My Photo

« 中国と渡り合うフィリピン外交 さて日本はどうか?  | Main | 監視社会~ スノーデンの警告 「僕は日本を本気で心配しています」 »

米国 価格低迷対策で、チーズ200億円分買い上げ ~日本とは大違い

 農業情報研究所の記事より。アメリカは、価格低迷による酪農支援として、200億円分のチーズを市場より購入、買い入れたチーズをフードバンク援助に使う。
 米過剰を放置し、離農を促進させる日本。農業を安全保障の1つの柱として大事にする国と違いである。
他にも大きな違いがある。
【米農務省 チーズ5000トン、200億円買い上げ 価格低迷酪農支援とフード・バンク援助のため 8/25】
 以前まとめたメモに、欧米の支援策を紹介したが、それが実行されたもの。
【TPP 「農業過保護」論、「輸出産業」論の虚構(メモ)2015/12】

【米農務省 チーズ5000トン、200億円買い上げ 価格低迷酪農支援とフード・バンク援助のため 8/25】

 米国農務省(USDA)が23日、民間市場からほぼ2000万ドル(200億円)に相当する5000トンのチーズを買い入れると発表した。この30年で最高レベルに達したチーズの過剰を解消することで酪農産業を支援する一方、買い入れたチーズはUSDA栄養補助プログラムの一環としてフード・バンクを助けるために使う。 
 ヴィルサック農務長官によれば、「この商品購入は、この30年で最高レベルのチーズ過剰を解消する強固で包括的なセーフティーネットの一貫をなし、同時に最も必要とする人々の食卓に高たんぱく食品を届ける」。過剰生産に伴う価格低迷で、酪農生産者の所得は過去2年、35%も減少した。 
 USDA to Purchase Surplus Cheese for Food Banks and Families in Need, Continue to Assist Dairy Producers,USDA,16.8.23
 米過剰→米価崩落に泣く日本の米農家には、EU・米国並みのこんなセーフティー・ネットはない。 農業を大事にする国(地域)と非効率と切り捨てる国(政府)の違いである。


 

« 中国と渡り合うフィリピン外交 さて日本はどうか?  | Main | 監視社会~ スノーデンの警告 「僕は日本を本気で心配しています」 »

環境・農林漁業」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/64131645

Listed below are links to weblogs that reference 米国 価格低迷対策で、チーズ200億円分買い上げ ~日本とは大違い:

« 中国と渡り合うフィリピン外交 さて日本はどうか?  | Main | 監視社会~ スノーデンの警告 「僕は日本を本気で心配しています」 »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ