My Photo

« 日米合意守るなら防災訓練のオスプレイ参加は無理  | Main | 内部留保の増加は、需要不足が原因 経団連 »

バレンティン、イチロー 外国人の偉業への眼差し

 異国から来た選手が、国内記録を突破する・・・それをどう許容し祝福できるか。イチローはその活躍で、殿堂入りが確実視されている。単打を重ねるスタイルに雑音はあっても、基本の評価は変わりない。
 そこでバレンティン選手が新記録をつくったらどう受け入れるか・・・興味がある。
 新記録なら、それこそ各メディアが日本人同様扱うか・・オリンピック精神にもつながる大事な問題と思っている。
【バレンティンが今季54号 王貞治らの最多記録に王手 共同9/10】

 地域や国とか、枠組みはいろいろあるが・・・出身は本人の責任ではない。さまざまな条件のもとで、限界を突破する努力に国境はない。メディアに出るなりで、人となりを知っているので、日本のこの選手、チームに頑張ってほしい、という感情はあるが、同じスタンスで対戦相手の外国の選手にも物語があるんだろうな、と想像するので、最後はアクシデントがなく、悔いなく・・という感じになる。同じ地球人じゃない。

 そのことと関係するのだが、夏のオリンピック…せめて最高気温が25度くらいのところにならないのだろうかと思う。アスリートが最高の状態で挑戦できることを第一に考えては・・・といつも思う。

【バレンティンが今季54号 王貞治らの最多記録に王手 共同9/10】

 プロ野球ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(29)が10日、東京都新宿区の神宮球場で行われた広島戦で今季54号本塁打を放ち、1964年の王貞治(巨人)、2001年のタフィー・ローズ(近鉄)、02年のアレックス・カブレラ(西武)の持つシーズン最多55本塁打のプロ野球記録にあと1本と迫った。
 バレンティンは一回に前田健太投手から左中間へ2試合連続となる本塁打を放ち、1985年のランディ・バース(阪神)に54号で並んだ。
 バレンティンはオランダ領キュラソー出身。米大リーグのマリナーズとレッズを経て11年にヤクルト入りし、2年連続で本塁打王に輝いている。

« 日米合意守るなら防災訓練のオスプレイ参加は無理  | Main | 内部留保の増加は、需要不足が原因 経団連 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference バレンティン、イチロー 外国人の偉業への眼差し:

« 日米合意守るなら防災訓練のオスプレイ参加は無理  | Main | 内部留保の増加は、需要不足が原因 経団連 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ