My Photo

« 九条改憲と領土紛争 | Main | 米軍機訓練~事前に国交省に飛行プラン提出~政府交渉で確認 »

土電・暴力団問題 主体性ない高知市政

 高知市が、昨年度分の執行を保留していた補助金部分の凍結を解除した。
 理由は、出納閉鎖期間が5月末に迫っていること。「市民の生活に影響が出る」とのこと。
 
 つまり、今年度分も同じ理由で解除・・・となる論理構造である。
 
 最大の問題は、主体性がなく、どうしたいのかもわからない点。
 土佐電の報告書にどう対応したのか・・・

 県は、

  報告書に対し、自浄能力がない、社長・会長が辞任しても体質はかわらないと判断し、
  再調査を要求。県OBをふくめ外部委員をいれることなども提案。
  JALなどに県の対応を説明し、撤退を防止(1億を越える手数料がなくなれば破綻する)。
  
この機会に、まともな企業として再生させる(形がかわっても)という腹である。

  高知市はなにをしたのか。

  市長が見解をだしたわけでもなく
  市として報告書の評価と対応を検討した節もなく、土電に何か発したわけでもない

  ・・・ 県におまかせ。何も考えてない。

 談合問題でも同じ。県と違って短縮の請願が議会で採択されていないのに、独自の調査や判断基準ももだず、県に追随。

  ここでも市長が何か発言したわけでもない。本会議にかけ、首長みずからが説明したわけでもない。
  しかも、県は、談合防止として、再犯の場合は、短縮した期間を倍にして追加することを明確にしたが、それも明確にしていない。

  1つ1つの判断・行動が、行政の質を築いていくということにあまりにも無頓着である。

 こうして見ると、南海地震対策で、県が高知市とカウンターパートナー(対等の関係)の協定結んだ意味が見える。
 各部門で実務レベルで課題を洗い出して詰めていく。任せてはおけない・・・ということだろう。

政府交渉でも、高知市を襲う長期浸水について、内閣府は何の議論もしていない、とのこと。どんな情報発信をしてきたのか。長期浸水対策で、農業用排水ポンプは国の補助事業がない、とレポートされていたが、それも3.11後、創設されていた。
   なににつけ真剣さが伝わってこない。
 
  県の対応は賢明な判断であるが、なんとも情けない。

« 九条改憲と領土紛争 | Main | 米軍機訓練~事前に国交省に飛行プラン提出~政府交渉で確認 »

高知市政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 土電・暴力団問題 主体性ない高知市政:

« 九条改憲と領土紛争 | Main | 米軍機訓練~事前に国交省に飛行プラン提出~政府交渉で確認 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ