My Photo

« 国保・子どもの均等割減免  県議会論戦・半歩前進 | Main | 総務省「家計消費」も偽装?・・・突然、60歳以上世帯が減少 »

「夕張になる」 どこが?! 香美市のウソ

  香美市が、住民・職員むけに、「財政危機」を語り、「夕張になる」と喧伝しているとのこと。
はっきり言ってウソ。 民間なら、詐欺でつかまるレベル。
そのゴマカシの手法は・・・
・県内の市部で最も、「健全財政」を説明していない。
・合併特例の終了による交付税の減額も、地方の声で、平均して7割が財政措置されており、のこり三割分は、同規模の自治体なみに、職員削減したことで、すでにクリアしていること、を説明していない
・夕張の、「赤字」は、年予算の約5倍〔(連結実質赤字比率739.45%〕。その内容は、地方債残高の話ではなく、単年度の元利償還の費用を含む収入不足の話であり、まったく、レベルが違う話なのに、それを説明せず、住民を「脅し」ている。

高知市でもそうだった。全国でも、このい類いのウソが語られているのだろう。

 たしかに、地方財政は、地方の裁量にかかわらない社会保障費や行政需要の増大で、きびしい状態はつづいている。


 だからこそ、真実を語り、市民と一体で、何を優先し、どう運営していくのか、が問われている。 

 こんな゛説明許したら、戦前の「大本営」を、いまだに容認しているの同じになる。

    財調的基金  財調基金 減債基金 
香南市 6,114,187  4,024,220  2,089,967
香美市 5,968,425  4,905,059  1,063,366
 「財調」だけなら、県下トップ、「財調的」でも2位

◆将来負担比率
・香美市 -52.2(香南市-63.2に次いで2位。市部でマイナスはこの2市)

◆実質公債費比率
香美市8.4 (市部では安芸、南国についで3位/将来負担比率 安芸19.7 南国62.2)


◆国保税
 同市は、市町村事業費分担金が増えて、値上げはしかだがない、といっているが、財政安定化支援制度を、無視し、交付税措置されていた8割分の繰入をさぼってきた。同制度のルールは、8割が交付税算定され、残る2割分は、自治体の留保財源から出す仕組み。
 これを長年サボってきて、「赤字」になると「増税を押しつける」のは、行政論としても、まともではない。

 さぼってきた「法廷内」の繰入を、きちんとしてから、言うべき話。
 
 ★基準額と繰入の実態
 08年度  68,530千円に対し、40,000千円   と、2850万円過少
 11年度  67,955千円   54,364千円   と、1350万円過少
 16年度  570551千円に対し、456441千円  と、1190万円過少、

« 国保・子どもの均等割減免  県議会論戦・半歩前進 | Main | 総務省「家計消費」も偽装?・・・突然、60歳以上世帯が減少 »

高知県政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「夕張になる」 どこが?! 香美市のウソ:

« 国保・子どもの均等割減免  県議会論戦・半歩前進 | Main | 総務省「家計消費」も偽装?・・・突然、60歳以上世帯が減少 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ