My Photo

« 全原発の活断層調査は当然。が、直下型地震の危険は?  | Main | 働く母親の給与格差 先進国最大 OECD報告 »

震災のせい? 新自由主義の結果~「専業主婦願望」

 内閣府の調査で「妻は家庭を守るべき」に賛成との回答が51%。初めて増加に転じ賛否が逆転。内閣府の担当は「東日本大震災後の家族の絆をより重視する傾向の表れとみられる」と語ったというが・・・
 すでに、08年の社会保障・人口問題研究所の調査で、「専業主婦」が増加に転じている。29歳以下の伸びが特に顕著で、その要因として雇用環境の悪化、仕事に希望がもてない状況、子育ての両立のむつかしさから「収入のある相手とめぐりあって・・・」という「憧れとしての専業主婦」を示したとしていた。この流れが、長引く不況のもとで、さらに明確になったものといえよう。産経でさえ「?」をつけている。
【震災のせい?「妻は家庭を守るべき」51% プラス10ポイント、初の増加 産経12/15】
【「専業主婦願望が増えているって本当?」2010 福井県男女共同参画 】
【「勤労生活に関する調査」 労働政策研究・研修機構 2012/5/8】

「勤労生活に関する調査」労働政策研究・研修機構(2012/5/8)も、それを裏付けていると思う。

 「終身雇用」に支持率は、年代が下がるにつれて低下する傾向にあった。が、07年の調査ですべての階層で8割を超えている。
20代の支持率は、2001年から3年ごとの調査で、64.0%、65.3% 81.1% 84.6%。と、07年に急激に伸びている。年功賃金についても支持率は、54.1%、56.1%、75.5%、74.5%となっている。
 04年は、製造業の派遣労働が解禁、格差と貧困の拡大が社会問題として顕在化してきた時期である。そして08年9月のリーマンショック・・・ 

 これらの意識変化は、若者の晩婚化、非婚化、貧困化、そして少子化・・・ その実態の反映といえる。

【震災のせい?「妻は家庭を守るべき」51% プラス10ポイント、初の増加 産経12/15】  内閣府が15日発表した「男女共同参画社会に関する世論調査」で「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」との考えに賛成する人が51.6%と平成21年の前回調査から10.3ポイント増えたことが分かった。4年の調査で60.1%を記録して以来、毎回減少していたが、初めて増加に転じた。内閣府の担当者は「東日本大震災後の家族の絆をより重視する傾向の表れとみられる」と分析している。  反対は前回比10.0ポイント減の45.1%。賛成を性別で見ると、女性は48.4%(前回比11.1ポイント増)、男性は55.1%(9.2ポイント増)だった。賛成は各年代でいずれも前回より増加しており、中でも20代は19.3ポイントの大幅増となっている。  調査は10月に全国の成人5000人を対象に面接で実施。回収率は60.7%。


« 全原発の活断層調査は当然。が、直下型地震の危険は?  | Main | 働く母親の給与格差 先進国最大 OECD報告 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

雇用・労働」カテゴリの記事

ジェンダー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 震災のせい? 新自由主義の結果~「専業主婦願望」:

« 全原発の活断層調査は当然。が、直下型地震の危険は?  | Main | 働く母親の給与格差 先進国最大 OECD報告 »

August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ