My Photo

« 「馬脚をあらわしつつあるアベノミクス」(メモ)  | Main |  「河野談話」否定の意見書  根拠示せず、数で強行     »

「再稼働と一体になった福島切捨て」を許さない

 笠井亮「原発再稼働ストップ、即時原発ゼロの決断を」〔前衛2014.11〕から「再稼動と一体となった福島切捨てを許さない」部分のメモ。

【再稼動と一体となった福島切捨てを許さない】

 安倍政権は、再稼働、原発輸出の環境づくりのため、収束も、除染も、賠償も「終わったことにする」という福島切捨て路線を推進。

■浪江町民の怒り、福島県民の痛切な声

・7/25 浪江町議会議長ら超党派場印が、党本部を訪問/ 賠償、支援の強化について要請
「事故がおこり、故郷を追われた避難生活がいかに辛いか。高齢者は病院に行く以外に外に出ない。四畳半~六畳の狭い場所を動かないのでうつ病になっている」
「子どもの世代が、5年、10年たってふるさとと思えるか、戻れるか」
「89歳の父が避難先でなくなった。あの戦争で中国戦線から命からがら帰ってきて、何で自分の家で葬式ができないのか」など痛切な声

<福島県調査>
・避難している家族〔県内外〕の49%が、二ヶ所以上に離れ離れでくらしている
・避難後、心身の不調を訴える世帯68%。原発関連死は1700名を超える。

■深刻さます汚染水問題

・原発事故は進行中、汚染水問題は、日々深刻さを増している
・敷地内で、毎日約6千名が被曝と事故の危険にさらされながら作業
〔メモ者 労災の増加。ベテラン作業員ほど被曝量が多くなり、作業から外れることに、〕
~ 国の現地事務所には、4月から1名増員されたものの18名のみ

・汚染水処理の「ALPS」 「切り札」とされながらトラブル続きで本格稼働のメドがない
・「地下水バイパス計画」専用井戸 トリチウムの上昇が続き、基準値を上回る~ 東電は、他の地下水と混ぜて「薄めれば捨ててよい」と海への放出を続けている。
 〔メモ者 トリチウムについては、人体の影響はほとんどない。とされているが、カナダ原子力委員会の1991 年の報告書 遺伝障害,新生児死亡,小児白血病の増加が認められている〕

・凍土壁 トレンチ内の汚染水処理のために凍らせようとしたが失敗。見通しがたってない。
〔メモ者  汚染水タンク、組み立て式の土木用仮説タンクのため、汚染水漏れがたびたび発生。今後、10年以上、溶け出した燃料を冷やし続けなければならない~汚染水が発生し続ける。タンクを増設しているが、綱渡りの状況〕

→ 再稼働に人と資金を裂くのでなく、事故対策に知恵と力を結集すべきである。

〔☆自公政権~ 国民の声を「完全にブロック」、原発利益共同体に「アンダーコントロール」されている。そして原発輸出と再稼働に「国が前面に出る」~というのが真の意味〕

■ 賠償打ち切りという冷酷な避難者切捨て

・切捨て政策推進~「避難指示」の解除/住民が戻らなくても一年後に避難にかかわる賠償打ち切り
・来年度までの「集中復興期間」を、現状を無視し延長しない方針 
~ 例えば、浪江町は、復興の前提である、除染などの復旧事業がようやく開始したところ

・原子力損害紛争解決センターの和解案を東電は相次ぎ拒否/拒否11件、9件が現在も協議中(河北新報)
→ 和解案の前提は、自動車の自賠責保険の最低基準10万円~ 自動車事故のケガはなおっていくが、原発事故は逆に被害が拡大している。/原子力損害賠償紛争審議会の指針自体が問題
→浪江町、民の要求 25万円上積み。和解案5万円。それでも東電は拒否 /国が様子見で責任を果たさず
/ 国の責任で、避難させておいて、賠償は東電まかせ、という無責任さ
〔メモ者 東電は、事実上破綻、国営ともいえる状況になっているにもかかわらず、「東電存続」=金融機関、株主救済を、最優先させている。〕

■除染を終わりにさせる

・汚染状況重点調査地域 住宅の除染計画 74市町村のうち「未完了」40市町村、少なくとも31万7千戸(6月末時点/「毎日」報道)

・「早く自宅に帰りたい」という願いを利用し、「避難指示解除」を推進
→ 「除染で放射線量が下がった」「除染を繰り返しても効果は限定的」と除染打ち切りへ/高い部分のみ対象へ
( 山林は手付かず(住宅から20m内のみ除染の対象)、今後もホットスポットの発生する可能性)

・政府は「年間追加染料1mSV以下」を事実上引き下げ。
〔 毎時0.23μSv。1年間の被ばく線量を、1mSv以下に抑えようとした場合に換算される空間の線量。
が、まったく達成されない。膨大な費用がかかる
→ そこで、個人の被曝線量が問題として、空間線量の目標を放棄/ 「自己責任に」。影響が心配される子どもが一日中、線量計をつけていると考えられない、の指摘 /しかも内部被曝を無視したもの 〕

★中間処理施設、最終処分場をめぐる問題の根本

事故の収束も、除染も、賠償・生活再建の責任もとらず、メドも示さず、後始末の話だけでもってきても住民が納得しないのは当然。信用ができるはずがない

« 「馬脚をあらわしつつあるアベノミクス」(メモ)  | Main |  「河野談話」否定の意見書  根拠示せず、数で強行     »

備忘録」カテゴリの記事

原発・エネルギー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「再稼働と一体になった福島切捨て」を許さない:

« 「馬脚をあらわしつつあるアベノミクス」(メモ)  | Main |  「河野談話」否定の意見書  根拠示せず、数で強行     »

June 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ