My Photo

« 大飯原発差止め判決の意義と行動提起 全国弁護団連絡会 | Main | 若者の死因 自殺が1位はG7中、日本のみ »

就学援助〔要保護〕の消費増税にともなう単価引き上げと自治体の対応

文科省は、消費税増税にともない「要保護」の支給単価を2.8%ひきあげた。が、自治体が実施した場合に2分の1が補助される仕組みなので、自動的に引きあがるわけではない〔事実、高知市は就学旅行費など1部分しか引き上げていない〕
普通、就学援助と表現される「準要保護」は、一般財源化されているので、「要保護」の支給単価引き上げに準じて、引き上げさせるかどうかは、さらに運動にかかっている。
子ども貧困が社会問題になっているときに、就学援助が実質切り下げを許してはならない。
  札幌市などでは、生活と健康を守る会などの運動により、いわゆる就学援助の単価の引き上げを行っている。 以下に通知と単価表

Data327


Data328


« 大飯原発差止め判決の意義と行動提起 全国弁護団連絡会 | Main | 若者の死因 自殺が1位はG7中、日本のみ »

反貧困」カテゴリの記事

地方自治」カテゴリの記事

教育・子育て」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/59751831

Listed below are links to weblogs that reference 就学援助〔要保護〕の消費増税にともなう単価引き上げと自治体の対応:

« 大飯原発差止め判決の意義と行動提起 全国弁護団連絡会 | Main | 若者の死因 自殺が1位はG7中、日本のみ »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ