My Photo

« 公立小学校教員「超勤訴訟」 ~ 画期的な前向き判決 | Main | GAFA その支配の闇と規制強化の高まり(メモ) »

原油高騰 特別交付税で1/2補助 自治体に制度周知を

伊藤岳参院議員のSNS9l

・12月10日、国の原油価格高騰対策のための特別交付税措置について、総務省にヒアリング

→ 特別交付税措置は、自治体が原油価格高騰の影響を受けた人や事業者へ助成した場合、必要額の2分の1を国が補助するもので、生活困窮者の灯油購入や保育所など福祉施設の暖房費、農林漁業者の燃油購入などの財源に活用できる

( 文中の「生活困窮者」に対する国の縛りはなく、自治体で決めてもらったらよいとのこと/伊藤岳事務所)

・過去の実績(07、08、13、14年度) 総額139億6千万円/が、自治体には「知らなかった」との声が多く、制度の周知が課題となっているとのこと。

*伊藤議員は、従前から自治体が実施している福祉灯油の助成制度に対し、財源を活用できるのかと質問。担当者は「今年度分は交付税で措置できる」としたうえで、地域の実情に応じ「ぜひ制度を活用してほしい」と回答。

→ 各自治体が助成制度を創設し、財源の積極的な活用が求められる

 

« 公立小学校教員「超勤訴訟」 ~ 画期的な前向き判決 | Main | GAFA その支配の闇と規制強化の高まり(メモ) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

地方自治」カテゴリの記事

May 2022
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ