My Photo

« 米国 食肉の5-8割で耐性菌検出 | Main | 高齢者の肺炎球菌ワクチン接種補助~高知県 »

生活保護の増加  自公政治の結果 ~四万十市でのデマ

 生活保護の増加を首長の責任にする。四万十市でおこっている自公のネガティブキャンペーンは、天に唾するものであり、モラルのかけらもない低俗な内容。
 グラフにあるように、全国的に生活保護が急増している。消費税増税・医療負担の9兆円増に端を発し、非正規雇用の拡大、社会保障削減という「構造改革」とそれによる深刻なデフレ不況の結果。
自公政治がもたらしたことは明らか。
Data198


◆高知県 の報告より
・生活保護状況と最近の推移

 本県の生活保護の動向は、地域的な特性から時期的に若干のずれがあるものの、大局的には全国とほぼ同様に推移している。
昭和50 年度以降の生活保護世帯数及び被保護人員は、短期的に増減の変動があるものの、長期的には減少傾向を辿っており、全国から遅れること2年後の平成9年度に底に達し、被保護世帯数8,865世帯、被保護人員12,115人にまで減少していた。しかし、平成初期からの景気低迷等の影響を受けて平成10年度から増加に転じ、平成22年4月
現在における県内の被保護世帯数は14,192世帯、被保護人員は19,259人と大幅に増加している。

 と認めている。自公の言い分なら「尾﨑県政のもとで生活保護が急増した」ということになる。そんな主張ができないことは明白。そこに原因がないからである。
 ちょっと調べたらわかるデマを平然とまきちらす。その感覚が恐ろしい。
 
 Data199

 市町村の保護率でも四万十市は普通である。
 少なければよい、というものではない。県下最低の宿毛市の保護行政のひどさは有名。県議会でもとりあげた。

◆「中央・県とのパイプ」論・・

いまだにこんなことを言っている。時代錯誤も甚だしい。
 だいたい、今日の多くの自治体の財政危機の発端は、80年代末のリゾート開発から、90年代の「都市間競争」の名のもとでの巨大開発を、国の政治を地方の実情を無視して取り入れた結果であることを、いまだに反省していない。
 今日の高知県があるのは、そうしたバブリーな施策を拒否してきたからである。

 さて、革新自治体ではカネがこないというバカなことをいっているが、自公勢力のおす人の父親は、革新村政の村長だった。
 農産物の価格保障制度、保健医療活動などで大きな実績をあげ、全国的にも注目された。
この人は、親が地域をすたれさせた、という認識なのだろうか。

« 米国 食肉の5-8割で耐性菌検出 | Main | 高齢者の肺炎球菌ワクチン接種補助~高知県 »

選挙・政党」カテゴリの記事

生活保護、母子福祉」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 生活保護の増加  自公政治の結果 ~四万十市でのデマ:

« 米国 食肉の5-8割で耐性菌検出 | Main | 高齢者の肺炎球菌ワクチン接種補助~高知県 »

November 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ