My Photo

« 就業構造~ 非正規38%、所得300万未満 55%へ上昇  | Main | 3年目の夏 ~原発ゼロ/電力供給に余裕、経済的にも合理的  ISEP »

1%の「みんな」のための党~ベーシックインカム論

 みんなの党は、徹底した市場原理主義の党である。「○○前にやることがある」と本質を見えなくしているが・・・
 政見放送では、「市場原理主義」批判を気にして「セーフティネットを張ってるのが小泉改革との違い」と、ベーシックインカムに言及している。
 低所得者にも、一定の社会保障につかえる給付をし、個人のライフサイクルにあわせ、医療、介護。子育てなど選択して使えるといっているが・・・
ベーシックインカム論は、社会保障の現物給付を土台にしないと、まっすぐバウチャー制度・新自由主義に直結する。

【ベーシックインカム論~資本主義による「貧困」から考える 2012/7 】

 要は、国や自治体による医療・福祉のサービスを提供する責任(提供組織への補助金や交付金、利用料の制限)を廃止し、個人への金銭などの給付にきりかえ、市場にまかせ、自己責任で買ってくれ、いいサービスには希望があつまり、悪いサービスは市場で淘汰され、効率的で質のいいものが市場を通じて提供される、という新自由主義の元祖・フリードマンが唱えた話と同質のもの。

 いいサービスには、高いお金がかがる(混合診療など)、それはベーシックインカムだけでは足りない。低所得者には、低いサービスというということでしかない。もとろん、営業がなりたたないような地方には、サービス提供主体も進出しない。

 人権としての社会保障は解体される。

 こうして、総額としての社会保障予算を抑制(富裕層の負担を抑制)するとともに、その分野を市場化し、儲けの対象にしようというもの。誰のためか。1%の富裕層のため。日米財界が熱心なTPP推進にもあらわけている。

 この政党は、政策でごまかすだげでなく、共産党への誹謗も酷い。
「なんでも反対の共産党」と演説してまわっているとのこと。
 
 国会の法律は六割は、全会一致でとおっている。(共産党は、建設的提案もしている。)
 そんなことは周知の事実だ。それを知っていながら、堂々とウソを言える体質に・・この党の本質がある。

« 就業構造~ 非正規38%、所得300万未満 55%へ上昇  | Main | 3年目の夏 ~原発ゼロ/電力供給に余裕、経済的にも合理的  ISEP »

公務の民営化」カテゴリの記事

選挙・政党」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/57797513

Listed below are links to weblogs that reference 1%の「みんな」のための党~ベーシックインカム論:

« 就業構造~ 非正規38%、所得300万未満 55%へ上昇  | Main | 3年目の夏 ~原発ゼロ/電力供給に余裕、経済的にも合理的  ISEP »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ