My Photo

« 2016年国家予算の特徴(メモ) | Main | 沖縄県 都道府県で初の子どもの貧困率算出 »

伊方原発停止 記録的寒波でも供給に余裕

 記録的寒波におそわれた1月の最大電力は、松山で最高気温が3.3度だった19日の481万kw。ピーク値は昨冬の503万kwから減少。
同日の使用率は90%弱。9割とすると供給力は535万kWあったことになり、予備力54万kw、予備率11.2%。
 あさって2日には、飯田哲也氏を招いた学習会(6時より、共済会館、無料)で、「ピーク時に老朽火力停止による停電の懸念」という「主張」を、地域連係、他社受電の現状とデマンドサイドの対策などから、その「虚構」を明らかにする。
【伊方原発全停止、4回目の冬 安定供給に影響なし1/31】

【伊方原発全停止、4回目の冬 安定供給に影響なし1/31】


 四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)が全3基停止した状態で迎えた4回目の冬。県内は1月、記録的な寒波に見舞われたが、電力需給に関しては供給力に占める需要の割合を示す使用率が90%に達した平日は昨年12月以降、3日間だけ。おおむね80%台で推移し安定供給に影響は出ていない。
 使用率が90%と「やや厳しい需給状況」になったのは松山で最高気温が10度を下回り7.2度だった1月13日に加え、県内で大雪を伴う氷点下の地点が続いた25、26日の3日間。
 最大需要の記録は松山で最高気温が3.3度までしか上がらなかった1月19日の481万キロワットだった。
 一方、昨年12月の使用率は78~88%で推移。四電によると、四国4県の県庁所在地の平均気温は平年比プラス2.0度、前年比プラス3.6度と暖かく、需要減につながった。
 四電によると例年、冬季の最大需要が発生するのは2月が多い。一般的に、寒い日が連続すると需給状況が厳しくなる傾向があるといい、安定供給へ「気は抜けない」としている。


« 2016年国家予算の特徴(メモ) | Main | 沖縄県 都道府県で初の子どもの貧困率算出 »

原発・エネルギー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 伊方原発停止 記録的寒波でも供給に余裕:

« 2016年国家予算の特徴(メモ) | Main | 沖縄県 都道府県で初の子どもの貧困率算出 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ