My Photo

« 「日本が米軍を広範囲に支援する仕組みが整う」 米高官 | Main | 防衛指針  「血の同盟」への暴走 »

高知市・過去最高の議席占有率。後半戦14名全員当選

  高知市議選(定数34)6から7議席へ。過去最高の議席占有率。得票1065、率で3.22%伸ばし20.02㌫。党派別で単独第一党になった。
 はた愛さん3729票のトップで4選。議席復活の迫さん、新人の浜口さんが3千票の大台を超えた。
 県議選高知市区(定数15)で、つかじさちさんトップでの4議席確保に続く勝利。公明党は県議選に続き、市議選でも減票(947票)した。
 11200811_1588464248060501_379514906
 (今朝、市役所前で、県議、市議、春名参院比例候補による宣伝)


 宿毛市で新人山岡力に交代成功、奈半利町1、田野町2、土佐町1、黒潮町1、大川村1(無投票)確保で14人全員当選。後半戦の全員当選は史上初。さらに自力をつけ、空白克服、複数立候補と挑戦していきたい。

●低投票率について

 「誰に入れても同じ」とか、あきらめ気分があるのだろう。 我々ももっと頑張らないといけない。が、市政にかかわる重大な解明し、宣伝してきた。それが今回の躍進の力にもなった。

・財政再建計画が4年目の段階で190億円、5年目で166億円も計画以上に改善していること。
・改善ペースは、5年間で663億円。年132億円とのハイペース。急速な改善は「世代間負担の公平」という行政論から問題がある。
・高知市はもともと人的経費が低く、公債費のピークをすぎれば急速に改善する。それにもかかわらず、合併前より200人も削減する行過ぎた削減で、業務に支障がでている。また市民犠牲をおしつけた。
 → 13年度の避難道の予算が執行できない事態の報道では「技術職不足」をあげられた。市の新しい職員適正化計画で、不足していることを認めた報道もあった。
・国保会計に、厚労省も繰り入れるべきとしている一般会計からの繰り入れを12年間で58億円もサボってきたこと。
・新庁舎の震災時の職員参集計画。夜間・長期浸水では「ほぼ機能マヒ」におちいること。
などなど

・また、包括外部監査では、「アウトソーシングすることが目的化している」、「委託業務が漫然とおこなわれている」とか、「監査の指摘が生かされていない」ことが何度もとりあげられるなど、われわれも取り上げてきた重大な指摘もある

同時に、こうした市政の肝になる問題について、ほとんど報道されてないという印象がある。ここはメディアさんも頑張ってもらいたい。

また、公報を見ればわかるが、ほとんどの候補者が「防災」「子育て支援」「地域活性化」「高齢者福祉」など抽象的なことして言っておらず、どこに違いがあるかわからない。行動で判断しようにも、市議会は、いまだに個人毎の賛否が公表されていないので判断材料もない(知られたくない人がいるのだろう)。議会改革も課題である。

« 「日本が米軍を広範囲に支援する仕組みが整う」 米高官 | Main | 防衛指針  「血の同盟」への暴走 »

選挙・政党」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高知市・過去最高の議席占有率。後半戦14名全員当選:

« 「日本が米軍を広範囲に支援する仕組みが整う」 米高官 | Main | 防衛指針  「血の同盟」への暴走 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ