My Photo

« 公約投げ捨て、次ぎは民意を敵視  沖縄の自民国会議員  | Main | 「安全の徹底」で実現させたオスプレイ不参加 »

燃料輸入額増は、原発停止でなく、アベノミクスが主因

 2013年度の貿易赤字11兆4800億円。アベノミクスによる円安誘導により、輸入額(ドル建て取引が約7割のため)が大きく膨らんだことにある。一方、輸出額は、円安によって見かけ上増加しているが、肝心の輸出量は、逆に1.5%減少。
 安倍首相は国会で「燃料輸入の増加などによる貿易赤字」と述べ、原発停止の影響がさも大きいかのように印象操作している。実相について、政府よりの日本エネルギー経済研究所の永富悠研究員は6日のテレビ番組で語った内容が興味深い。

「原発停止による輸入増加というイメージがあるが」の質問に対し

・2010-13年の化石燃料の輸入額増加10兆円
うち
 量の増加分1.3兆円分
 価格高騰分6.1兆円
 円安の影響3.5兆円

と量以外の要因が8割以上を占めていることを示した。

・特にアベノミクスが本格化した2012年と13年の比較

 輸入の量  0.2兆円減少~省エネ、天候、経済動向などによる。
 価格の影響 1.3兆円に縮小~石炭価格の低下
 為替の影響 5.2兆円

 安倍首相は、「アベノミクスによる貿易赤字の拡大」と言うべきである。

 なお、日本エネルギー経済研究所が、原発再稼動による燃料費削減の試算をしている。
・9基稼働  原発稼働0に対して3000億円程度の貿易赤字縮小。
        kWhあたり0・3円低下
   
      永富氏は「家庭用電気料で2%弱」と説明している。

« 公約投げ捨て、次ぎは民意を敵視  沖縄の自民国会議員  | Main | 「安全の徹底」で実現させたオスプレイ不参加 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

原発・エネルギー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 燃料輸入額増は、原発停止でなく、アベノミクスが主因:

« 公約投げ捨て、次ぎは民意を敵視  沖縄の自民国会議員  | Main | 「安全の徹底」で実現させたオスプレイ不参加 »

July 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ