My Photo

« 野党共闘 と 支配勢力の政治戦略 | Main | トルコ 反政府勢力粛清 4万人強~不安定化への懸念拡大 »

検証 高知市の行財政  メモ 

 先日の学習会のレジュメに手をいれたもの。
 地方財政の仕組みは複雑だが、だまされないためには市民の学習運動、研究が大事になっている。

【検証 高知市の行財政 2016.7.17】


 「財政再建は完了した」〔昨年11月市長選〕が・・・ 競輪場、かるぽーとなど・・・前市政のつくった財政危機(市は「09-13年度で300億円の赤字」と説明)に、岡崎市政はどう対応してきたか、を検証

■「財政再建」に典型的にあらわれた岡崎市政の特徴

①市民負担増  一例ですが・・・
・下水道値上げ(09年度)       年11億円
・国保値上げ 07年度、13年度   年 4億円
・国保料の独自減免制度廃止    年 4億円  
・他にも手数料値上げなど100項目以上の「見直し」 年 数億円

②職員削減  
  春野、鏡、土佐山と合併前の職員数より200名も少ない
  〔合併前より、職員給与年 27億円減〕

★私たちの主張
 「もともと高知市は効率的な運営。大型事業の借金返済のピークをすぎれば、財政は急速に改善。市民負担は必要なし」

Data539

・人的経費  中核市平均より住民一人当たり1万円少ない /市全体では33億円

・公務の質と真の効率性
  ・ゴミ処理費の低さ 市全体で中核市平均より11.5億円低い
  ・故障続きの灰溶融炉撤去の判断
     7千万円のコスト減。売電益の大幅増(1.5億円が7億円近い額)
  ・医療センターのPFI解除  県市で20年間で44億円のコスト減

★ 専門家の指摘とも一致  (08年設置 市財政懇話会座長)

「高知市の経常収支比率で、人的経費(人件費、物件費)は低い。「行革」の範は示さないといけないが、ここで削れるところは極めて少ない」
「人件費の低下は市民サービスの低下に結びつくもの。ここだけ削れというのは懇話会としても無責任」
「大きく改善するには投資的経費」「財政力を超える規模の都市整備を進めてきた結果が今の姿」

■「財政再建」(09-13年)の取り組の結果、どうなったか

①異常な改善  計画以上に166億円も改善   年33億円
   借金返済を前倒し。基金(貯金)を積み増し
   ( 計画分も含めると・・・5年で663億円の改善 )

G2

★ なぜ「異常」というか 自治体の財政運営の基本
A、家計とは、根本が違う
・自治体には、退職、死亡がない。
・「世代間負担の公平」  30年使うハードなら30年間使う人が年々負担する /借金して事業するのが正常な姿
  少なすぎる  必要な事業をしていない  
  急速な改善  一時期の住民ののみ過度の負担

B、収支不足について
  その年の歳出計画に対して、歳入不足分 ・・・・ 借金の返済、基金の積み上げを増やせば、いくらでも演出できる/ 異常な改善の途上も、市は、毎年 何十億円の収支不足と主張してきた。

②行過ぎた職員削減で、行政サービスの後退
・13年度 避難タワー3基、避難路整備101件 事業実施できず
・鏡村での土砂災害  現場をよく知る職員がいない
・昨年、女児虐待死事件  ケースワーカー不足   
・保育など専門性の継続の危機  
・メンタルでの長期病休   3倍化

~目的を果たせない「職員削減」は、「非効率」の典型

★市長は「まだ少し多い」/ 「130人に1人」の問題点
G3

  面積が広く人口密度が低い、低所得者が多い・・実態を無視 

G4

 他都市比較、多いのは民生部門、清掃含む衛生部門
  →民生部門は人不足、清掃は直営で効率的・・・実態を無視

■問われているのは 「異常に改善した財政」をどう使うか

(1)反省していない岡崎市政

①財政危機の原因を反省していない岡崎市長
・「大規模事業が一時期に集中したため」「国の地方財政削減の影響」と強弁

・投資的経費の急増 /長期的な財政計画作成を拒否
G1_2

 新庁舎 90億円の計画が一気に180億円に
 突然の桂浜「道の駅」構想、新図書館西敷地の高度利用 など

 【参考】 高知市 一般会計 当初予算
2016年 1,553億円       2011年 1,360億円
2015年 1,509億円       2010年 1,290億円

②暮らしへの冷めたさも変わらず 
  
・「国保、上下水道は独立採算、赤字になれば料金見直し」〔市長 15/12〕

○国保会計に、一般会計から投入すべきお金を入れず。反省もない
 高い国保料を押しつけ  /この額、12年間で計58億円

   保険料の独自減免分による減少         年4億円
   地方単独事業波及分〔いわゆるペナルティ分〕 年1.5億円
財政安定化支援事業 自治体負担分      年1.2億円

→ 市は「国保基金40億円あったから」というが、その基金も高すぎた保険料が生み出したもの。

○水道関係  一般会計から繰り入れるべき耐震事業の18億円をサボる
 → 一般会計からの繰り入れの半分は交付税措置・・・・つまり、国の財政支援9億円を失う

③特定勢力に弱い市政、市民の声を聞かない市政
・「特定市民・業者・OBの問題などマスコミをにぎわしてきた。
  原因はトップが毅然としないから。が、そのツケは現場職員へ〔賠償や処分〕
・ 長期計画にない建設事業の浮上などもその現れ

・その根幹に同和行政の存続 〔市民会館の縮小など、予算的には大きく改善させてきたが・・・〕
  市営住宅の募集で「差別」  同和向きは、市民会館だよりだけで広報。市民全体に知らせない
  募集の倍率  同和向け 2倍程度、 一般向け10倍以上

 → 「声の大きな」ものに弱い → 道理がとおらない→ 公務の劣化を招いている、

★外部監査も指摘  「安易な外部委託、随意契約」~ 無駄と非効率が蔓延

・“アウトソーシングが目的化している”。「サービスの向上」について評価も評価基準もなく、再委託が横行しているとし、“まず「何をしようとしているのか」そのために「直営か委託かも含めてどのような手段によるのか」もう一度覚醒した意識下で再検討する必要がある”
・委託契約の7割、62億円が随意契約について“他業者、他都市との比較もしてない”“費用等の具体的数字をもってない”“意味なく随意契約をつづけている。”“初めから「この業者」での契約”
などなど

・市民の声を聞くことを徹底して軽視 ・・・・ここが最大の問題

 庁舎建設       住民説明会、ワークショップなし 
 旭再開発       住民の自主的組織とは「会わない」
 児童クラブ値上げ  保護者会に説明なし
 浦戸「道の駅」構想  地元要望の「やらせ」
 新図書館西敷地  住民説明会開かない

(2) 市民運動、議会内外の運動でつくった変化

①施策の遅れを指摘・
・子どもの医療費の無料化が県下最低で、就学前
・第三子保育料無料化を県下で唯一実施してない
・中学校給食は16㌫の実施率で、四国の他の県都100%
・国保への法定外繰り入れを実施してない数少ない中核市
・避難タワーの計画が1つも進展していない。

~ 大型事業・同和偏重から財政危機を生み出した失政を繰り返さず、暮らし第一に、市政の流れを変えることを訴えた。

②この間の変化~財政の「異常な改善」を明らかにする中で前進築く

・保育料では、第三子無料化の実現を求める中で、市は同時入所の第二子の無料化に踏み切りました。
・中学校給食も、署名など市民の運動と力をあわせ実施が確定
・国保の繰り入れが復活し、財政安定化支援事業では、市財政の留保分で対応する2割分の繰り入れも実現
・津波避難タワーの建設、ブロック塀対策の県事業導入など、一定の変化も生まれている。
・ブラック企業、貧困が問題になる中、同僚議員と、公共調達条例を改定
・経済対策として、住宅リフォーム助成制度が実現

■ 市民が主人公、命と暮らしに向き合う市政を

① 大型事業、同和偏重  財政危機招いた失政と手を切る
~ 市民参加、職員の知恵と力を生かすボトムアップ型の公正な市政へ

★ 社会資本の老朽化、公共施設の更新、維持・補修が重要課題に
~ 市民参加で、まちづくりの姿を議論することがますます重要に

◎市の公共施設マネジメント計画のスケッチ
・施設面積の3割削減が目標
・高知市と人口規模が同等(30~40 万人)の自治体25 市との比較で「公共施設の整備量が,他都市と比べて多い」「今後,公共施設の管理・運営・老朽化への対応等が,重い負担となる」
・延床面積…学校教育系施設や公営住宅がその大部分を占める。
・施設分類別…学校,その他学校教育系施設,幼保・こども園,幼児・児童施設,図書館,高齢者福祉施設,障害者福祉施設,その他保健・福祉施設,医療施設の老朽化率が高く,特に幼児・児童施設,図書館,その他保健・福祉施設,医療施設は老朽化率が90%を超えている。
・施設分類別の支出…子育て支援施設が全体の約24.0%で一番多い。

→ 学校の統廃合、保育所、福祉施設の民営化のテコに使われる懸念

◎一方、職員の知恵と力の例・・・清掃工場の長寿命化計画 

 今年で稼動15年。普通20~30年といわれる耐用年数を、今後、2度の長寿寿命化整備を実施し、45年間使おうという構想。


② 反貧困、福祉と防災のまちづくり

《 求められる課題            特徴的なものとして 》

・低所得、子どもの貧困対策・・・
   生活保護率、全国平均の倍
   就学援助率 全国平均16%、小学生3割、中学生4割

  → 中学までの医療費無料化 6.4憶円
   国保料 1万円引き下げ4億円
   一方、岡崎市政は、ゴミ有料化(6.5億円の負担)をあきらめていない

・高齢者9万人、うち3万人が単身。一方、南海トラフ地震(長期浸水)
 など、福祉と防災のまちづくりが重要

→  アテラーノ旭のような地域の拠点づくり (市は補助金廃止した) 
もっとも、ンパワーがもとめられる分野・・・公務の出番

・福祉と防災のまちづくりと一体で雇用確保
 身近な防災、バリアフリー事業で仕事づくり
   高知市の最大の雇用の場である医療介護福祉分野の充実 
 〔介護事業所の支援も検討課題/ 県は、中山間地の事業所の維持のために独自の補助金〕

  ~ マンパワーがもとめられる・・・公務の出番

« 野党共闘 と 支配勢力の政治戦略 | Main | トルコ 反政府勢力粛清 4万人強~不安定化への懸念拡大 »

高知市政」カテゴリの記事

地方自治」カテゴリの記事

備忘録」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 検証 高知市の行財政  メモ :

« 野党共闘 と 支配勢力の政治戦略 | Main | トルコ 反政府勢力粛清 4万人強~不安定化への懸念拡大 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ