最低の18年より5.6%も急減

2018に生まれた子どもの数(出生数)は918397人で過去最低を更新。今年は、それをさらに大きく減少。

 非正規・ブラックな働かせ方の拡大、女性差別の放置・ジェンダーギャップの大きさ、重たい子育て・教育負担という、財界いいなりの「亡国の政策」をとってきた自民党政治の姿がある。

さらにアベノミクス下での実質賃金の低下、定年時に2千万円必要とか・・・希望もなくなるというもの。

「令和効果で出生数が増えると期待」って・・・現実を見ていない証拠。

 19年の出生数が急減 19月、5.6%減の67万人 日経20191126

Continue reading "19年(1-9月)出生数  過去最低の18年より5.6%も急減" »

パソコン配置より、先生増、ブラック化した渇仰現場の改善を ~若者が避ける職業から憧れる職業へ 

 小中学生に、パソコンかタブレット型端末を児童・生徒が1台ずつ使えるよう無償で配置する方針を固めたと。

予算は4000億円以上とのこと。騙し騙し10年持たすとして年400億円。これにベネッセへの全国学テの採点委託料が年62億円。

 これら教育産業に金をおとすだけで、教員の負担をふやし、教育の質の低下を招くもの。そんな無駄金はやめ、教員増による働く環境の改善に使うべき。

462億円あれば、何人教員をふやすことができるだろう。ざくと平均650万円(社会保険料の事業主負担込み。30代だとこれより100万円、20代だと250万円ほど少ないい、ようだ)として、7000人以上。平均500万なら9000人以上となる。

 都道府県の教委をいっているだけでも、独自の少人数学級の担当も病休。産休の代替教員がいない事例が1241件もある。配置の不足はしてない場合も、現状はブラック化している(下段に「声」を紹介)

なりたい職業に「教員」が選ばれるような環境の改善をしないと、公教育制度が崩壊しかねない。

「体がもたない」教育実習で体験した長時間労働 若者が教員を避ける要因に 沖縄タイムス11/25

【公立小中、先生が足りない 全国で1241件「未配置」 朝日8/5】

なお、こういう指摘もある。

【ジョブズは自分の子どもにiPadiPhoneも触らせなかった 現代イミダス2014/10/9

Continue reading "パソコン配置より、先生増、ブラック化した渇仰現場の改善を ~若者が避ける職業から憧れる職業へ " »

平成合併の地域で人口減加速 ~「自治体2040」の前に徹底検証を

 合併した自治体で、人口減が加速、広域化しすぎ防災や行政サービスが低下。そのために市町村の声におされ政府は、交付税算定の合併特例が終了するのにあわせて、削減分の約7割を手当する措置を取らざるを得なかった。しかし、地方での働く場を減少させ、地方の人口減、東京一極集中を加速させた。

安倍政権の「地方創生」は、農林漁業のいっそうの商業化による小規模経営の淘汰、そしてICTAIを活用し、複数の市町村で構成する「圏域」を行政主体する「自治体2040」構想など打ち出しているが、地方破壊でしかない。

平成の大合併を徹底検証し、どこに住んでも、生きていける条件を整えることに舵を切ることが必要。それが地球との共存を求められるこれからの自治体、社会のあり方につながる。

 平成の大合併と同時にとなえられた道州制。いまや自民党の公約からなくなっている。都道府県を前提にした参院選の合区解消を求める予選が「改憲」に使えると判断したからだろう。なんの見識もない。

 【平成の大合併しなかった自治体 元気 隣接旧町村と比較 日弁連調査 農業新聞2019/11/22

【平成合併の地域で人口減加速 存続選択の町村に比べ 中日2019/11/7

【自治体の将来 平成の大合併の検証を 朝日 社説 20191112

地元紙も社説

【新「圏域」構想】平成の大合併を検証せよ  高知 社説 2019.11.17

Continue reading "平成合併の地域で人口減加速 ~「自治体2040」の前に徹底検証を" »

日本の技術革新停滞~目先の利益第一 自民政治による当然の結果(メモ)

「日本の長期停滞と技術革新」 藤田実・桜美林大学教授 経済2019.11 より

まとめの部分から

“・90年代からの日本の長期停滞の大きな要因である技術革新の停滞の要因
①重層的下請け構造からくるスタートアップ企業の少なさ
②企業の研究者における博士号取得者の少なさ
・20年以上前から問題視されてきたが、未だ解決されていない。今後もより深刻な形で現れてくる。”

 教育をベネッセなどの儲け口にしたり、加計学園などお友達優遇や大学を企業利益に奉仕させたり・・・まったくその人や社会のことを考えていない政治の結果。大企業もすぐ金にならない研究はやらず博士号の採用は後ろ向き。大学は交付金削減で、博士課程にすすんでも、非常勤がせきのやま・・・

 IPS細胞の山中教授でさえ、研究所の大半は非常勤、資金集めにマラソンしなければならなかった・・

「日本すごい」キャンペーンは、イチジクの葉っぱ。

以下、論考のメモ

Continue reading "日本の技術革新停滞~目先の利益第一 自民政治による当然の結果(メモ)" »

高知県知事選が終わって マツケン お疲れ様、そして感謝!

候補者発表から、怒涛のような一カ月余だった。

 勝てなかった。松本けんじさんの訴えに、心を震わせ支持をひろげてくれた人。全国からの熱い期待と応援。わがこととしてたたかった市民と野党・保守との共同。それだけに残念であり、悔しく、申し訳がない。

 しかし、このたたかいはマツケンでなければなしえなかった。

 「若すぎる」「行政経験がない」と不安を煽られるのは、当初から、わかっていた。本人が一番感じていたかもしれない。しかし、市民や野党のみなさんから「ぜひ」と言われ、仲間を、県職員と県民の力を信じ決断してくれた。その覚悟と彼の人間性がここまで闘いに持ち込んだ。共産党籍がある候補を本気の共闘でたたかった。

この闘いで、国政レベルでの野党共闘は一段と深化したと思う。未来を拓く、確かな財産をつくった。

高知での共闘の深化はもちろんのこと、何より、数多く聞いてきた「取り残こさないで」と言う県民の声、特に先生からの深刻な実態の叫び。これは今後、県政、国政での取り組み、たたかいにしっかり活かしていきたい。

必ず次につながる闘い。マツケンお疲れ様、ありがとう。

選挙結果をうけて マツケン「真剣だけど、わくわくする選挙戦でした」「次からもばんばりますので、よろしくお願いします」

https://www.facebook.com/daiyu.suzuki.18/videos/10159067125103242/

 

Continue reading "高知県知事選が終わって マツケン お疲れ様、そして感謝!" »

より以前の記事一覧

December 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ