My Photo

« 労働力調査14年1月 止まらない正規減、非正規増 | Main | 学校給食 直営の役割~基準確保、災害対応 »

憲法解釈変更「許されない」し「必要ない」 柳沢元副長官補

・イラク派兵を官邸で統括した柳沢協二元内閣官房副長官補。解釈改憲について「近代国家の立憲主義の精神からみて基本的に許されない」と批判。集団的自衛権そのものは「大国が中小国に軍事介入することを正当化する論理」、中国や北朝鮮の軍事的な動きには、個別的自衛権で十分対応できる。

・元内閣法制局長官の阪田雅裕氏「大変不当だ。法治国家の大原則に違反する」とも語っている。「そんなことが許されるなら立法府はいらない」「一内閣のよくわからない理屈で解釈変更するのは、法治国家の根幹にかかわる」

・若手弁護士が安倍首相におくった故・芦部信喜東大名誉教授の「憲法」には「民主主義は、単に多数者支配の政治を意味せず、実をともなった立憲民主主義でなければならないのである」「多数者支配の政治が何でも勝手に決めてしまうならば、もはや非民主主義的である。」
【憲法解釈変更を批判=柳沢元副長官補が講演 時事2/28】
【首相の「解釈改憲」 立憲主義を破壊する 社説・東京2/28】

【憲法解釈変更を批判=柳沢元副長官補が講演 時事2/28】

 柳沢協二元内閣官房副長官補は28日午後、参院議員会館で講演し、集団的自衛権行使を容認するため安倍晋三首相が目指す憲法解釈変更について「国民が政府に与えた権限はここまでだと明示するのが憲法の役割だ。政府が自分の自由度を広げるような解釈見直しは、近代国家の立憲主義の精神からみて基本的に許されない」と批判した。
 柳沢氏は「集団的自衛権は大国が中小国に軍事介入することを正当化する論理だ」として、過去に米国と旧ソ連が多用してきたと説明。首相の姿勢に関し、「政策目的がはっきり説明されていない。要するに(首相が)『やりたいから』としか説明がつかない」と語った。中国や北朝鮮の軍事的な動きには、個別的自衛権で十分対応できると強調した。
 柳沢氏は小泉内閣や第1次安倍内閣などで安全保障担当の官房副長官補を務めた。

【首相の「解釈改憲」 立憲主義を破壊する 社説・東京2/28】

 安倍晋三首相は「解釈改憲」をし、閣議決定すると述べた。集団的自衛権の行使容認のためだ。政権が自由に解釈を改変するなら、憲法の破壊に等しい。
 フランスの哲学者モンテスキュー(一六八九~一七五五年)は、名高い「法の精神」の中で、こう記している。
 「権力をもつ者がすべてそれを濫用しがちだということは、永遠の経験の示すところである」
 権力とはそのような性質を持つため、非行をさせないようにあらかじめ憲法という「鎖」で縛っておく必要がある。それを「立憲主義」という。

◆国家権力の制限が目的

 政治も憲法が定める範囲内で行われなければならない。先進国の憲法は、どこも立憲主義の原則を採っている。
 安倍首相はこの原則について、「王権が絶対権力を持っていた時代の主流的考え方だ」と述べ続けている。明らかに近代立憲主義を無視している。
 若手弁護士がバレンタインデーにチョコレートと故・芦部信喜東大名誉教授の「憲法」(岩波書店)を首相に郵送した。憲法学の教科書は「近代立憲主義憲法は、個人の権利・自由を確保するために国家権力を制限することを目的とする」と書いている。
 とくに集団的自衛権の行使容認に踏み切る憲法解釈の首相発言が要注意だ。日本と密接な外国への武力攻撃を、日本が直接攻撃されていないのに、実力で阻止する権利のことだ。だが、平和主義を持つ憲法九条がこれを阻んできた。首相はこう語った。
 「最高責任者は私だ。政府の答弁に私が責任を持って、その上で選挙で審判を受ける。審判を受けるのは法制局長官ではない、私だ」「(解釈改憲を)閣議決定し、国会で議論する」

◆自ら「鎖」を解くのか

 仮に首相が何でも決められる責任者だと考えているなら、著しい議会軽視である。しかも、閣議決定は強い拘束力を持つ。
 憲法という「鎖」で縛られている権力が、自ら縛りを解いて憲法解釈を変更するのか。しかも、選挙で国民の審判を仰げば、済むのか…。こんな論法がまかり通れば、時々の政権の考え方次第で、自由に憲法解釈を変えることができることになる。権力の乱用を防ぐ憲法を一般の法律と同じだと誤解している。やはり立憲主義の無視なのか。
 憲法九条で許される自衛権は、自国を守るための必要最小限の範囲である。「集団的自衛権はこの範囲を超える」と、従来の政府は一貫した立場だった。
 かつ、歴代の自民党内閣は解釈改憲という手法も否定してきた。集団的自衛権の憲法解釈を変更することに「自由にこれを変更するということができるような性質のものではない」(一九九六年)。「仮に集団的自衛権の行使を憲法上認めたいという考え方であれば、憲法改正という手段を当然とらざるを得ない」(八三年)などの政府答弁が裏付けている。
 元内閣法制局長官の阪田雅裕氏は講演で「六十年間、風雪に耐え、磨き上げられてきた相当に厳しい解釈だ」と述べている。
 集団的自衛権行使を認めると、海外で自衛隊が武力を行使できることになる。実質的に憲法九条は空文化し、憲法改正と同じ意味を持ってしまう。
 阪田氏は解釈改憲の手法を「大変不当だ。法治国家の大原則に違反する」とも語っている。「そんなことが許されるなら立法府はいらない」「一内閣のよくわからない理屈で解釈変更するのは、法治国家の根幹にかかわる」という厳しい批判だ。
 政権によって自由に憲法の読み方が変わるというのでは、最高法規が不安定になるではないか。解釈改憲は、憲法の枠を超越する、あざとい手段といえる。
 「選挙で審判を受ける」という論理も飛躍している。選挙公約には、国民生活などにかかわる“フルコース”の政策メニューが掲げられる。
 選挙で勝ったからといって、解釈改憲という重大問題について、首相にフリーハンドを与えるわけではない。
 そもそも憲法九九条には「国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ(う)」と定められている。首相は本来、現行憲法を尊重し、守らねばならない立場である。

◆多数者支配を許すな

 “芦部憲法”はこうも書く。
 <民主主義は、単に多数者支配の政治を意味せず、実をともなった立憲民主主義でなければならないのである>
 多数者支配の政治が何でも勝手に決めてしまうならば、もはや非民主主義的である。


« 労働力調査14年1月 止まらない正規減、非正規増 | Main | 学校給食 直営の役割~基準確保、災害対応 »

平和・憲法問題」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/59216483

Listed below are links to weblogs that reference 憲法解釈変更「許されない」し「必要ない」 柳沢元副長官補:

« 労働力調査14年1月 止まらない正規減、非正規増 | Main | 学校給食 直営の役割~基準確保、災害対応 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ