My Photo

« オスプレイ 高専上空を編隊飛行/合意無視、乱気流対策は未整備 | Main | 東電 10兆円の財政支援要求 ~市場原理では存在しえない原発 »

住宅耐震化・家具転倒防止補助 実施状況  高知県内

①民間住宅の耐震化について
 県は耐震工事に独自に上乗せして90万円まで、耐震設計にも20万円の補助。耐震化は、非木造住宅、ブロック塀対策(20万円)と拡大している(県独自分は、県・市町村折半)。
 その市町村の導入状況・・・

○住宅耐震補助 34全市町村 ○非木造 21 ○ブロック塀18

②家具転倒防止器具設置補助

○取り付け補助 16自治体 ○講習会開催 3自治体

~ 市町村実施一覧表は下段。

◆耐震改修
・これまで1702件の実績
・一件の工事費 平均170万円。1/3が100万円以下、7割が200万円以下
・耐震改修時にあわせてリフォームも実施する場合が多く。工事費の平均は290万円
 (経済対策としも効果が大きい)

◆ブロック塀
・避難路に面していることが条件で、避難計画ができてないことで導入していない場合が多いが、避難に関係ない道というのは限られるのではないか、と思う。幅広く考える必要がある。

Data166

◆家具転倒防止
・自主防災組織の支援などに使われる「みんなで備える総合防災事業」の一環。
・芸西村が「防止金具」の購入に上限1万円の補助を11月からはじめている(予算は100件分)。

Data167



« オスプレイ 高専上空を編隊飛行/合意無視、乱気流対策は未整備 | Main | 東電 10兆円の財政支援要求 ~市場原理では存在しえない原発 »

南海大地震、防災」カテゴリの記事

高知県政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/56082903

Listed below are links to weblogs that reference 住宅耐震化・家具転倒防止補助 実施状況  高知県内:

« オスプレイ 高専上空を編隊飛行/合意無視、乱気流対策は未整備 | Main | 東電 10兆円の財政支援要求 ~市場原理では存在しえない原発 »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ