My Photo

« 「ドクターヘリの安全確保を」が低空飛行訓練止める    | Main | オスプレイ開発「不時着機能義務付けず」 米議会調査報告 »

自家発電設備の純増  原発3基分も(試算)

 自家発電設備の生産が加速している、というので調べてみた。3月に、「りそな総合研究所」がレポートを出している。それによれば、
 昨年11年4~12月までの一般エンジン発電機の製造量は、全国555万KVA、関西151KVA。
 同レポートは、条件付(KVAの評価)で「全国では原発5基、関西では1基分を上回る発電能力となる」とし更新需要分を見込んでも「電力不足による影響が大きな企業ほど導入で積極であるため、社会全体のピーク電力を低下させる効果は高いと考えられる」としている。
 そこで、今年分もふくめ、更新需要などを除いて推計してみた。全国で原発3基、関西1基分が増えたと推定できる。電力対策の要は、ピークマネジメントなので、これは重要である。

【加速する自家発電設備の生産 ~ 今夏のピーク電力の削減効果は、昨夏を大きく上回る可能性も~」
りそな総合研究所3/19】

◇経産省「機械統計によると

・12年1-5月 318.9 万KVA 
 昨年4月以降の累計では、874万 KVA  
  (同レポートにあわせると、原発8基分)

・この数字には更新分が入っているので、増設分を推計。

以前の製造量は・・・ (単位万KVA)
 2009年は全体で373.0と月平均31.1
 2010年は全体で469.3と月平均39.1   
 2年間の月平均は35.1

・2011年4月以降の月平均は、62.4  

・増加分(62.4-35.1)*14ヶ月(2011.4~2012.5) 382万 KVA

・KVAの値は一般にkWの8掛けと説明されている。

 306万kW。 原発3基分が増加したのではないか・・・と言える。
(kW換算で昨年4月以降の製造の累計 約700万kWを製造。原発7基分)

◇関西(近畿経済産業局)  KVA 

09年 74.8万
10年 108.2万    2年平均 月7.6万

11年 4-12 151.4万   
12年 1-4  68.6万  月16.9万

・増加分 (16.9-7.6)*13ヶ月  121万KVA  / 97万kW       

« 「ドクターヘリの安全確保を」が低空飛行訓練止める    | Main | オスプレイ開発「不時着機能義務付けず」 米議会調査報告 »

原発・エネルギー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/55223688

Listed below are links to weblogs that reference 自家発電設備の純増  原発3基分も(試算):

« 「ドクターヘリの安全確保を」が低空飛行訓練止める    | Main | オスプレイ開発「不時着機能義務付けず」 米議会調査報告 »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ