My Photo

« 辺野古移設・消費税増税ノー 沖縄県議選 | Main | がれき防潮堤 宮城県議会全会一致で要望 「なぜ広域処理にこだわる」 »

原発輸出のための再稼働~ ここでも犠牲は国民

 再稼働しなければ、原発という不良債権をかかえて、電力会社が立ち行かなくなる・・・そういう側面とともに「新成長戦略」に位置づけられた「社会インフラ・システム輸出」の中核を占めるのが原発輸出を推進するための宣言であろう。
 この原発輸出。プラントだけでなく、運転・保守も含めた「まるごと事業」の輸出である。
 その仕組みは、儲けは企業、国内の雇用とも無関係で、リスクは国民となっている。

 外国に輸出した原発・・・その巨額の支払いに対する相手国への融資も、年金基金にど国民の資金が狙われている。
 事故の責任は、福島事故でもあきらかなように、電力会社は、無限責任を問われても、結局、補償の原資は、電気料金の収入であり、国民負担である。

 外国に輸出した原発も同じ。政府資金での手当てにしろ、電力会社の負担にしろ、結局は国民負担。

 経団連会長は、今夏に限定した再稼働に「経済活動、事業を全然ご存じない発言だ」と述べたが、真理である。

 経済活動を「国民経済」と読むとまちがえる。「株主の利益が第一」と読むと、そのとおり。
 
 「“大洪水よ、わが亡きあとに来たれ!”これがすべての資本家およびすべての資本家国民のスローガンである。それゆえ、資本は、社会によって強制されるのでなければ、労働者の健康と寿命にたいし、なんらの顧慮も払わない」
 … マルクスの言葉は、今の日本の状況そのものである。

  資本の横暴との対決こそ、真の対決点。

« 辺野古移設・消費税増税ノー 沖縄県議選 | Main | がれき防潮堤 宮城県議会全会一致で要望 「なぜ広域処理にこだわる」 »

原発・エネルギー」カテゴリの記事

科学的社会主義」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/54943934

Listed below are links to weblogs that reference 原発輸出のための再稼働~ ここでも犠牲は国民:

« 辺野古移設・消費税増税ノー 沖縄県議選 | Main | がれき防潮堤 宮城県議会全会一致で要望 「なぜ広域処理にこだわる」 »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ