My Photo

« 技能実習は速やかに廃止を 日経が社説 | Main | 2021年5月   地方議員学習交流会 »

「現実的」なことが「現実的」でない 時間軸の問題

 コロナ禍の五輪・・・始まればアスリートの姿への共感もわかる。私は、命を助ける最前線で踏ん張ってくれている医療従事者を思うと「見る気」になれない。

 開催の可否をめぐって、思うのは「現実的」という言葉の軽重。

 「すでにはじまっていて、やめるのは現実的ではない」というロジックに、危機感を覚える

 気候危機への対応は、パラダイムの転嫁がもとめられる。熱効率の向上など技術革新とか、は当然必要だが、社会の在り方について「当たり前」の現実を根底から考え直さなくてはならない段階に突入している。

 が、そのメッセージは極めて弱い。

 日本は、人口では、地球の1%台だが、温暖化ガスの排出量は5%、世界全体で、現在の暮らしは地球1.7個分の負荷をかけているが、日本の水準は3個分におよぶ。

 この負荷を軽減する社会とはどういうものなのか。

 2030年までに、温暖化ガスの排出を45%削減しないと、永久凍土の誘拐、森林火災の多発など温暖化ガス排出の増加を抑え込めず、地球の回復力の限界・PBsを超える、と国際的な目標となっている・・・あと9年なのに、あまりにも話題になっていない。

 「現実的」なことが、本質は「現実的」でなくなる。時間軸の取り方の問題。

 人類は、他の生物の命への責任を含めて岐路にたたされている。

 

 

 

 

« 技能実習は速やかに廃止を 日経が社説 | Main | 2021年5月   地方議員学習交流会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

September 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ