My Photo

« 熊本地震 元「慰安婦」の寄付、在日中国人が支援~中韓の反応 | Main | 国保 都道府県化へ大転換期を迎えた情勢と運動〔メモ〕 »

浦戸「道の駅」~ 目的不明、破たん明白な計画に31億円

 31億円をかけて、桂浜公園のすぐそばに、アクセス道路(1.4㌔)をつくり、桂浜整備計画で示された「ここでしかない食、物産」を提供するという「道の駅」をつくる、という構想が示され、このたび、分厚い報告書が出ている(情報公開で入手。一般に公開はされていない)。 党市議団と共同作業で、私なりにチェックしてみた。

 こんなに、ひどい計画には、なかなか出会うこともない程のひどい計画。コンサルに委託した「調査報告書」にもとづき、そのデタラメぶりに触れたい。

 その前に、これだけのひどい計画なのに、新図書館西敷地の問題も含めてダンマリ。戦争法、原発、辺野古基地問題で、しっかり発言しているのに、地元の問題では・・・ ダブルスタンダード、がっかりしている。

 なお、その他の財政運営の特徴のメモ
【高知市  2016年3月議会の特徴~市民不在の大型事業優先と対決 2016/3】

■問題1 桂浜整備構想とコンセプトが丸かぶり
道の駅」構想では、休息、情報発信、地域連携〔多目的広場、直販所、飲食、物産、加工施設、体験とかかげるが・・・、
「桂浜公園整備計画」のコンセプトは・・
・ここに行きたいと思わせる食や土産物、特産品を楽しめる
・海浜景観を眺め、くつろげる 
(ちなみに、「道の駅」構想では、南は防風林、北は保安林があり、海を見渡せる場所は、1箇所しかなく、同様な押し出しをしているが誇大宣伝)
・歴史資源を生かし、学び、くつろげる
・誘客促進を持続的にとりくみ、継続性をもった販売促進などソフト施策にとりくむ
・・ユニバーサルデザイン、防災機能の向上
と、まったくと言って一緒。

道の駅は「家族づれで楽しめる」というが、肝心の「子どもの森」は、構想の中には入っているが、当面の事業化の範囲に入っておらず、「目くらまし」の類。

■問題2 積み上げられた産業振興計画を無視 
「道の駅」構造のおかげで、公園整備の方がストップしている。

 「もう少し、詳しく見ると、道の駅」構想の「効果と今後の課題」では“桂浜公園のにぎわい施設と「道の駅」の飲食店、物産店等の商業施設の分担・連携」となっており、公園整備計画のコンセプトを否定している。

ことしで8年目となる県が市町村などともタイアップしてすすめている「産振計画」、そして7つの地域に対応した地域アクションプランの高知市版にも「道の駅」は皆無。

たとえば「幡多地域アクションプラン」では、それぞれ位置づけられている
・大月町まるごと販売事業 道の駅「ふれあいパーク大月」を拠点とした取り組み
・売り出せ西土佐プロジェクト  道の駅オープン  総合発信拠点づくり、
・カツオ文化のまちづくり事業、佐賀の拠点ビジネス 黒潮 「ならぶ土佐佐賀」の充実

「産振計画・第二期Ver4」 観光分野・県中部地域では「桂浜公園再整備にむけた新たな振興計画の検討」とうり、桂浜公園の再整備計画が急がれる、というのが協議の到達点。

誰かからの「圧力」だろうか、まったく道理のない計画。

■問題3 採算の見込みはまったくなし

 実際のニーズからではなく、県内外のいくつかの「道の駅」をピックアップして平均値で粉飾。

①交通量と立ち寄り率 4.3% 
最高は、アグリ窪川10.4%、土佐さめうら〔土佐町〕0.7%であるがその平均で取って、利用者を72万強と推定。桂浜公園駐車場 年間の用20万台。龍馬記念館17万人。正確な統計はないが、桂浜公園の訪問者が70万~80万人(行政関係者)であり、そのほとんどが、奥まった「道の駅」に寄るという推計になっている。

 そもそも、この地域の交通量の多さは、通勤が多数をしめている。休息所としての「アグリ」の数字で盛っているのは明らか。

②施設利用率を、直販30.1%、飲食18.7%、物産18.0 体験3.0としているが、これも「粉飾」
 資料に載っている他のケースでは・・
  土佐さめうら 直販31.1、飲食45.0、物産18.9 ~ 地元の店としての活用では
  ビオスおおがた直販52.0、飲食17.1、物産31.7 ~ 地元の店、黒糖などの物産
  あぐり窪川  直販4.5、飲食20.3、物産13.5 ~ 休憩所として活用か〔コンビニで代替できる〕
  やす     直販17.3、飲食2.7、物産5.0 ~  休憩所として活用か 〔〃〕

 立ち寄り率が高いのは、休息所。直販の売り上げの高いのは地元の店としての活用と思われる。
 しかも、「もてぎ」〔栃木〕という、洋菓子、バウム工房、SL公園など「ファミリーで1日楽しめる」をコンセプトに、野菜直販も「有機堆肥」を売りにしている。直販43.8、飲食27.5 物産25.0 という、こんな特別な施設をいれ、数字を盛っている。

体験は3つの例だけで、和紙工芸館の7.5%が引き上げている。

・ 平均を取る意味が見えない。むしろ高い数字のケースをいれることで、「粉飾」しているのは明らか。

③事業収支~ 最高の場合でも「建物」の更新費も賄いない。

 どの場所に、「道の駅」を設置するか、4つの案が示されてる。

 もっとも経済効果のある「ゾーニング1案」では、単年度収支は7千万円の利益だが、減価償却を考慮した場合  建物だけで7千万円強で、49万円の赤字。「道の駅」全体や「アクセス道路」を含めると減価償却は1億5千万円弱で、8千万円の大赤字になる。

(ゾーン2 単年度3838万円の赤字。ゾーン3 2838万円の赤字、ゾーン4 4633万円赤字)

④運営方式も、矛盾だらけ
・報告書は、DBO方式という建設、管理、運営を一体で民間が行う方式を推奨している〔起債で対応する以外は、PFiとほぼ同様の仕組み〕
その「利点」として「サービス向上」「民間のノウハウ活用」「安定した事業」などをあげているが、医療センターのPFIが失敗したことへの反省がない。
 しかも、この方式、民間は、もうからなかったら撤退ずればよく、なんの責任もない。PFIなどの手法の真の目的はリスク分担にある、と指摘されている。
たとえば、長期契約の条件に、30年間で「減価償却費」を回収する。達成できない場合は、その不足額を負担するなど明確にすべき。そうしたら、手をあげる民間はないだろう

・事業形態も不透明
最も有望とされる敷地A〔ゾーニング1〕は、市街地調整区域であるため、指定管理者が施設をテナントに賃貸することが不可。指定管理者が直営するか、テナントに入る事業者を連名させる方法しかない、と報告書にあり、「調整を要する」みたいなあいまいな記述になっている。
 それは、詳細な報告書には載っているが、概要版では隠されている。

⑤その他の疑義
★駐車場の広さ
 その面積を算出するに、全国的な指標である「キロ当たりの立ち寄率」を採用している。
が、その母数として「カワウソの里~浦戸~やす」を設定し、25キロとしているが、土佐市・新居のJA直販店「浜辺の駅 南風の郷」、旧吉川・天然色市場があり、それ無視しなければ10キロほどとなり、必要数は4割に低下する。

★道路幅
・桂浜公園の駐車場の利用台数1700台/日をもとに「8~9割が「道の駅」に来るとの想定」し、ピーク時など考慮し2000/日としている。
・そこから「2車線」としている。第三種第4級“山地部”6千台/日未満の規定。が、その1/3の台数。
・それなのに、路肩は0.75mの標準を採用し、0.5mにできる特例を採用せず。
・歩道は、標準値2mなのに0.5加えている。1キロ以上の坂道を、歩く人など皆無である。
・報告書では、それで計9.5mとしているが、8.5mや、景観・環境に配慮すれば、一方通行で、1車線も可能ではないか。
・結局、工事を盛ることと、市街地調整区域の開発に必要な「9m道路」を確保するためではないか、疑義がある。

■問題4 必要性の「ごまかし」

①みませ、浦戸地域の人口減少対応
 資料では、2060/2010比で
みませ-81.45%   浦戸-61.74% と高い。
現在407、1064人の地区で、実数では331人、657人の減。

が、みませ地域は、川の北側であり、「道の駅」との関連はほとんどない(直販所、防災など)
その「みませ」を入れることでの「印象操作」
 市内全体で大きく減るが、5割以上の地域では・・
五台山-53.19 1480人減  布師田-52.15 1172人減
 があり、「この地域」を特別視する意味は見えない。

★同時に、長期的なまちづくりのあり方として、津波襲来地域、長期浸水地域の人口集積をめざすのか?、そこを避けるまちづくりをするのか、という根本問題をスルーしている。
 また、日常的な買い物の場としては高台にあり、車をもたない高齢者は利用できない
 そうした問題には、県下的には、生活や経済活動の場として、集落活動センターの実践がある。
 なぜ、地に足のついた検討ができないのか。

②地元の経済活動の振興
 まず、報告書の内容を確認したい。
・事業所で、みませ、浦戸には、一次産業の事業所 0%となっている。
・農業は、高知市全体の資料しかない。
→ 出荷額、農家数の増加は合併によるもので、地域の分析なし
・漁業 3つの漁協がある。
漁獲高は、浦戸277トン、みませ281トン、春野64トン 
 金額では、ドロメ60%台〔1億23百万〕、2位の沖ウルメは4%〔765万〕、3位のメヒカリ2%強〔456万〕。

・県内外で、成功している「道の駅」の調査報告では・・
「鮮魚は取り扱いが難しく直売は少ない」「出店者は100、飲食50-100」「特産品、その場ですぐ食べられるもの」
~→高知市で提供できる魚は種類、量ともに少なく、ドロメは冬が旬。観光シーズンとずれる、いうもと、つまり、結局、県下全体から出店をつのらないと、店舗数を確保できない。地元振興とは関係なくなっている

③他の観光地との連携
「道の駅」の効果を謳うために、報告書では「対象地域周辺の観光施設」の項目がある。
「利用者の上位5施設〔高知城、美術館、坂本竜馬記念館、牧野植物園、アンパンマンミュージアム〕が30km圏内にある」となっているが、旧高知市内ならほとんどの地域が対象になっており、とってつけたような説明。

■問題5 「官民連携事業」だか「相手なし」

 この事業は、国の「官民連携事業」を採用をめざしているが、民からの積極的な動きはない。そこが、そもそもおかしい。報告書の調査結果も厳しい。

①事業者調査 出店に「関心あり」は15%
ひろめ市場の店舗で他にも店舗を出しているところ、観光協会・商工会議所登録の事業者など、選りすぐりの50社に対してアンケートを実施している。
・「とても魅力的」20.0%、「少しは」15.0%、「どちらとも」40㌫「あまり魅力ない」5%、「全然ない」15%
・出店について 「とても関心がある」15%、「少し」0、「どちらとも」35%、「あまり」10%、「全然」25%
と、報告書でも「出店意向は極めて低い」と指摘。〕
→ その改善のために、アクセス道の整備とか、31億円以外の予算措置を求めている。

②ヒアリング調査も厳しい声
 2つの農協と3つの漁協に聞いているが、主体者として積極的に関与する発言はない。それどころか・・
・農業団体B「高知IC周辺での道の駅、花海道沿いなら成立つかもしれないが、幹線道路沿いでないので、人がこないのではないか」
・漁業関係C 「鮮魚を売るのは非常に難しい」「立地が悪く集客に波がある」「品ぞろいと量が確保できるか。質の良い魚が先にスーパーに出て行く」
と、真剣に商売を考える人なら発するまっとうな意見。

 今、あれだけ多くの観光客のくる「日曜市」の出店者確保にも苦労している状況を無視している。
ちなみに、日曜市の活性化でいえば、〔すぐに食事できる〕などいこいの場として「西敷地」は、市が考えてるビル建設でなく広場で残すことの意義を「報告書」は示していると言える。

■問題6 防災も口実

①市は当初「防災道路」と説明してきたが、3月議会で、商業施設のアクセス道路と認めた。
急輸送道路は、県と市町村が連携し、1次から3次まで優先順位を明確にして計画的整備をすすめている最中。その途上に、突如「防災道路」・・・ 防災需要は数多ある。必要と言えばどこも必要だが、だからこそ限られた予算の中で「優先順位」を明確にして進めている。そのことを、前の議会で追及した結果が、今回の答弁。
 市民に対する誠実さ、説明責任を果たそうとする姿勢を、まったく感じられない。

②防災でもっとも重要なのは住宅の耐震化。これがないと逃げることもできない。が、県制度の導入に消極的で、今も県が進めている「代理受領制度」「段階的改修」にも冷たい。
・むしろ、地域からは、防風林としての役割を果たしている保安林の伐採など、急傾斜の多いところに、9.5メートルもの道路を通すことで「増災道路」との批判があがっている。

■問題7 住民への説明なし
・この構想は、策定委員会を経て、パブコメにかけたマスタープラン案を、策定委員会のメンバーにもはからず、内部で勝手に「高台利用」「防災道路」を書き加えたことが「根拠」となっている。
・さらに、与党会派が同趣旨の質問をし、その後、地域の町内会長名で出された要望(調査中であるが、町内会で議論された事実は確認できていない)
~ この2つが「根拠」になっているが、が、肝心の地元は、説明もないし、状況をしらいない、地域全体として要望が上がっているわけでもない。今、ようやく「地元説明」が持たれようとしている段階。

☆政治的立場は違っても「県民に説明できないことはしない」という、県政とは、雲泥の差がある

■問題7 観光行政の戦略性不明

国内は人口減であり、インバウンドが重視されている。
国内旅行者が多数くる桂浜公園の整備は重要(だから整備計画をストップさせるべきではない)だが、インバウンドには「龍馬」は切り札ならない事実を直視すべきである

「龍馬」から「よさこい」へ外国人への訴求ポイントを変えた高知県の決断 / 莫 邦富(モー・バンフ) [作家・ジャーナリスト] 2012年6月28日 ダイヤモンドオンライン


*「VISIT KOCHI JAPAN  県の外国人向けサイト
強調されているのは、食、自然・体験、ヨサコイ・ひろめ、高知城など。
「高知市1日コース」の案内では、桂浜滞在1時間となっている。今後、高知城歴史資料館ができれば、もっと短縮されるかもしれない。

 2.3日滞在するなら、1日は高知市かもしれないが、他は、四万十川、仁淀ブルー、天狗高原、室戸ジオパークなど、郡部に行くだろう。

~ 高知市は、高知県観光の入り口として重要であるが、他の地域との連携により、県全体の誘客にどうリンクするか、という発想が不可欠。「道の駅」は、まったく大局観のないとりくみ、と思う。

 これに31億円もかける。2000台/日という計画なら、アクセス道路の出入口周辺の整備ももとめられるだろう。急傾斜地が多くその対策ももとめられるだろう。大きく費用が膨らむことは、目に見えている。
 
 そのツケは、現市長が払うわけではない。市民が負担することになる。

« 熊本地震 元「慰安婦」の寄付、在日中国人が支援~中韓の反応 | Main | 国保 都道府県化へ大転換期を迎えた情勢と運動〔メモ〕 »

高知市政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 浦戸「道の駅」~ 目的不明、破たん明白な計画に31億円:

« 熊本地震 元「慰安婦」の寄付、在日中国人が支援~中韓の反応 | Main | 国保 都道府県化へ大転換期を迎えた情勢と運動〔メモ〕 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ