My Photo

« 「ゆとり」批判との決別こそ必要 ~教育のゆくえ | Main | 籠池夫妻 検察の常識としてあり得ない逮捕であり暴挙 郷原氏 »

比例を軸に 総務省「地方議会・議員に関する研究会」

 人口400人の大川村で地方議会を存続させるための取り組みが、全国的に話題にになったが、総務省の「地方議会・議員に関する研究会」(座長:大橋洋一 学習院大学法科大学院教授。平成28年11月から開催)のとりまとめが7月に報告された。
 政党化が進んでいる都道府県議会では、原則「比例代表制」、市町村議会でも大規模から中規模自治体では、比例代表、中規模から小規模では制限連規制、小規模は現状方法を基本とするというもの。
 高知県議会でも、郡部はほとんど1人区となり、比較第一党が、絶対多数を占める民意がゆがめられた状況になっている。
【「「広域連携が困難な市町村における補完のあり方に関する研究会」・「地域自治組織のあり方に関する研究会」・「地方議会・議員に関する研究会」において取りまとめられた報告書の公表」7/7】
【地方議会・議員に関する研究会 報告書 2017/7】

【「地方議会・議員に関する研究会」報告書概要】より

■地方議会・議員の現状と課題
議員数は減少傾向、投票率も低下の一途
→住民の関心の低さ、なり手不足は深

■次の観点から「実効的な代表選択」を可能とする選挙制度の議論を深める必要。
・選択ができるだけ容易なこと。(投票容易性)
・政策についての実質的な比較考量ができること。(比較可能性)
・選挙結果についての納得性が高いこと。(納得性)
・有権者の投票参加意欲が高まること。(投票環境)


■都道府県議会
・原則:比例代表選挙を導入するという考え方
<考え方>
・政策・政党等本位の選挙が実現される。
・一票の格差をはじめ、選挙区に関わる実務的諸課題(定数の設定、選挙区割りなど)を回避できる。
・現状、都道府県議会は政党化が十分に進んでいるほか、国政との連動性が期待できる。

○代替案:特に地域代表性に配慮する必要があると考える場合
A.比例代表選挙と選挙区選挙の並立制
B.比例代表選挙と選挙区選挙の併用制
C.比例代表選挙で少数の選挙区を設置し、地域別名簿を採用

■ 市町村議会
・考えられる選挙制度
(1)政策・政党等本位の議会構成を促進する方向性
→比例代表選挙を導入するという考え方
(中規模から大規模団体に親和的)

(2)現行の地域代表性に配慮しつつ、議員間のグループ化を促すとともに住民の多様なニーズを反映する方向性
→制限連記制を導入しつつ、必要に応じて選挙区設置を進めるという考え方
(小規模から中規模団体に親和的)

(3)現行の地域代表性を基本的に維持しつつ、有権者の情報コストの軽減や投票環境の変化を促す方向性
→単記非移譲式(現行制度)を維持しつつ、選挙区設置を進めるという考え方(小規模団体における代替案)

« 「ゆとり」批判との決別こそ必要 ~教育のゆくえ | Main | 籠池夫妻 検察の常識としてあり得ない逮捕であり暴挙 郷原氏 »

地方自治」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/65598408

Listed below are links to weblogs that reference 比例を軸に 総務省「地方議会・議員に関する研究会」:

« 「ゆとり」批判との決別こそ必要 ~教育のゆくえ | Main | 籠池夫妻 検察の常識としてあり得ない逮捕であり暴挙 郷原氏 »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ