My Photo

« 暴走政治ストップ 高知民報号外2016.04 | Main | 子どもの貧困対策  県政の重要テーマに位置づく »

TPP発行  米国の「認証」制度で、追加要求は必至

 協定には、相反する内容があり、どちらが優先するか。しかし、交渉記録は「秘密」・・・それでどうやって判断せよ、というのか。
 しかも、アメリカには相手国の対策が十分と認めるまで、国内手続きの完了を保留いる「認証」という仕組みがあり、アメリカ政府は、議会、国民を説得するために、他国へ新たな国内措置を迫ることができる。日本が仮に批准してしまえば、それを足場に、新たな措置を迫られる〔国民にとって。日本の大企業は同調して推進〕のは明らか。
 とにかく、国の形が変わる協定、国民主権がないがしろにされる協定。ひろく広める努力が重要。
Tpp

TPP分析チームが制作したリーフレット。
「そうだったのか! TPP」

 先日、Ver.3を出したばかりだが、きわめて詳細な分析版。
「TPP協定の全体像と問題点 Ver.4」

【TPP発効 米国の認証を懸念 追加要求払拭できず 国会審議影響も 日本農業新聞3/22】

« 暴走政治ストップ 高知民報号外2016.04 | Main | 子どもの貧困対策  県政の重要テーマに位置づく »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference TPP発行  米国の「認証」制度で、追加要求は必至:

« 暴走政治ストップ 高知民報号外2016.04 | Main | 子どもの貧困対策  県政の重要テーマに位置づく »

October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ