My Photo

« 消費税増税 本田参与の「凍結を」に続き、浜田参与も「かなりのリスク」 | Main | 温暖化と原発 ~信頼性が乏しい脆弱な戦力/ IEA/NEA報告の分析 »

性暴力の被害告発 根絶対策急げ 池内議員、圧巻の質問

3/11に、日本共産党の池内さおり議員が、衆院内閣委員会で行った「女性への性暴力問題」に関する質問。
AVポルノ被害、女子高生の性被害など女性に対する性暴力について、当事者に寄り添って国の役割を求めた。
“食べるところがない、寝るところもない。居場所のない少女に、裏社会の人間が声をかけからめとってく。、なぜ政治、国ができないのか”・・・ 鋭い問いかけに「勉強したい」「研究したい」と答弁の繰り返し。はっきりと課題をつきつけた、圧倒的な説得力で迫る質問。
【性暴力根絶対策急げ 女子高生の被害告発 3/11】

 経済的徴兵制と同じように、貧困と格差、競争と排除・・・社会のひずみが生み出す病理。

【質疑のスケッチ あくまでメモ者の主要論点の覚書】

・池内 2014調査 無理やりの性交 6.5% うち未成年 小学生以下11.1%など未成年が4割弱。
過去の調査も6-7%。恒常的に続いている。女性5436万人のうち340万人。
政府、社会あげて克服すべきき問題

・官房長官 もっとも許してはならない行為。深刻にうけとめている。教育、ゆるさない環境づくり、罰則の在り方の見直し、捜査の適正化が大事。被害者への親身で、心身にわたる支援、相談窓口の体制整備が重要。
・政府側 誰にも相談しなかった67.5%  恥ずかしかった、自分さえ我慢すれば・・が理由

・池内 緊急に必要なこと。現に被害をうけた女性への対応。あなたのせいではない。被害者だという強烈なメッセージが必要。

・政府 内閣府の調査で、防止策への回答では、被害者が早期に相談できる64.9%。家庭での教育64.4%。

・池内  被害者支援でワンストップの窓口、病院拠点型の支援センターが必要。国連では20万人に1か所との指針。日本国内で500か所必要。被害をうけた女性が立ち直る、自分の人生を自分が決める大切さ・・24時間、医療拠点型の支援が大切。予算的、制度的施策が大事。支援員の配置、育成が重要。医学部の講座、診療報酬の改定も必要。

・加藤大臣 きめこまかい配慮の必要性を実感。モデル事業を通じて、各都道府県に1件を実施していきたい。研究ながら対応していきたい。

・池内 加害者を減らす処置。内閣府の調査では面識のある人から被害を受けている。夫婦であっても、恋人であっても無理強いは犯罪であるとの認識が重要。女性差別撤廃委員会からも指摘されている。

・副大臣 配偶者のあいだの強姦罪、近親婚での犯罪規定 慎重に検討する。

・池内 JKビジネスの問題。国連報告の13%が援助交際していると発言。政府は根拠がないと反論。事実無根の数字は問題だが、では政府は実態を把握しているのか

・政府側 把握していない。把握しないと対策がとれないが、どう調査するか、勉強させていただきたい
・愛知県警 JKビジネスとは、少女の性を売り物にするむもの。児童買春、ストーカーの被害者となる、重大な被害者となる憂慮すべきもの。
 
池内 家出をしてきた少女と出会い。衝撃的な話。家庭、学校にも居場所がない。声をかけてきた男性の家で,望まない性交渉を受け入れてきた。問題は、こうした少女たちに誰が声をかけるか。今日、食べるものがない、寝るところがない少女に声をかけるのが裏社会の人達。本来、こうした少女に声をかけるのは政治、国の仕事と思うが。

・政府 民間の取り組みなどを見て、この問題の奥深さを勉強させていただきたい。

池内 裏社会の人たちは、携帯を与えたり、美容院代を出したり、学習支援までして少女が抜け出せない環境をつくっている。が、この問題にかかわる側、行政に偏見がある。意識の問題とか、相談にも冷たい対応。裏社会が出来る対応が、なぜ表社会ができていない。

・政府 対応について勉強したい。

池内 子どもを都合よく利用し、子どもが、助けてと言えない社会は異常。JKビジネスを規制する。そして絡めとられない措置をとることが大事。児童ポルノにたいする国連の指摘に対応すべき。

・加藤大臣 対応を勉強していきたい。
・河野大臣 報告には不正確な情報もあるが、憂慮すべき事態。

池内 絡め取られない施策。相談センターへの受けつけ時間が限られている。相談しても家族に連絡するのが普通。しかし、家庭に居場所がない少女にとって力にならない。24時間の相談体制、親身の支援が重要。裏社会は、受け止める体制をばっちりつくっている。なぜ、表社会ができないか。街に出て直接、声をかけるべき。裏社会をうわまわる手立てが必要ではないか。

・加藤大臣 民間との意見交換しながら、迅速な対応ができるようにしたい

・池内 入口はSNS。いま、どの子も裏社会との入口にたっているとの認識が必要。そして寝る場所がない、食事がとれない、という少女に、居住地で相談しろ、と突き放さない対応が必要ではないか。

・政府側 勉強し、とりくみたい /適切な啓発活動につとめたい

・池内 AVビデオと性被害の問題。本当に自らの意思で参加しているのだろうか。タレントにならないかの契約書で、わいせつな仕事をさせられ、AV撮影を、違約金をたてに強要させられた。女性は支援組織に相談し、裁判し、判決で「意に反するものだ」として無効がなされた。この判決後、支援組織の相談は、13年では1件だったのが、15件で79件、ことしは131件になっている。膨大な被害者がいるのではないか。この判決の内容をしらせるべきでは。

・政府 周知の仕方を検討したい。/警察としても厳正に対処したい。相談しやすい環境をつくりたい

・池内 裁判で明らかになった例を示したが、この契約がどれほど被害者を縛っているか。加害者が提訴できるのは、その背後に、莫大な違約金をはらった例があるのではないか。ヒューマンライツ・ナウが生々しい報告をしている。この裁判の内容の周知は、被害者とともに、本来被害を救済すべき司法、警察の関係者に徹底すべき。警察に相談したら、「契約書があるからしかたがない」と対応がなさた例がある。この判決の内容を徹底することが必要ではないか。

・政府 しっかり対応していきたい。

・池内 民間の支援機関の事例をみると危機介入の仕方が重要。相談者の都合にあわせて、即座に反応することが大事。相談者は、ギリギリの状態で、意を決して相談しており、即座に対応しないと、もう相談しないかもしれない。
 
・政府 しっかり対応したい

・池内 意に添わないAV映像がインターネットに流される。いったん映像がながれたら、そのつど何度もレイプされることになる。意に反した動画の削除、規制が大事。

・政府 一旦ながれた映像の削除はむつかしいが、取り組みたい

・池内 スカウトといわれる人が駅前で堂々と声をかけている。勧誘に関する法規制も必要。

・政府 この問題のとっかかりがスカウトにあるとすれば、何ができるか検討したい。

・池内 性暴力は、魂の殺人というべき、極めて重い犯罪。欲望のために、こどもを利用する社会であってはならない。上から目線でなく、被害をうけている人に寄り添った対応が必要。そして、憲法にそって、(性暴力の根絶に資する)民法の改正が必要。

« 消費税増税 本田参与の「凍結を」に続き、浜田参与も「かなりのリスク」 | Main | 温暖化と原発 ~信頼性が乏しい脆弱な戦力/ IEA/NEA報告の分析 »

ジェンダー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 性暴力の被害告発 根絶対策急げ 池内議員、圧巻の質問:

« 消費税増税 本田参与の「凍結を」に続き、浜田参与も「かなりのリスク」 | Main | 温暖化と原発 ~信頼性が乏しい脆弱な戦力/ IEA/NEA報告の分析 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ