My Photo

« 高知 新型コロナ対策 子育て支援、事業所支援の追加 6/23 | Main | 新型コロナ臨時交付金(二次補正) 県分2.2倍、市町村分3.1倍に »

コロナ禍 国保・介護保険料 「最も収入の低い月」を基準に積極的に減免を

 新型コロナ禍による減免は、通常の減免ではなく、実態にそってかなり柔軟に運用されている。また、その減免による保険料の収入減は、国の特別交付税で対応することになっている。

 減収の認定についての基準が

・「2月から申請日までの収入」、「年間の減収見込み額」を書くようになっている (高知市)

・「2月以降の最も収入の低い月の収入額」だけで「年間の減収見込み額」の記入欄もない(横浜市、京都市も)

というようにかなり違っている。

  また、減収見込み額が、実際と違って「3割減」にとどかなかった場合も「減免取り消しをせず、返金はもとめないか」の質問厚労大臣は「その場合も国の財政支援と対象となる」と返金を求めないと答弁している(6/16参院厚労委員会、倉林質問)

 積極的な活用をするよう、自治体の姿勢が問われる。介護保険料、後期高齢者医療の保険料も同様である。

Skm_c30820062317100Skm_c30820062317110

 減免が利用できなければ、生活苦に直結するとともに、保険財政にとっても滞納のリスクが増え、徴収率の低下、調整交付金の減額というマイナスに作用する。

 ここは財政論の立場からも、行政は、積極的に象者を見つけ出して、減免実施をすすめるべきである。

 

 

 

« 高知 新型コロナ対策 子育て支援、事業所支援の追加 6/23 | Main | 新型コロナ臨時交付金(二次補正) 県分2.2倍、市町村分3.1倍に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

地方自治」カテゴリの記事

医療・介護」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 高知 新型コロナ対策 子育て支援、事業所支援の追加 6/23 | Main | 新型コロナ臨時交付金(二次補正) 県分2.2倍、市町村分3.1倍に »

July 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ