My Photo

« デジタル社会の可能性と限界(メモ) | Main | 課税新時代  地球的課題を一網打尽にできる「グローバル・タックス」(メモ) »

福島原発汚染水  海洋放出でも長期貯蔵でもない、いまでも間に合う第三の処理方法がある!漁民連

JCFUニュース(2021.4.13)より

ダウンロード - 20210413e2978f20e38388e383aae38381e382a6e383a0e6b19ae69f93e6b0b4e381aee587a6e79086e38397e383a9e383b3e38388.docx

“なんと、いまプラント建設を決めればまだ間に合います。

2021年内に汚染水の増加を抑え、2022年内には貯留量を減らしはじめ、11年後には貯留量を二千分の一(タンクひとつで十分)にできます。

 7年前に成果を出していた実証プラントがあった

7年前に経産省の公募に応じたロシアのRosRAO社が6か月で建造した実証プラントは、一日あたり4.8トンのトリチウム汚染水を濃縮して、体積を一万分の一(後述の実用プラントでは二千分の一)にすることを実現しました。

この実証プラントの建設過程と能力、実用プラント建設の提案をした動画を次のサイト(同社のプロモーション・ビデオ)で視聴することが出来ます。

https://www.youtube.com/watch?v=3FpSKIZsBfs  ”

 沖縄、福島も同じ、民意無視し「唯一の解決策」のおしつけ!

« デジタル社会の可能性と限界(メモ) | Main | 課税新時代  地球的課題を一網打尽にできる「グローバル・タックス」(メモ) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

環境・農林漁業」カテゴリの記事

原発・エネルギー」カテゴリの記事

September 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ