My Photo

« 国保 保険者支援分2015年 | Main | 熊本地震 元「慰安婦」の寄付、在日中国人が支援~中韓の反応 »

学力テスト 「授業で過去問題。本末転倒」と文科相 

 学力テストの結果は「学力の1部」というのが文科省の公式見解。学力の定着確認、授業改善に使うのが本来の目的というなら、抽出・隔年ぐらいで十分であり、順位を発表するのもやめたら、「本末転倒」の事態はなくなる。 怒るわりには「調査はしない」というのも・・・ 制度の矛盾隠し?
 ただ、地方議会などの取り組みでは「使える発言」。

【全国学力調査「授業で過去問題など本末転倒」 馳文科相 朝日4/20】
【「学力テスト」 馳文科相、成績を上げるための事前準備に苦言 FNN4/21】

【全国学力調査「授業で過去問題など本末転倒」 馳文科相 朝日4/20】

 全国学力調査について、私のもとに「成績を上げるため、教育委員会の内々の指示で、2、3月から過去問題をやっている。おかしい。こんなことをするために教員になったのではない」と連絡を頂いた。成績を上げるために過去問題の練習を、授業時間にやっていたならば本末転倒だ。全国各地であるとしたら、大問題で本質を揺るがす。

 調査は、今年10年目。第1次安倍政権からの教育再生の柱だ。点数を競争するためではない。うわさには聞いていたが、直接現場から憤りの声を頂いたことはなかった。全国調査はしないが、心ある教員や教委のみなさんは、実際に何が行われているのか、文科省に報告を頂きたい。

 私は今日、憤りをおさえながら話をしている。なんのために調査をやっているのか、胸に手を当てて改めて考えて欲しい。一握りの教委、校長、担任の振るまいかもしれないが、やってはいけないことだ、と申し上げたい。(記者会見で)

【「学力テスト」 馳文科相、成績を上げるための事前準備に苦言 FNN4/21】

成績を上げるための事前準備に、苦言を呈した。
19日に実施された全国学力・学習状況調査、いわゆる「学力テスト」について、成績を上げるため、数カ月前から、過去問題を解くよう指示している地域があるとして、馳文部科学相が怒りをあらわにした。
馳文科相は「憤りを抑えながら話をしているが、全国の都道府県の教育長、市町村の教育長に、メッセージを伝えたい。何のための学力テスト、学習状況調査やっているのか」と述べた。
馳文科相は、「教育委員会の指示で、2月や3月の段階から、過去問題を解かせるよう指示を受けている」との情報提供を受けたことを明らかにした。
そのうえで、調査は「競争するためのものではなく、学力の定着度合を確認し、よりよい授業に向けて、不断の見直しをするためのものだ」と強調した。


« 国保 保険者支援分2015年 | Main | 熊本地震 元「慰安婦」の寄付、在日中国人が支援~中韓の反応 »

教育・子育て」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 学力テスト 「授業で過去問題。本末転倒」と文科相 :

« 国保 保険者支援分2015年 | Main | 熊本地震 元「慰安婦」の寄付、在日中国人が支援~中韓の反応 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ