My Photo

« 謂れのない圧力の中で̶ ̶ 歴史教科書の選定について̶ 灘校校長の矜持 | Main | 南国市いじめ自死 遺族が文科省に再調査で要請 »

西敷地 市民の声を排除~最低最悪の市政

 市民アンケートと、それをもとにした市が設置した検討委員会の「広場」の声を無視して、検討委員会には提示していなかった「マンション建設もあり」の条件で、民間からの提案を募集。その要件を議決事項でなく報告ですませ、選定委員も選定経過も、契約がおわってから「公表」という。高知市政史上最悪の市民無視、市民排除(議会排除)である。
 市民の財産の私物化、特定勢力への利益供与ではないか、と疑う。国政の加計、森友とも通じるような話。

 考えられる結末は、いくばくかの複合施設的内容も備えた(中活法で補助金の対象となる)高層マンション。

 意見が違っても、まともな資料の提供、正面からの論戦、住民との意見交換をさけて、言葉だけで取り繕う現市政。

 戦後高知市政--山本、氏原、坂本、横山と培った流れを断ち切り、八方美人で問題があった松尾市政もはるかにおよばない極めつけの市民無視・排除の市政、市民の暮らしへの冷たさは最高レベルと認定したい。

 市民だましの姑息さ・・・その「だまし」の手口を、党市議団はことごとく暴露してきた。

①「夕張になる」・・・年予算数年分の赤字の夕張と、赤字ではなく、やろうとしていることをやったら収支不足が年何%か発生する状況を、あえて混同させてアナウンス
 市民負担の押しつけを画策

②高知市独自の国保減免を、一般財源を入りいれず国保会計の中で運用していることを不適切と県に指摘されたこと(厚労省も独自の減免は一般財源の繰り入れを指導)を、「減免制度をやめよ」と指導されたと嘘を言って、減免制度を廃止。

③財政再建期間中、毎年「何十億円から収支不足」(事業計画を過大にしたり、基金積み増しや借金の繰り上げ償還の計画を拡充すればいくらでも演出可能)と言って、計画よりも160億円以上、改善している事実を隠ぺい。
 子どもの医療費無料化拡充や中学校給食実施に抵抗。

④下水道料金の経営努力の基準として総務省が示している使用料単価を、一般家庭20㎥の使用料とウソの説明し、負担押し付けを画策中。

⑤水道事業では、耐震工事で繰り入れるべき一般財源を20億円もケチっておいて、そして今後もケチることを前提に、このままでは赤字なる、と値上げを画策中

⑤浦戸「道の駅」構想では、マスタープランの書き換え、地元要望の偽装が判明しても地元要望と強弁、主体となる民間事業者もいないのに構想を推進、目的もはっきりせず、赤字必至の事業への巨額の投資。目的は特定企業の土地を買ってやることだけ・・が浮き彫りになり、計画はとん挫。

⑥中核市平均より多いと職員削減を推進・・・職員給与と物件費〔その6割は、非常勤職員の賃金と委託費という人的経費〕では、中核市シップクラスの低さ。多いというのも、低所得者層が多く福祉部門の職員が多いこと〔生活保護部門は財政手当てされている〕、直営で効率的なゴミ行政によるもの。
 実態を無視し、一面的な数字で、職員削減を強行。専門性の継続・蓄積での障害、メンタルへするの増加など行政の劣化を生んだ。

 他にもいろいろあるが・・・・市民の暮らしを守ろうという真面目さ、誠実さが感じられない

 亡くなった元図書館長の渡辺進さんと革新自治体論について、数年に及ぶ勉強会をしてきた。それだけに、かつての庶民の生活に光をあてたり、住民の主体性を重んじたりしたかつての市政との途方もない距離感を痛感する。

« 謂れのない圧力の中で̶ ̶ 歴史教科書の選定について̶ 灘校校長の矜持 | Main | 南国市いじめ自死 遺族が文科省に再調査で要請 »

高知市政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 西敷地 市民の声を排除~最低最悪の市政:

« 謂れのない圧力の中で̶ ̶ 歴史教科書の選定について̶ 灘校校長の矜持 | Main | 南国市いじめ自死 遺族が文科省に再調査で要請 »

December 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ