My Photo

« 介護「卒業」を強制する財政インセンティブ | Main | EV・風力発電のコスト、化石燃料と近く同等に 「想像できないほど進化」 »

前川喜平前文部科学事務次官 記者会 6/23

国会での証人喚問が実現できないなら、発言の場を、と設定したもの。政府側にも記者会見の場を提供したい、と記者クラブのあいさつ。前川氏は、理路整然、そして最後にはメディアの在り方にも問題提起をし、読売を正面から批判。質疑で、読売記者は質問せず。 
 最後の言葉・・・ 公務員、全体の奉仕者とともに、個人の尊厳、主権者としての立場を忘れてはならない、と後輩にエールを送った。
 会見途中の「国民の知る権利」の保障がないと、民主主義はなりたたない」との主張。民主国家の在り方への危機意識の発露がよくわかる。

« 介護「卒業」を強制する財政インセンティブ | Main | EV・風力発電のコスト、化石燃料と近く同等に 「想像できないほど進化」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 前川喜平前文部科学事務次官 記者会 6/23:

« 介護「卒業」を強制する財政インセンティブ | Main | EV・風力発電のコスト、化石燃料と近く同等に 「想像できないほど進化」 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ