My Photo

« 性奴隷問題 政府国連広報強化~“ネオナチと同質”を宣伝? | Main | 拡大する格差~社会を不安定化、成長阻害 »

県内の国保 法定外繰入、5年で約7倍 /2013年度

 人口減もあり、加入者数は若干減少。滞納率も若干減少(取立ての強化?)
・財政安定化事業の基準額の繰入も前進。特に、地方単独事業波及分(いわゆるペナルティ分)などに対する法定外繰入が、08年度1.19億円、11年度3.85億円、13年度7.75億円と広がっている。13年度は、高知市が法定外繰入ゼロ、財政安定化支援事業の満額を実施したが、この12年間入れるべき一般財源を50-60億円もサボってきたことを追及。そうした論戦を各地で積み上げてきた成果である。
・ ペナルティ分=国庫負担金の削減は、県下で4億980万円。内訳は
子ども5980万円、ひとり親6560万円 重度障害児者2億8430万円
~ 重度障害児者医療費助成制度は、障害者自立法、後期高齢者医療の実施により、制度後退に直面したが、県が負担をし、制度を維持してきた。
・滞納者に対する資格書の発行では市町村の差が大きい。 

Data352


 国・県の交付金、一般財源の繰入、医療費の自己負担分を除いた保険料であつめるべき額が「調定額」である。ひとり当りの調定額に、12年度の数字だが国保診療費を一覧にし、ソートを掛けてみた。

 2割、5割、7割減免など低所得者の割合も影響するのが、医療費との繰り入れの関係をそれなりに見ることができる。
 また、医療介護総合法で、医療費抑制を都道府県にやらせる仕掛けを作ろうとしているので、各市町村の医療費の多寡については、今後の研究課題である。

Data354

 

« 性奴隷問題 政府国連広報強化~“ネオナチと同質”を宣伝? | Main | 拡大する格差~社会を不安定化、成長阻害 »

高知県政」カテゴリの記事

医療・介護」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 県内の国保 法定外繰入、5年で約7倍 /2013年度:

« 性奴隷問題 政府国連広報強化~“ネオナチと同質”を宣伝? | Main | 拡大する格差~社会を不安定化、成長阻害 »

June 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ