My Photo

« 「パナマ文書」の徹底究明、公正な国際課税制度の実現を 声明・要請 | Main | 中高の部活動指導に伴う顧問教諭の負担問題 »

保育施設の死亡事故 2016年 保育の質の重要性明白

 毎年、厚労省が2月初めに発表していた保育施設における事故報告が、新制度になったので、どうなるかと思っていたが、今年は4月に内閣府から発表されていた。しかし、新着情報一覧には出ておらず、「政策」の「子ども・子育て支援」から入らないとわからない。
 昨年度までは、事故件数とともに、認可、認可外施設の利用者数が掲載されており、事故率が探ることができたが、今回の公表資料には、事業所数はあっても、利用者数はのっていない。
 厚労省が昨年4/1時点の受け入れ枠かを参考に考えると(認可外が0-2歳児の割合が高く、夜間とかもあるだろうが・・・)
 認可2,260,534人で2件、認可外77640人で9件と、極めて大きな差がある。小規模保育は25445人の利用で1名が死亡、唯一施設外での事故。

◆06年(認可08年)の調査(認可外施設の年齢別入所児童数

事業所内保育 7.4%、18.9%、21.5%
ベビーホテル 9.9%、21.3%、23.0%
他の認可外  5.6%、14.3%、19.1%
認可保育所  4.4%、12.7%、16.4%

「教育・保育施設等における事故報告集計」の公表及び事故防止対策について 内閣府4/19

◆保育園、こども園、幼稚園など子育て施設での死亡事故は14件(前年度17件)
              死亡事故    利用枠
・幼保連携型認定こども園 1件      184873人
・認可保育所         2件(5件) 2260534人
・小規模保育         1件       25445人
・地方単独保育施設     1件       46227人
・認可外保育施設     9件(12件) 77640人

・0歳7件、1歳5件、2歳1件、4歳1件
・室内13件 施設外1件(小規模保育)

○調査は
・平成27 年 :認可保育所、認可外保育施設(地方単独保育施設、その他の認可外保育施設)は1月から12 月まで
幼保連携型認定こども園、小規模保育事業は4月から12 月まで
・認定こども園としては、平成27 年度から調査を実施

■2015年4月1日の保育の受け入れ枠

認可保育所(保育所型認定こども園の保育所部分を含む) 2,260,534人
幼保連携型認定こども園 184,873人
幼稚園型認定こども園  20,502人,
地方裁量型認定こども園 2,715人
小規模保育事業 25,445人
家庭的保育事業 4,285人,
事業所内保育事業 5,147人
居宅訪問型保育事業 13人,
地方単独事業のいわゆる保育室 46,227人
その他 77,640人, 
合計  2,627,381人 

【保育所等関連状況取りまとめ(平成27年4月1日)及び「待機児童解消加速化プラン」集計結果を公表 9/29】

« 「パナマ文書」の徹底究明、公正な国際課税制度の実現を 声明・要請 | Main | 中高の部活動指導に伴う顧問教諭の負担問題 »

教育・子育て」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 保育施設の死亡事故 2016年 保育の質の重要性明白:

« 「パナマ文書」の徹底究明、公正な国際課税制度の実現を 声明・要請 | Main | 中高の部活動指導に伴う顧問教諭の負担問題 »

November 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ