My Photo

« 貧困国対策の財源に、富裕層課税、金融取引税を 国連報告 | Main | 自家発電設備の純増  原発3基分も(試算) »

「ドクターヘリの安全確保を」が低空飛行訓練止める   

 米軍低空飛行ルートの1つオレンジルート直下にある嶺北地域の低空飛行訓練が現在止まっている。
 今年、1月19日、年末から頻発して訓練に対し、知事名で、外務省と防衛省に対し中止を要請したが、その理由の柱が、防災ヘリ、ドクターヘリの航行の安全確保。
 昨年11月の同地域での消防防災ヘリを使った訓練と同時刻に3機の米軍機が超低空で飛来したことが発端。「中止」を求める新たな理由として、認識を新たにした事件。

 高知県の「ドクターヘリ」の出動件数はこの1年で375件。嶺北地域で40回以上。
 中山間地の多い高知では、防災ヘリ、ドクターヘリの活動を円滑に行うため279箇所の離発着適地をリストアップしている。
 
 平和委員会の交渉では、事前のヘリを使った訓練は「米軍に連絡する」とのことだったが、ドクターヘリの安全をどう確保するのか、という追及には、明確な答えはなかった。
  
 が、その後、低空飛行訓練は止まっている。 


 共同通信2/21の記事によれば、ドクターヘリの運用は、27道府県、32機(2月現在)。年間出動回数は1万件。そして、今年は、秋田県、三重県でも運航開始。府県間で協力する地域も多く、実質的にカバーされていないのは東京や北陸3県(富山、石川、福井)などわずか、とのことだ。

【全国カバーも視野に 普及進むドクターヘリ 初の年間1万件出動へ 共同2/21】
 

 オスプレイの配備は、低空飛行訓練を増加させる。(墜落の危険は当然高まる。高知県では土佐湾沖、早明浦ダムに二度墜落。愛媛の伊方原発とわずか1キロのところにも墜落)

 ドクターヘリの安全確保、救急医療を守れ…というのは、立場を超えて、賛同を広げる説得力があると思うのだが・・・ 

« 貧困国対策の財源に、富裕層課税、金融取引税を 国連報告 | Main | 自家発電設備の純増  原発3基分も(試算) »

米軍基地」カテゴリの記事

高知県政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/55221923

Listed below are links to weblogs that reference 「ドクターヘリの安全確保を」が低空飛行訓練止める   :

« 貧困国対策の財源に、富裕層課税、金融取引税を 国連報告 | Main | 自家発電設備の純増  原発3基分も(試算) »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ