My Photo

« 医療崩壊の防止〜 看護師の「悲惨な職場」を救え(メモ) | Main | オスプレイ 15知事「懸念」、7知事「配備反対」  »

昨年並みの使用で「節電10%」達成! 四国の電力

・「7%節電」(基準2010年・過去最大)の目標値は… 555万kW
が、昨年実績は538万ワット。それより17kW高い。
・今夏の四国電力の供給力 587万kW /最大需要予測 558万kW

→ 需要予測に対し、供給力は29万kW高い。
   昨年実績に対し、供給力は49万kW高い。

  つまり昨年並みの使用実績であれば、節電10%達成となる! 

 これがどうも昨年から7%削減と「誤解」(そう受け取れるような情報発信)され不安を煽っているように思う。

 以下、四国などの電力需給を検討したい。

・四国 2010年度並の猛暑であった場合の需給見通しは、0.3%のプラス。が、節電効果も供給分も渋めに評価している(後述)。

・各電力会社のピーク時が同一になることはないので、西日本で5%強削減し、融通しあえば乗り切れる(共同通信試算)という試算があるが、この数字も2010年度の過去最高の値(昨年も過去4番目の暑さ)。

  「過去最高」でも、すでに西日本の節電定着分が389万kW、約4%ある。もう一歩。
  昨年並みならまったく大丈夫ということ(気象予報も、猛暑は予測してない。)。

・今年「節電」に本格的にとりくむので、もっと需要は減る可能性がある。おそらく、今夏は、原発ゼロでもまったく問題なかったことを証明するのではないか・・・・


・ただ「節電」は、生活を脅かす無理な節電ではなく、ムダの削減、エネルギー効率の改善(省エネ投資)など低エネルギー社会への一貫した取組みとして進める必要がある。
 → そうした状況であるのに、四電の中期計画で、2016年、2021年と需要見込みが増えているのは、省エネ社会、人口減という時代の流れを反映していない。 


【平成24年度供給計画の変更届出について 四電6/28】 送電端(発電端)
 2010年 572万(597万)kW
 2011年 518万(538万)kW
 2012年 536万(558万)kW (2010年度から7%節電 532万(555万)kW) 

 2016年548万kW
 2021年563万kW

【今夏の需給見通しと諸対策について 四電5/18】

・需要  最大電力585万kWと想定
 
 2011年度節電定着分16万kW(国家戦略室・需給検証委4/26 資料4-2)。
 最大需給は、597-16=581となるはずだが、節電12万kWと渋め設定。 
 また今年度のあらたな節電分を見込んでいない。
  現状は、新たなデマンド対策で2%の削減(11-12万kW)が見込まれている〔後述〕)

・供給  587万kW (以下は内訳)
①伊方ゼロの供給力 462万kW
②既存対策の継続  85万kW
 阿南2号運転再開 +23万kW
 自家発電からの調達+13万kW
 融通送電の停止  +50万kW
③新たな追加対策  40万kW
 坂出2号の定期検査再繰り延べ +35万kW
 火力増出力 +1万kW
 太陽光   +4万kW 

 ~ ただし、四電の発電設備以外に、四国には電源開発など約365万kWの設備がある。
   このうち、どれだけ供給力にくみこんでいるか・・・

 電源開発    210万(火力)+23万(水力)
 土佐発電     16.7万 (火力)
 住友共同電力   85万(火力) +6万(水力)
 県営・水力    11.5万 
 風力(公営・民間)12.3万kW            

【供給 587kWの中身~ 渋い見積もり】
 揚水発電   52万kW 昨年並み 
 自家発電買取 13万kW 昨年並み 
 水力     60万kW 昨年69万kW、一昨年64万kW
 融通     15万kW残る 昨年68万kW

 揚水、自家発電買取を増やすこと、水力も渋めなど余力・努力の余地があることがわかる。
 (本川発電所の揚水発電の能力 61.5万kW)

【新たなピーク対策  2%削減効果--- 約11万kW 】
①夏季ウィークリー調整プラン ②夏季デマンド調整プラン、を導入

 ~ が、もともと需給調整契約56万kWがある。

【総合すると】
 2010年 597万kWに対し

 ・節電定着分    16万kW
 ・新たな需給調整 11万kW
 ・融通分停止    15万kW
  
   だけで、目標555万kW(7%削減)が達成。

【今夏の天気】
・気象庁6~8月の3カ月予報(5/24)7月、西日本や沖縄・奄美でやや高温になる見込み。8月は、天気が変わりやすくなる北日本は平年よりやや低めになり、西日本と沖縄・奄美で高温傾向。

・気象庁 7/7~8/6の予報では、西日本は「低い」確率が40%の地域が広がっている。
Temp00

・予報の確度に定評のあるウェザーニューズは、今夏の気温は平年並みになる。

« 医療崩壊の防止〜 看護師の「悲惨な職場」を救え(メモ) | Main | オスプレイ 15知事「懸念」、7知事「配備反対」  »

高知県政」カテゴリの記事

原発・エネルギー」カテゴリの記事

Comments

省エネしようね~~♪のコマーシャル?メッセージ?
あれから久しく、あの災害と事故から省エネに取り組んでいます。

しかし、私らの電力消費は月平均5千円にも満たないのに
これ以上の節電は寿命を縮める。
電力会社なんとかできんのかしら?

山口県知事選挙が告示されました。
原発反対・山口から~~で立候補した飯田さん、
山口にお知り合いのある方、応援お願いします。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 昨年並みの使用で「節電10%」達成! 四国の電力:

« 医療崩壊の防止〜 看護師の「悲惨な職場」を救え(メモ) | Main | オスプレイ 15知事「懸念」、7知事「配備反対」  »

June 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ