My Photo

« デジタル改革関連法案と自治体 DX 推進計画は許されない  自治労連全国弁護団3/16 | Main | 21年ぶり  当初予算に反対 日本共産党高知県議団 »

特別支援学校 教室不足  年度末までに解消計画策定  要チェック!

 入学者の増加で、教室をカーテンで区切ったりなど、教室不足が全国的問題となっていた。

国民の声に押され、政府は20-24年度を「集中取り組み期間」として、既存施設改修の国庫補助 1/3→1/2に引上げ、 解消計画の20年度末までに策定を、都道府県に要請している。

  ぜひ、点検が必要である。

 高知県では、新たに高知市内に4050人規模の知的特別支援学校を設立することが決定しているし、「カーテンで間仕切りしている例はない」と教室不足はないかのような説明。委員会で、党議員が「特別教室をつぶして普通教室に転用しているではないか」と指摘し、しっかりとした「解消計画」を立てることを要請した。

教室不足には、少子化のなかでも、特別支援学校に在学する児童生徒数が20年間で1.63なったこと、また教室の広さなどを定めた設置基準がない、安易な対応がなされてきたことに由来する。

 国民の声によってようやく設置基準を制定する方向に動きだした。中教審答申に策定することが示された。

が、具体策がなく、既存校が適用されないのでは…、空き校舎・教室などの利用が推奨されるのではないか・・・との懸念がある。

この都道府県からの「解消計画」の内容を見て、判断するのだろうか。

 この点からも、解消計画の中身のチェックがもとめられる。

« デジタル改革関連法案と自治体 DX 推進計画は許されない  自治労連全国弁護団3/16 | Main | 21年ぶり  当初予算に反対 日本共産党高知県議団 »

高知県政」カテゴリの記事

教育・子育て」カテゴリの記事

地方自治」カテゴリの記事

September 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ