My Photo

« TPP NZ貿易相、米議会~「全ての品目が対象」 | Main | 歴史を直視できない安倍首相 WP紙 »

値上げ申請・事業報酬はガッチリ確保 四電

 「7月からの再稼働は難しい。だが再値上げはしない」と四電。さも頑張っているような印象を与えているが、08年と今回(13-15年)の料金申請を見ると、事業報酬は296億円と292億円とほぼ同じ。
コスト圧縮しても赤字625億円、だから値上げだ、というがその半分は事業報酬。ガッチリ確保している。その「余話」があるからだろう。融通収入など電力販売収入が607億円も減っているにもかかわらず・・・である。

【中部電、純損失321億円=中国・四国も赤字-13年3月期 時事4/26】

 時事通信によれば、2012年度の四電の純損失は428億円。四電の資料では「760億円程度の経常赤字」の見込みとなっていた。330億円の差がある。

 資産売却でもして特別利益が出たの??  そもそも760億円が脅かしだったのか・・・ 

【中部電、純損失321億円=中国・四国も赤字-13年3月期 時事4/26】

 中部、中国、四国の3電力は26日、2013年3月期連結決算を相次いで発表した。純損益は、中部電が321億円と2期連続の赤字となったほか、四国電も428億円と過去最大の損失を計上。前期は24億円の黒字だった中国電力は219億円の赤字に転落した。原発の停止に伴い、代替となる火力発電用の燃料費が各社の経営を圧迫している。
 中部電は人件費削減などの経営効率化に取り組み、赤字幅は12年3月期の3分の1に圧縮した。しかし、円安で燃料の調達費用が増大していることなどが打撃となり、14年3月期は850億円の純損失に陥る見通しだ

« TPP NZ貿易相、米議会~「全ての品目が対象」 | Main | 歴史を直視できない安倍首相 WP紙 »

原発・エネルギー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 値上げ申請・事業報酬はガッチリ確保 四電:

« TPP NZ貿易相、米議会~「全ての品目が対象」 | Main | 歴史を直視できない安倍首相 WP紙 »

June 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ