My Photo

« 「ドクターヘリの安全確保を」が低空飛行訓練止める    | Main | オスプレイ開発「不時着機能義務付けず」 米議会調査報告 »

自家発電設備の純増  原発3基分も(試算)

 自家発電設備の生産が加速している、というので調べてみた。3月に、「りそな総合研究所」がレポートを出している。それによれば、
 昨年11年4~12月までの一般エンジン発電機の製造量は、全国555万KVA、関西151KVA。
 同レポートは、条件付(KVAの評価)で「全国では原発5基、関西では1基分を上回る発電能力となる」とし更新需要分を見込んでも「電力不足による影響が大きな企業ほど導入で積極であるため、社会全体のピーク電力を低下させる効果は高いと考えられる」としている。
 そこで、今年分もふくめ、更新需要などを除いて推計してみた。全国で原発3基、関西1基分が増えたと推定できる。電力対策の要は、ピークマネジメントなので、これは重要である。

【加速する自家発電設備の生産 ~ 今夏のピーク電力の削減効果は、昨夏を大きく上回る可能性も~」
りそな総合研究所3/19】

◇経産省「機械統計によると

・12年1-5月 318.9 万KVA 
 昨年4月以降の累計では、874万 KVA  
  (同レポートにあわせると、原発8基分)

・この数字には更新分が入っているので、増設分を推計。

以前の製造量は・・・ (単位万KVA)
 2009年は全体で373.0と月平均31.1
 2010年は全体で469.3と月平均39.1   
 2年間の月平均は35.1

・2011年4月以降の月平均は、62.4  

・増加分(62.4-35.1)*14ヶ月(2011.4~2012.5) 382万 KVA

・KVAの値は一般にkWの8掛けと説明されている。

 306万kW。 原発3基分が増加したのではないか・・・と言える。
(kW換算で昨年4月以降の製造の累計 約700万kWを製造。原発7基分)

◇関西(近畿経済産業局)  KVA 

09年 74.8万
10年 108.2万    2年平均 月7.6万

11年 4-12 151.4万   
12年 1-4  68.6万  月16.9万

・増加分 (16.9-7.6)*13ヶ月  121万KVA  / 97万kW       

« 「ドクターヘリの安全確保を」が低空飛行訓練止める    | Main | オスプレイ開発「不時着機能義務付けず」 米議会調査報告 »

原発・エネルギー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自家発電設備の純増  原発3基分も(試算):

« 「ドクターヘリの安全確保を」が低空飛行訓練止める    | Main | オスプレイ開発「不時着機能義務付けず」 米議会調査報告 »

June 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ