My Photo

« 共産党:「いま一番政党としてしっかりしている」 河野洋平氏 | Main | 福島第1 地下水・港湾 汚染拡大 ~再稼動申請の資格なし »

尖閣 日本提案~「外交問題」として対処、中国の主張妨げず 

 「領有権は明確」だが、「領土をめぐる問題が存在」していることは明白で、外交・対話でしか解決しない、という日本共産党の提案の線での対応である。これしかない。
 なお「棚上げ」論が存在していることは、政界の常識である。だから構造物をつくらない、渡航を許可しない、という対応をしてきた。79年、読売が社説に書いたほどである。
 Senkakutanaage

 当時、交渉にかかわった栗山尚一・元外務事務次官は、「暗黙の了解」から明確な合意へ、と提案している。(赤旗7/3)

【日本「外交問題」として対処 尖閣、中国の領有権主張妨げず 共同7/8】

【日本「外交問題」として対処 尖閣、中国の領有権主張妨げず 共同7/8】

2013年7月9日 02時00分
 沖縄県・尖閣諸島の領有権をめぐり日中が対立している問題で、日本政府が先月、中国政府に「領土問題の存在は認めないが、外交問題として扱い、中国が領有権を主張することは妨げない」との打開案を提示していたことが8日、分かった。複数の日中関係筋が明らかにした。
 昨年9月の尖閣国有化後、「日本が領土問題の存在を認める」ことを首脳会談の条件としてきた中国側に対する「回答」の形だが、“満額”ではないため、受け入れられるかどうかは未知数だ。
 打開案は先月訪中した谷内正太郎内閣官房参与が示した。日中関係の障害となっている「外交問題」として扱い、事態の沈静化を図るのが狙い。
(共同)

« 共産党:「いま一番政党としてしっかりしている」 河野洋平氏 | Main | 福島第1 地下水・港湾 汚染拡大 ~再稼動申請の資格なし »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/57754979

Listed below are links to weblogs that reference 尖閣 日本提案~「外交問題」として対処、中国の主張妨げず :

« 共産党:「いま一番政党としてしっかりしている」 河野洋平氏 | Main | 福島第1 地下水・港湾 汚染拡大 ~再稼動申請の資格なし »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ