My Photo

« 定着した原発ゼロの電力需給 ISEPレポート | Main | 原発は不良債権 ~四電財務資料から考える(メモ) »

介護事業所  報酬の大幅削減で、停滞・減少に流れが変わる                            

  4月より介護報酬の基本部分が4.48%削減された。人口密度が低く、経営的にきびしい地方では、事業の撤退、サービスの削減などが懸念される。

   高知市議会でも取り上げたが、「目だった変化はない」という部長答弁であった。
 
 が、居宅介護支援、居宅サービス、介護予防ビスのこの3年間の「産・廃止」と「新規・再開」の月ごとの推移を調べると、14年度、特に介護報酬の大幅削減が決定的となった今年になってからは、高知市では、明らかに事業所の減少へ、郡部でも停滞・減少へと、それまでの「増加」流れがかわってきている。

Data437

○居宅サービス、介護予防サービス  
・12.13年度 10数件の増  / 14年度 停滞・減少へ  
・1-5月期  14年度、増から減へ明らかに転換
  〔介護報酬が決定される時期とその直後は、より鮮明に傾向が出る可能性が高い。と、いうことで、1-5月期〕

Data438

○居宅サービス、介護予防サービス  
・1-5月期  今年に入れ、明らかに増加数の低下、減少に転じている。
・高知と違い、居宅サービスは増加傾向に変化なし。予防サービスも増えているが、増え方が3分の2に低下。
 (特に郡部では社会福祉協議会が事業を支えている側面が強いため、簡単に廃・休止となりにくいのではないか・・・要追跡)

 なお、高知県は、条件不利地の訪問介護・看護(訪問に20分以上かかる)に対し、県単で事業所補助金を出し、事業所の維持、確保に努めている。

« 定着した原発ゼロの電力需給 ISEPレポート | Main | 原発は不良債権 ~四電財務資料から考える(メモ) »

医療・介護」カテゴリの記事

高知市政」カテゴリの記事

高知県政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/61946894

Listed below are links to weblogs that reference 介護事業所  報酬の大幅削減で、停滞・減少に流れが変わる                            :

« 定着した原発ゼロの電力需給 ISEPレポート | Main | 原発は不良債権 ~四電財務資料から考える(メモ) »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ