My Photo

« 「可能な限り」 オスプレイ安全合意、原発ゼロ公約の共通点 | Main | 「生活保護制度の見直しに関する論点」の問題点に関する意見 日弁連 »

いつか来た道~ 国債の日銀引き受けで公共工事バラマキ 自民総裁

自民党の安倍総裁は、17日の講演で、「やるべき公共投資を行い、そのための建設国債を、できれば日銀に全部買ってもらうことで、新しいマネーが強制的に市場に出ていく。景気にもよい影響がある」と述べたとのこと。
景気対策にも役ただないムダな公共事業をばらまき、莫大な借金をつくりだした90年代の失政と同じ道。財政危機と言って消費税増税をおしつけ、景気の破壊をすすめながら、とんでもない主張。
【選挙戦で金融緩和と日銀の役割も論点に NHK 11/19】

 安倍総裁は、デフレ脱却に日銀のいっそうの金融緩和を主張している(前原氏も同じ)。カネはだぶついている投機資金にながれるだけ。需要がないので金がまわらない。その最大の原因は、経済の主力である国民の消費の低迷。
 金を供給すれば景気が回復するという原因と結果をあべこべにとらえたお粗末な議論。自民党で、経済・財政破たんはいっそうひどくなるのは必至。

 なお社会資本の維持・補修が、公共工事のメインとなっていく、新規の大型工事はできるだけ抑制し、生活に密着したものに転換、厳選していく必要がある。
 防災対策も「逃げる」を基本に、住宅、医療・福祉施設の耐震化、避難道の整備などが求められている。

【選挙戦で金融緩和と日銀の役割も論点に NHK 11/19】

野田総理大臣は、自民党の安倍総裁が、公共事業の財源に充てるために発行される建設国債を日銀が引き受けることを検討する考えを示していることについて、「財政規律が緩むことになる」などと批判しました。
衆議院が解散され、各党が事実上の選挙戦に入るなかで、デフレからの脱却に向けて、金融緩和と日銀の役割も、今後、論点の1つになりそうです。
自民党の安倍総裁は、17日の講演で、「やるべき公共投資を行い、そのための建設国債を、できれば日銀に全部買ってもらうことで、新しいマネーが強制的に市場に出ていく。景気にもよい影響がある」と述べ、政権に復帰した場合、公共事業の財源に充てるために発行される建設国債を日銀に引き受けさせることを検討する考えを示しました。

これに対し野田総理大臣は、イギリスのフィナンシャル・タイムズのインタビューに答え、「日銀による建設国債の直接買い入れを実施すれば財政規律が緩む。財政の観点からおかしい」と批判しました。
また野田総理大臣は、「政府と日銀が緊密な連携を図ることは、当然、必要だ」としたうえで、安倍総裁が、自民党が掲げる2%程度の物価上昇の目標に賛同する人が日銀総裁に就任することが望ましいという考えを示していることについて、「政府が具体的に金融政策や数字の目標まで決めていくなら、日銀の独立性はどうなるのか」と、強く疑問を投げかけました。次の衆議院選挙を巡っては、「景気が後退局面に入った可能性が高い」と指摘されるなかで、各党とも、デフレからの脱却と経済の活性化に向けた対策を公約の柱に据える構えです。
このうち、日銀に対してどのような金融緩和を求めるのか、また、財政規律や日銀の独立性をどのように考えるのかも、今後、論点の1つになりそうです。

« 「可能な限り」 オスプレイ安全合意、原発ゼロ公約の共通点 | Main | 「生活保護制度の見直しに関する論点」の問題点に関する意見 日弁連 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/56146033

Listed below are links to weblogs that reference いつか来た道~ 国債の日銀引き受けで公共工事バラマキ 自民総裁:

« 「可能な限り」 オスプレイ安全合意、原発ゼロ公約の共通点 | Main | 「生活保護制度の見直しに関する論点」の問題点に関する意見 日弁連 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ