My Photo

« 東京五輪裏金問題  日本ではもみ消される電通の深い闇、 | Main | もんじゅ 廃炉しかない~ 米高官も核燃サイクル見直し支持 »

高知県内市町村 実質単年度収支 13.14決算

 行政需要はあまたあるので「財政がきびしい」というのはウソではないが、収支不足や形式収支の赤字を強調して、実態をごまかしている場合もあるから注意を、と資料提供を議員会議でおこなった。
 表は、総務省のホームページから市町村決算カードで、高知県内市町村の13年度、14年度の「実質単年度収支」を成立したもの。将来負担率は、県市町村振興課の市町村決算のまとめから〔決算カードではマイナスの場合、記載されない〕
Data512


きっかけは、高知市が「財政再建の達成」後も、水道への基準内繰り出しをサボりながら、繰上げ償還をし、思いつきのような「道の駅」構想に31億円をかけようとするなど投資的経費を急増させていることが、明らかになったからである。

●「単年度実質収支で見る 
「積立金」増、「繰上げ償還」実施があれば、実質「黒字」を、(形式)収支を「赤字」にできる

● 将来負担率(積立金、地方債の交付税措置分なども加味)の水準と変化
・法基準 250% 自主的改善計画 350% 強制的改善計画
・14年度 全国平均45.8% 県平均62.2%
 10-14年度比、全体に大きく改善している。

・ 土佐清水市、四万十市は高止まりであり、全体の傾向からズレる。別途分析が必要
→ 少し眺めてみると
土佐清水市は、土木費の割合が高い。
四万十市は、人口3.5万。4.8万の南国市、3.4万の香南市と、職員給与、物件費・一財分は、約20億、11億とかわらないが、一部事務組合の繰出し金〔一財分〕は、南国、香南が2億円台なのに、四万十市は12億円強となっている。

● 合併自治体 
・「一本算定」になる減少分の約7割を手当て/支所経費、交付税算定の是正(面積・人口密度)
・「一本算定」により、特例分の3割が削減されることになるが、全廃を前提に、職員削減や積立金増をとりくんできている。
→ 新たな財政措置分を、どう活かしたか、活かすつもりか。明確にさせる。

○合併特例廃止 影響額・億円 (新たな手当て以前) 

高知市 13.70 
四万十市 5.38 
香南市 19.19 
香美市 10.78 
いの町 7.08
仁淀川町 6.42
中土佐町 3.15
津野町  3.97
四万十町10.11
黒潮町 4.58

« 東京五輪裏金問題  日本ではもみ消される電通の深い闇、 | Main | もんじゅ 廃炉しかない~ 米高官も核燃サイクル見直し支持 »

高知県政」カテゴリの記事

地方自治」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高知県内市町村 実質単年度収支 13.14決算:

« 東京五輪裏金問題  日本ではもみ消される電通の深い闇、 | Main | もんじゅ 廃炉しかない~ 米高官も核燃サイクル見直し支持 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ