My Photo

« 再生エネ買取中断 「実績」でなく「認定量」で拒否 | Main | 実質賃金 -2.6% 14ヶ月連続減 2014.8速報 »

合併特例終了の影響額と新たな財政措置額 ~今後の推計   

 高知県の合併自治体の合併算定替の減少による影響額と、支所機能維持のため一本算定に追加される新たな財政措置の試算(2014年度の数字で算定/ 県議団が当局に依頼し試算してもらったもの)
 
「一本算定になれば財政が厳しい」と市民サービス抑制にかかっている声が聞こえる。

 そこで ◆一本算定による減少額 ◆支所機能維持のための新たな財政措置 ◆年間の財政改善額(推定)
によるスケッチで、おおまかな方向を確認してみた。

【合併した県下10自治体の状況】

①合併算定替の終了による交付税減少額
 84.36億円
②支所機能の財政措置〔一本算定に加算〕
  34.52億円 … 減少額の40.9%を手当て

2014101

★今後、交付税算定にあたり、面積と人口密度の低さの比重を増した見直しが実施され減少額の5割までが手当てされると推測される。<
~ 交付税の算定である「標準団体」 人口10万、面積160平方km /「平成の合併」で、3200余の自治体が1717となり、平均面積114.8平方kmから216.6平方kmに増加。その調整

③合併自治体の将来負担額の減少との比較
・多くの自治体は、将来負担の改善額(借金残高の減、基金の増が主な内容)が、一本算定による「減少額」よりも大きい。

Data358

・小さいのは、仁淀川町 5.5億円/6.42億円。四万十町 8.1億円/10.11億円
・支所機能加算、交付税算定の見直しが実施されれば、すべての自治体で「減少額」を上回り、多くのところはかなり大きな割合となる

→ 住民サービス増にとつめないと、単に「財政改善」のための「改善」がつづくことになる。そんなものは財政運営といわない。
  

« 再生エネ買取中断 「実績」でなく「認定量」で拒否 | Main | 実質賃金 -2.6% 14ヶ月連続減 2014.8速報 »

地方自治」カテゴリの記事

高知県政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/60404394

Listed below are links to weblogs that reference 合併特例終了の影響額と新たな財政措置額 ~今後の推計   :

« 再生エネ買取中断 「実績」でなく「認定量」で拒否 | Main | 実質賃金 -2.6% 14ヶ月連続減 2014.8速報 »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ