My Photo

« 若者の死因 自殺が1位はG7中、日本のみ | Main | 外形標準課税の中小企業への適用拡大には断固反対  全国商工会など4団体 »

実質賃金指数(14年4月) -3.1% リーマンショック以来の高率

◇実質賃金は、前年同月比3.1%減。10カ月連続減。決まって支給する給与はさらに大きく-3.8%
→ 厚労省の統計データを見ると
・総額では、リーマンショックの影響でボーナスが大幅減となった09年12月-4.7%以来の高率。
・決まって支給する額では、厚労省のデータが出ている06年7月以降、最大

◇一人平均現金給与総額は、規模5人以上で前年同月比0.9%増の274,761円。
◇一人平均総実労働時間は、規模5人以上で前年同月比0.6%減の149.7時間
◇雇用、一般労働者0.6%増、パートタイム労働者2.8%増
 →  実質賃金減の割合は、労働時間減の5倍。単価の安い労働の比率が高くなった。
【毎月勤労統計調査 平成26年4月分結果速報】
【勤労家庭の実収入〔4月〕7ヶ月連続減、前年同月比7.1%減 2014.5】

« 若者の死因 自殺が1位はG7中、日本のみ | Main | 外形標準課税の中小企業への適用拡大には断固反対  全国商工会など4団体 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/59757046

Listed below are links to weblogs that reference 実質賃金指数(14年4月) -3.1% リーマンショック以来の高率:

« 若者の死因 自殺が1位はG7中、日本のみ | Main | 外形標準課税の中小企業への適用拡大には断固反対  全国商工会など4団体 »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ