My Photo

« 辺野古「問答無用」~ 佐賀オスプレイ見送り  「地元同意当然」と官房長官。 | Main | TPPここが問題―薬の知財保護を強化 »

「高知県・有効求人倍率 過去最高1.00」考

高知労働局発表。
○ 県内の有効求人倍率(季節調整値)は、過去最高となった前月の0.98 倍を0.02 ポイント上回る1.00 倍で最高値を2カ月連続で更新、前年同月を0.15 ポイント上回った。
○ 正社員有効求人倍率(原数値/パートを除く常用)は過去最高であった前月を0.02 ポイント上回る0.50 倍で過去最
高値となり前年同月を0.04 ポイント上回った。
  一見して、「いい方向」と言えるのだが、もう少し詳しく見たい。
【高知県の雇用失業情勢(平成27年9月分)】

①求職者の減少  〔全国的傾向だが・・・〕

・有効求職者数は、前年同月比4.7%(695 人)減の14,232 人となり、31 か月連続で前年同月を下回った。」
・有効求職者数  12年度平均 18,092人 13年度平均16,804人、14年度平均 15,225人

*「高知県の雇用・賃金情勢について」 2014年5月14日 日本銀行高知支店
「前回局面〔リーマンショック以前〕では、求人があまり増加せず、有効求人倍率は低い水準のまま推移した。その一方で、今回局面〔〃 以降〕では、まず2010 年から2011 年にかけては求人数の増加によって、また2013 年以降は求人数の増加に加え、求職者数の減尐もあって、有効求人倍率が上昇している〔図表6〕」

Data471

      
★人口減、若者の県外流出、また求職をあきらめたりとか、負の影響が、「効果」に反映している。これは喜べない。


② 正職員の求人は、医療福祉が中心〔「産業別・規模別新規求人の状況」より〕
・求人数 5551人 〔うちパートタイム2448人〕

・求人数の多い分野
 ①卸・小売業  1495人〔 〃 1137人〕
 ②医療・福祉  1238人〔 〃  371人〕
 ③宿泊・飲食   511人〔 〃  357人〕
 ④建設業     374人〔 〃   20人〕
 ⑤製造業     335人〔 〃   77人〕
 となっている。

・卸・小売の求人数はトップだが、76%はパートタイム
・医療福祉は、70%は、正社員。正社員の求人全体3103人のうち、867人、28%をしめている。

★過疎、高齢化が進む高知県において、医療・福祉のニーズは高く、雇用者数としても5.5万人と一番多い分野。
が、責任の重さにくらべ、処遇が低く慢性的な人手不足・・・という現実が浮き上がる。

これも喜べない内容。

« 辺野古「問答無用」~ 佐賀オスプレイ見送り  「地元同意当然」と官房長官。 | Main | TPPここが問題―薬の知財保護を強化 »

高知県政」カテゴリの記事

雇用・労働」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「高知県・有効求人倍率 過去最高1.00」考:

« 辺野古「問答無用」~ 佐賀オスプレイ見送り  「地元同意当然」と官房長官。 | Main | TPPここが問題―薬の知財保護を強化 »

September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ