My Photo

« 米軍機訓練~事前に国交省に飛行プラン提出~政府交渉で確認 | Main | 沖縄近海での中国船操業「黙認」〜 自民政府の「書簡」が原因 »

物価高でも、年金が増えない仕組~安倍首相の虚言

アベノミクスが「物価上昇2%」をかかげている。

 安倍首相は、4月17日の党首討論で「「物価が上がれば物価スライドするから、年金は上がる」と発言しているが詐欺に等しい。

 年金は、単純な物価スライドではなく、賃金変動率と組合されている。賃金アップの壁がある。
 さらに「マクロ経済スライド」のスライド調整率0.9%という壁がある。
 
 しかも、実際には下がる事は決定されている。  
 
 年金額決定のしくみは概略以下のようになっている。

年金額決定のしくみは概略以下のようになっている。

1.物価・賃金の動向の反映

 ①前年の消費者物価変動率、②過去(前々年度以前3年間)の賃金変動率(被用者年金加入者の平均標準報酬月額の変動率)の組み合わせで決まる

 「①<0%」のとき①
 「0%<②<①」のとき②
 「②<0%<①」のとき0% 
  
・物価2%あがっても、 

  賃金が1%増なら、年金は1%しか上がらない。
  賃金が下がれば、年金上がらない。
             ということ  
  
 これが第一関門。  
 
 しかも賃金変動率は、5~3年前までの3年間の数字なので、仮に今賃金があがっても反映は数年後。賃金はこの間、下がりつづけているので、すぐには年金はあがらない。


2.「マクロ経済スライド」 スライド調整率0.9%の適用

 公的年金の被保険者数の減少率(実績値)と平均的な年金受給期間(平均余命)の延び率を勘案した一定率で、2025年までは、スライド調整率は平均0.9%

a 賃金(物価)アップ 0.9%以上  → 調整率0.9%分削減
              2.0%増なら、1.1%増に抑制
b 賃金(物価)アップ 0-0.9%未満 → アップゼロになるよう調整率を部分適用。 
c 賃金(物価)ダウン        → そのまま反映。調整率を適用せず

Data203
*第3回社会保障審議会年金部会 平成23年9月29日 資料より

 物価(賃金)が0.9%を超えてアップしないと年金はあがらないし、アップ率から0.9%が差引かれる。
 これが第二関門。

つまり・・・

 アベノミクスで2%物価があがっても、年金は当面はあがらないし、賃上げが反映して上がったとしても物価にはとても追いつかない。ということ。
  
   
◆準備されている年金引下げ。
①2013年4月から 男性の厚生年金受給が 「60歳→61歳」に

②受給額 2013年から3年かけて2.5%も減額
2013年10月=1%減
2014年4月=1%減
2015年4月=0.5%減
合計=2.5%減

 物価下落分を反映されてなかった特例措置の「是正」という説明だが・・・ 

・物価下落分の「差額」は1.7%。
 1998-2010年の物価下落3.6%、年金給付減1.9% →差額1.7%
・なぜ「2.5%」なのか・・・
07,09年に物価上昇(1.7%)したが、賃金が上がってないため0.9%に「本来水準」を抑制。この0.8%分が「上乗せ」された格好になっている。

« 米軍機訓練~事前に国交省に飛行プラン提出~政府交渉で確認 | Main | 沖縄近海での中国船操業「黙認」〜 自民政府の「書簡」が原因 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

社会保障」カテゴリの記事

Comments

こんにちは
アベノミクスで格差はますます広がることでしょう。
結果、閉塞感はますます深まり、政情不安につながるのではないでしょうか

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 物価高でも、年金が増えない仕組~安倍首相の虚言:

« 米軍機訓練~事前に国交省に飛行プラン提出~政府交渉で確認 | Main | 沖縄近海での中国船操業「黙認」〜 自民政府の「書簡」が原因 »

October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ