My Photo

« 国連の幸福度報告書 日本53位、2年連続後退 | Main | 「TPPは上位1%を富ませるだけ」 元米労働長官 »

高知市 水道繰出し 約18億円不足。国の財政措置 約9億円失う

 公営企業においても、受益者負担に適さない事業には、一般会計からの繰出し基準が総務省から示されている。耐震化などはその代表例である。その分の繰出しは、半分が交付税措置される。

 06-15年の間、送水管線二重化事業、管路耐震化などに対する繰出し基準の不足額は、17億7732万円。それが市民負担となったうえ(収益悪化による将来の負担増の圧力になる)、繰出さなかったことで、市全体でいえば、8億8866万円の国の財政措置を失ったことになる。

 「財政危機」と言い、166億円も計画以上の改善をしながら、やるべきことをやっていない。いまも続いている。一方、投資的経費は急増。わかりやすく市民に説明していないことが、最大の問題。

ちなみに。地元紙は、こうした財政のごまかし(計画以上の大幅改善、国保繰り入れのサボだージュなど)、市民犠牲転化をスルーしているのは理解に苦しむ。
【のど元すぎれば…投資的経費急増 高知市政 2016/3】

【繰出しの状況】

●06年~16年 繰出し不足額 19億3800万円 /失った国の財政支援  9億7千万円?
 06年~16年        17億7732万円             8億8866万円

〔水道管路耐震化事業に対する出資債  充当率:100%  交付税措置:元利償還金の50%〕

●15年度不足額  3億1260万円                 ←決算剰余金の範囲では?
〔① 9810万円 ②2億420万円 ③1030万円〕…番号は以下の事業
                       失った国の財政支援   1億525万円

①送水管線二重化事業 1/2 (繰り出し基準)
・07-16年 事業費 41億5769万円 (16年分13億8317万円)
  12年は基準額繰出し
  13~ 4/10に留まっている )
★5億3330万円不足 (16年分1億3838万円)→06-15年 3億9492万円

②管路耐震化 1/4〔  〃  〕

・10-15年 事業費 47億8037万円
  まったく繰出しなし。
★ 11億9480万円不足        

③耐震性非常用貯水槽の設置1/2〔  〃  〕

 06-16事業費 7億8535万円 (16年分2億2300万円)
 09年までは基準で繰り入れ
4年間事業中止
14-16年 4/10分に留まる
★9540万円不足 (16年分2230万円)→06-15年不足分 7310万円  

④緊急遮断弁の設置1/2〔  〃  〕
  
 06-16年事業費 2億4473万円
07年~ 繰出しなし  
★8370万円不足          

⑤基幹構造物耐震化1/4〔  〃  〕
  
 06-16年事業費 1億2385万円
06年~ 繰出しなし  
★3080万円不足          

« 国連の幸福度報告書 日本53位、2年連続後退 | Main | 「TPPは上位1%を富ませるだけ」 元米労働長官 »

高知市政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/63361478

Listed below are links to weblogs that reference 高知市 水道繰出し 約18億円不足。国の財政措置 約9億円失う:

« 国連の幸福度報告書 日本53位、2年連続後退 | Main | 「TPPは上位1%を富ませるだけ」 元米労働長官 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ