My Photo

« 市町村 18年度、国保会計の状況 高知県 | Main | 性被害者支援センター 人材集まらず 重い責任、無給など低処遇   »

2020年度政府予算の特徴(メモ)

ダウンロード - 20202020kokkayosan.doc

2020年度政府予算案、2019年度補正予算案の特徴を、地方議会での対応・活用として視点も含めてまとめたもの。冒頭に

「・一般会計の総額1026580億円と、19年度当初予算を1兆2009億円上回る。

・税収 635130億円 前年当初比+1兆180億円増(補正後比+3兆3330億円)…名目成長率2.1%と民間予測の3倍の高さを設定。税収増を演出し、国債発行額▲1000億円、と「財政再建」をアピール

→ 19年度も2.4%の高め設定。補正で▲23150億円の減額。20年度も3~4兆円規模の歳入欠陥が必至」とした。

つまり、高めの税収設定は、地方交付税の抑制とパラレルの関係なので、税収があがらなければ、自治体は財源不足に陥る危険性が高い(減収補填債で部分的な手当ができるが・・・ 自治体の当初予算においては、其の当りを吟味しておく必要がある。)。

 

« 市町村 18年度、国保会計の状況 高知県 | Main | 性被害者支援センター 人材集まらず 重い責任、無給など低処遇   »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

地方自治」カテゴリの記事

備忘録」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 市町村 18年度、国保会計の状況 高知県 | Main | 性被害者支援センター 人材集まらず 重い責任、無給など低処遇   »

September 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ